カテゴリ:本館の自然・植物( 282 )

11/19の紅葉です。

いよいよ紅葉がピークを迎えています。満を持して23日(木・祝)-26日(日)のライトアップでもいい景色をおみせできると思います。
この4日間、午前10時~午後7時にBricoleさんによる【ENZAの屋根裏縁日】が開かれ、藁・竹細工、やきもの、木工など15組の展示販売や関連ワークショップ、イベントが開かれます。こちらも後日お知らせしますので、注目していてください。
さて、庭園ですが、この4日間は普段お見せしない、銅門(あかもん)の向こう側、大庭まで続く「積翠庵」の路地の世界(写真最後から2番目)を、学芸員がご紹介します。暗いのでライトを当てます。カメラOKです。お待ちしていますよ。
e0135219_11504495.jpg
e0135219_11515798.jpg
e0135219_11523452.jpg
e0135219_11533419.jpg
e0135219_11540272.jpg

[PR]

by hoppo_bunka | 2017-11-19 12:07 | 本館の自然・植物 | Comments(0)

11月13日(月)の紅葉。バランス良しです。

こんにちは。もう色々な紅葉をご覧になられていると思います。13日(月)の北方文化博物館です。全体のバランスは今がおすすめかもしれません。(一方の大広間はこれから?)
このあと新潟は雨が連日続きますが、雨に濡れた庭園も発色が良いので、北方文化博物館や清水園、その他旧家の屋敷など、カメラをお持ちの方はかえって雨の中がお勧めだったりします。
e0135219_12420990.jpg
e0135219_12430172.jpg
e0135219_12433233.jpg
e0135219_12440583.jpg
e0135219_12593881.jpg
e0135219_13004660.jpg
e0135219_13011478.jpg

[PR]

by hoppo_bunka | 2017-11-13 13:01 | 本館の自然・植物 | Comments(0)

H29.11.10の紅葉です。今年も早く、早く来てほしいのです。

こんにちは。HP上では、2017年度の紅葉ライトアップのお知らせを「最新情報」にてアップロードしていますが、既にご覧いただけたでしょうか。今年も23日の祝日「勤労感謝の日」から26日(日)まで4日間開催しますのでご注目ください。さて、本日11月10日現在の紅葉はどんな様子かと申しますと・・、おお、もう見頃のところがありますね!一方銅門付近はまだこれからといった感じ。大広間の方も最後に載せました。この赤はもう間もなく無くなりますので、大広間の撮影をお考えの方はどうぞお早めに!‥お早めに!
e0135219_11445044.jpg
e0135219_11452339.jpg
e0135219_11470463.jpg
e0135219_11480058.jpg
e0135219_11482964.jpg
e0135219_12080319.jpg




[PR]

by hoppo_bunka | 2017-11-10 12:14 | 本館の自然・植物 | Comments(0)

本日のお客様

e0135219_15214193.jpg
カメラを向けたらポーズしてくださいました!

[PR]

by hoppo_bunka | 2017-06-16 15:26 | 本館の自然・植物 | Comments(0)

古き良き日本の風景

e0135219_15141052.jpg
北方文化博物館の本館(横越)ではアヤメ科の「イチハツ」が見頃をむかえてます

[PR]

by hoppo_bunka | 2017-06-16 15:19 | 本館の自然・植物 | Comments(0)

チューリップの話

皆さん、こんにちは。
北方文化博物館のブログ担当こでまりです。
担当とはいえちっとも更新せずにおりました。申し訳ございません。
見るに見かねたスタッフが八重桜の様子をお伝えさせていただきました。この土日が見頃でした。まるでフリルように可愛らしく、そしてうっとりするほど美しいピンク色の花々でした。この後、並木の下がピンク色の絨毯になります。

今後は博物館の近況なども随時お伝えしていくよう心がけます。

さて今月お伝えしたかったのは北方文化博物館の周囲をとりまくチューリップ畑のことでした。
赤白黄色にはじまり今は色も形も多彩なチューリップ。新潟市の花としても親しまれています。
ここ阿賀野川流域の横越地区でも河川敷の広大な土地を中心にチューリップの花が咲きます。これらは切花として出荷されるものではなく、球根栽培のためのもの。横越地区のチューリップ球根栽培は昭和十年頃から始まったとされております。
ところで球根を育てるために花はじきにもぎ取ってしまいます。もぎ取ってしまう花は、近年「花絵プロジェクト」という素敵な企画で多くの方が花摘みから花絵制作までを行い新潟市内あちらこちらにチューリップの花絵がお目見えしますね。当館では毎年「フローラ・ファイン」の皆さんが花絵制作の会場としてお越し下さっております。来館者の皆さんだけでなく職員の目も楽しませてくれています。ありがとうございます。

チューリップの見頃は四月中旬です。あっという間にとっくに過ぎております(!)眼前に広がるチューリップ畑を写真に納めることには失敗しましたが、以下の写真からぜひ想像力を駆使してイメージしていただければ幸いです(笑)
ふと足元に目を落とせば、横越(よこごし)のマンホールにもチューリップが描かれています。可愛らしいのでご来館の際は周囲の道を散策がてらぜひ探して見て下さいね。
皆さまのご来館をお待ちしております。 本館/こでまり

e0135219_21124683.jpg

e0135219_21125416.jpg
e0135219_2113680.jpg

e0135219_21132664.jpg

e0135219_21133613.jpg

e0135219_21134419.jpg

[PR]

by hoppo_bunka | 2017-04-30 21:15 | 本館の自然・植物 | Comments(0)

八重桜が見頃です。そして4/27現在の藤の状況

いよいよGWですね。北方文化博物館の藤は5月3日からライトアップを行います。その前に、「いい時にきたわ~」とクルーズ船のお客様方を喜ばしているのが、八重桜です。このあたりはベンチもあり、また古民家など里山の風景になっています。藤の前の今も、おすすめシーズンです。なお、最後の画像に、今日27日現在の藤も紹介しています。


e0135219_11380435.jpg
e0135219_11381824.jpg
e0135219_11393627.jpg
e0135219_11382744.jpg
e0135219_11411272.jpg
e0135219_11422454.jpg



[PR]

by hoppo_bunka | 2017-04-27 11:46 | 本館の自然・植物 | Comments(0)

~ 藤のお手入れ ~

樹齢150年、一本の藤の木から広がる藤棚。

作事(お庭の管理をしている部署)の小池さんが、

今年も良い花を咲かせてくれるよう、お手入れ中です☆

e0135219_14113089.jpg

枝の剪定チョキンチョキン、

腰にぶら下げた袋からシュルシュルと紐を出しては枝を縛り…

手際よく作業していました。
e0135219_14122540.jpg
e0135219_14130259.jpg

熟練さんの手でお手入れされた〝藤〟は、

今年もきっと素晴らしい花をさかせてくれますね♪

e0135219_14142446.jpg

本館/さっちゃん




[PR]

by hoppo_bunka | 2017-03-11 14:14 | 本館の自然・植物 | Comments(0)

~ 凛とした美しさ ~

蝋梅が木いっぱいに咲いています。

澄んだ香りにふと足をとめ、顔を近づけたくなるこの頃です。

e0135219_16331399.jpg


白梅も静かに花開いていました❀

e0135219_16332137.jpg
春はゆっくり、きているんですね☆


本館/さっちゃん

[PR]

by hoppo_bunka | 2017-02-19 16:39 | 本館の自然・植物 | Comments(0)

~ やわらかな白 ~

今朝から降り続いている雪。

雪かきしても、すぐに積もってしまうほど…

みるみる樹木に〝やわらかな白〟が、まとわれていきます。


休憩室のストーブで暖をとりながら、ぜひゆっくりと

雪をうけとめる庭園を眺めてみてくださいませ☆

e0135219_13520667.jpg


[PR]

by hoppo_bunka | 2017-01-13 13:53 | 本館の自然・植物 | Comments(0)