本館ブログ12月号「学芸員って」

今年も残すところあとわずかとなりました。
北方文化博物館は年中無休です。元旦も、いつもと変わらぬそぶりでも心は新たにお待ちしております。

突然ですが、学芸員の仕事ってご存知ですか。
場合によって少し言葉が異なるかもしれませんがおおむねこのように説明されています。
1、資料の収集
2、資料の保存管理
3、資料の調査研究
4、展示・教育普及活動(1~3の活動にもとづく)
加えて
5、資料の公開 も求められてきていますね。※所蔵目録の公開閲覧サービス等々。

そして、これらの土台にはそれぞれの博物館の理念があります。

また、学芸員に求められる能力をこう表現する方もいます。
「学」術的研究を「芸」表現する「員」チームで。

北方文化博物館で学芸員としての能力をどう高めていったらよいか。
またその能力を館の運営や来館されるお客様に対してどう使うべきか。
悩みあぐねた一年間でした。

おそらく他のスタッフも立場をかえて同じように悩んだでしょうし、
答えを出しても一瞬で場面は次の答えに向けて動き出します。

悩みは抱えたまま、進むべきは新しい年です。
皆さま、また新しい年でお会い致しましょう。

・・・さて本館ブログではつたない文章にお付き合いいただき誠にありがとうございました。
新しい年も 北方文化博物館・北方文化博物館新潟分館・清水園 を変わらず宜しくお願い申し上げます。
皆さまにとって新しい年がすばらしい一年となりますようお祈り申し上げます。

本館ブログ担当/こでまり








[PR]

by hoppo_bunka | 2017-12-29 18:25 | 本館の日常 | Comments(0)

<< ~ 清水園 新年の御挨拶 ~ ~ 清水園 年末年始の御案内 ~ >>