大賀ハス

昨年から、博物館内の田んぼで栽培が始まった〝大賀ハス〟
今年も順調に、花のつぼみをつけてくれました。
e0135219_14432026.jpg

〝大賀ハス〟は、古代ハスとも言われている2000年以上前のハスの実から発芽したもので、
ハス博士と言われた大賀博士により1951年発見されたことから、その名が付いています。

「東京大学大学院農学生命科学研究科付属緑地植物実験所」より蓮根を譲りうけ、植えつけた
もので、大変貴重なハス。開花が楽しみですね☆


本館/さっちゃん
[PR]

by hoppo_bunka | 2010-07-04 14:43 | 本館の自然・植物 | Comments(0)

<< 七夕飾り☆ 清水園から お知らせ >>