面白さぎっしり!「沢海まちあるきガイド養成講座」を開きます!



e0135219_837524.jpg

博物館のある横越地区「沢海」は、要衝の地でした。新発田藩祖・溝口秀勝の次男・溝口善勝による「沢海藩」がおかれ、 “沢海城” があった地域です。他にも曹洞宗の修行寺 大榮寺 や、伊藤家の菩提寺である真宗大谷派 光圓寺 、七面堂 や 日枝神社 など今なお歴史や文化の風情を残す魅力あるまちなんです。

その面白さや沢海の成り立ちを学び、多くの人に伝えるため、沢海のまちあるきをいっしょに作って下さる方を募集します。講師には沢海の区長さんや、新潟各地でまちあるきツアーガイドの面白さを伝えている、達人たちを迎えます。
2014年度のツアーガイドデビューを目指し、みんなで沢海のまちあるきを作りませんか?

■講座日程
8/10㈯、8/24㈯、9/14㈯、10/19㈯、11/2㈯
11月中にマップ作りを4回、3月にまちあるき実践
■時 間 13時~17時
■参加費 100円(北方文化博物館招待券5枚贈呈)
■場 所 北方文化博物館
■主 催 沢海まちあるき実行委員会
■問合せ TEL 025-385-2001(北方文化博物館)
       FAX 025-385-3929 

e0135219_913868.jpg
この街並み、面白い形状でしょう。昔は市も立ち並んだという、光圓寺(旗本小浜氏の知行所跡)さまからのびたまっすぐのアプローチ。興味深いです。
右に流れる大河が阿賀野川です。これは大正時代に人口で作られた流れです。まっすぐになったことで流れが速くなり川底がさらわれてしまい、沢海床固(とこがため)が出来ました。今でも鮭の漁がおこなわれているんですよ。
[PR]

by hoppo_bunka | 2013-07-25 09:19 | 本館のイベント | Comments(0)

<< 高井茂と19人のなかま水彩画展 ~ 親子向けミニ展示☆開催中 ~ >>