大呂菴の玄関

大呂菴(だいろあん) は博物館が運営している宿泊施設です。一日3組まで。古色溢れる落ち着いた宿です。もとは七代伊藤文吉の弟・伊藤威雄(たけお)とその家族の住まいとして建てられた建物なのです。

玄関に掲げられた扁額「適来」は田山方南(たやまほうなん)の書。方南は文化財行政における専門調査官の草分け的存在で、お茶にも深い理解があり、同じくお茶に通じた庭師・田中泰阿弥(たいあみ)とともに七代伊藤文吉とも交友を深めました。
e0135219_21154812.jpg

[PR]

by hoppo_bunka | 2016-10-16 21:27 | 本館の日常 | Comments(0)

<< 三楽亭のもみじ 屋根裏ギャラリー 那須髙明展 >>