銅門前の紅葉―東の空を背景に

e0135219_1728169.jpg


紅葉の見ごろはゆっくりと後半へ移行。
銅門(あかもん)前のモミジ、大玄関前のドウダンツツジはこれから紅くなっていきます。

今年、東日本鉄道文化財団の地方文化支援事業のご協力をいただき、 庭園への入口「銅門(あかもん)」、村松宗悦によって造られのちに当館へ移築された茶室「積翠庵(せきすいあん)」、東本願寺ご門首が入湯した「上湯殿(かみゆどの)」 の3カ所を修復いたしました。通常非公開のこれら施設は11/18~23の期間に限り一般公開いたします。(建物の中へは入れません。ご了承下さい。)

以下、関連企画です。皆様のご参加をお待ちしております。
★11/18~23 毎日 14:30~ 修復箇所を含めた当館特別ガイド
★11/23のみ 13:30~(約1時間) 修復工事を監修した長岡造形大学平山育男教授による施工完了見学会
★11/20、11/23 両日とも18:00~(約30分) 当館学芸員による庭園解説
[PR]

by hoppo_bunka | 2016-11-14 17:54 | 本館の日常 | Comments(0)

<< 豪邸の床の間を飾る中林梧竹展が終了 冬支度と秋本番 >>