明治の沢海・木津のことをお話しします!

e0135219_22454933.jpg


伊藤家には膨大な古文書が残されています。その多くは作徳米帳や水入れ帳、土地やお金についての記録です。しかし、石井家文書や高橋家文庫など明治から昭和初期にかけての貴重な地域の記録も見いだすことができます。その中から、表層的ではありますが「横越町史」が記載しなかった明治時代の沢海・木津地域の様相をご紹介する講演会をご用意しました。無料ですので、どうぞ参加申し込みください。

講演:「伊藤家の古文書から見る沢海・木津の諸相」
日時:3/7(土) 13時半から
場所:博物館裏の沢海カフェ2階(お車は大型バス駐車場側が便利です)
料金:無料
参加:要申込(TEL 025-385-2001 北方文化博物館)
内容:伊藤家の古文書から見つかった明治期「沢海」「木津」地域の諸相をご説明します。
[PR]

by hoppo_bunka | 2015-02-21 22:57 | 本館のイベント | Comments(0)

<< 3月 清水園のお雛様 清水園 「喫茶室 ひびや」  >>