カテゴリ:清水園( 452 )

清水園の周辺案内パート5

暑さ寒さも彼岸まで、といいますが来週17日は彼岸の入りです。
ご先祖のお墓参りに出かける方々もいらしゃるのではないでしょうか。
さて、NHK大河ドラマ「天地人」をご覧の方もいらしゃると思いますが、
上杉景勝の軍勢と6年間にわたって戦った新発田重家の墓が、寺町の
福勝寺にあります。
e0135219_1574843.jpg

また、山門の左手には重家公の御霊を祭るお堂があります。
e0135219_1594819.jpg

お寺の中には資料の展示されている場所もあり、御館の乱後に景勝と長く抗争を続け
た相手として注目していただきたい人物です。
e0135219_15203775.jpg

彼岸明けには、暖かくなることを願って…。
         清水園/わっか
[PR]

by hoppo_bunka | 2009-03-13 15:25 | 清水園 | Comments(0)

足軽長屋前の工事

今年 1月末より始まった足軽長屋前の工事。
川の石垣の工事から始まりました。
e0135219_12392939.jpg

e0135219_12395647.jpg

2月に入ってからの工事の様子です。
e0135219_12413080.jpg

2月中旬です。石垣もきれいになりました。
e0135219_1310758.jpg

工事の途中では、雪に悩まされた事も。そして、2月下旬の様子。丸い穴は、柵を
立てる場所になります。
e0135219_13103529.jpg

石垣ができ、いよいよ舗装道路も深く掘られていきます。長屋から見たところです。
e0135219_1374429.jpg

そして3月3日の様子。今月末には完成の予定だそうです。
e0135219_1371892.jpg

もう暫くご不便をおかけいたしますが、どうぞ御了承願います。
            清水園/わかさ
[PR]

by hoppo_bunka | 2009-03-03 13:21 | 清水園 | Comments(0)

清水園の周辺案内パート4

16日から降りだした雪は、またたく間にあたり一面を銀世界に変えて
しまいました。
e0135219_10235839.jpg

「雪の朝 二の字 二の字の 下駄のあと」  これは、江戸時代の女六歌仙の一人と
言われた「捨女」が、六歳の時に詠んだ歌と言われています。
e0135219_1055026.jpg

さて寒くなってしまいましたが、新発田市では毎年恒例のお祭りが始まります。
☆21日(土) 「赤谷どんづき祭り」  午後7時~  赤谷鎮守山神社
                 お問合せ先 0254-26-6789 まちづくり振興公社
☆21日(土)~4月3日(金) 「雪の越後の花嫁衣裳展」  午前9時~午後4時 市島酒造(株)
                 お問合せ先  0254-22-2350 市島酒造(株)
☆22日(日) 「月岡温泉どんど祭り~下駄供養祭」  午後5時40分~ 月岡カリオンパーク
                 お問合せ先 0254-32-3151 月岡温泉観光協会
   どれも、盛り沢山の内容になっています。
e0135219_10531680.jpg

  暖かくして、雪の中ならではの行事に是非おでかけ下さい。
              清水園/わっか
[PR]

by hoppo_bunka | 2009-02-19 11:04 | 清水園 | Comments(0)

すごろく(清水園 資料館)

「すごろく」 と言う遊具はご存知でしょうか?起源は古く古代エジプトと言われ、
シルクロードを経由して中国に伝わったそうです。現存する最古の双六は朝鮮
から渡来したもので、正倉院北倉の御物として所蔵されています。
これは、清水園資料館にある「盤上双六」です。
e0135219_13134133.jpg

「すごろく」で遊んだ世代の方々は「?」と思われたのではないでしょうか。
e0135219_13175798.jpg

一般に「すごろく」と言われたのが「絵双六」で、この「盤上双六」とは、さいころを
使ってコマを進めるという点以外は全く別の遊びだそうです。
e0135219_1323077.jpg

江戸時代には嫁入り道具のひとつにもなっていて、女子の心得として双六の遊び
を学んだそうで、資料館にある双六もお姫様が使われたのでしょうか?
e0135219_1329913.jpg

園内も除々に春めいて来ました。
                     清水園/わっか 
[PR]

by hoppo_bunka | 2009-02-13 13:35 | 清水園 | Comments(0)

清水園の貝合せ

今日は節分。そして、明日は立春。暦の上では春です。立春を過ぎると
お雛様を飾っても良いとの事。きっと、藩主のお姫様のお雛様もりっぱなもの
だったのでしょうが、残念な事に記録がありません。
さて、資料館にはお姫様が遊んだのではないか、と思われる「貝合せ」があります。
e0135219_142930.jpg

色あざやかで、描かれている絵も細かい描写がすばらしく技術の高さも感じさせます。
誰と、どんな風にして遊んだのでしょうか?
e0135219_1441520.jpg
e0135219_1443512.jpg

また、「貝合せ」を入れておく「塗りの桶」もあります。
e0135219_1461174.jpg

大切に保存され、今もこうして私達の目を楽しませてくれています。
                    清水園/わっか
[PR]

by hoppo_bunka | 2009-02-03 14:20 | 清水園 | Comments(0)

清水園の消防ポンプ

1月26日は文化財防火デー。昭和24年1月26日に世界最古の木造
建造物である奈良の法隆寺の金堂が炎上したことから、昭和25年に
保護法が制定されて、今年60年を迎えました。あちこちで防火訓練も
行われています。
さて、清水園の資料館入り口に消防ポンプがあるのはご存知でしょうか。
e0135219_11442327.jpg

これは、新発田市が導入した「第1号機械ポンプ」なんです。昭和10年、新発田の
中心街から出火し町の殆どが焦土と化した大火がありました。それをきっかけに
消防団組織も地域ごとに分担され現在に至っています。
e0135219_115210100.jpg

現在の消防設備とは比べ物になりませんが、その当時としては画期的だったの
でしょう。この鐘を鳴らしたのですね。
私達はこれからも気を引き締めて、園内の防火に努めていかなければと
思いを強くしました。
              清水園/わっか
[PR]

by hoppo_bunka | 2009-01-28 12:10 | 清水園 | Comments(0)

清水園の周辺案内パート3

今日は昨年10月にオープンしたばかりの、とっても若い!お店のご紹介です。
  ☆ 「まちカフェ~Link~」です。
e0135219_1305861.jpg

新発田駅前の商店街の中にある空き店舗を活用して、すべて敬和学園大学の
学生さん達による手作りのカフェです。
e0135219_1363689.jpg

店内にはこんな可愛らしい飾りつけが・・・そう!中には子供が遊べるちょこっとした
スペースもありますよ。うれしいですね!
e0135219_13102844.jpg

あたらしいメニュー地元の食材をたっぷり使った「根野菜カレー」も好評です!!
e0135219_13123746.jpg

取材にうかがった日もお客様との会話がはずんでいました。
新発田のまちに、さわやか~な若い風が優しくふいています。
e0135219_13152492.jpg

営業日★ 月・水・土 10:00~16:00
お問い合わせ先  0254-24-6588
清水園から歩いても10分足らず。是非、足を運んでみてください。
                 清水園/わっか
[PR]

by hoppo_bunka | 2009-01-23 13:39 | 清水園 | Comments(0)

清水園で撮影

今日は清水園でTVの撮影がありました。
e0135219_15503399.jpg

心なしか、池のかも達もすまし顔でおとなしい様子?
e0135219_15542451.jpg

なんと!カメラの方も照明の方も女性。重たい機材もなんのその!!
足元の悪い園内も、飛ぶ様に歩いていらっしゃいました。
e0135219_15574746.jpg

寒い中、お疲れ様でした。
e0135219_162346.jpg

TeNY 夕方ワイド新潟一番 1月22日(木)16:25頃から
「新発田・城下町」と題し、新発田のあちこちの紹介の中で清水園も紹介されます。
是非、ご覧ください。
                清水園/わっか
[PR]

by hoppo_bunka | 2009-01-17 16:20 | 清水園 | Comments(0)

清水園から道路工事に関するお知らせ

来週の1月20日頃より3月末までの間、途中まで行われていた足軽長屋前の
道路工事が再開される事になりました。画面手前が工事再開される箇所です。
e0135219_14452366.jpg

工事期間中は清水園の駐車場まで等、「迂回路」について看板を設置いたします。
大変ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。
尚、御不明な点がございましたら清水園まで御連絡下さい。
e0135219_1451812.jpg

このところの冷え込みで、大門にも「つらら」が下がっていました。
お問い合わせ先 清水園 0254-22-2659
         清水園/わっか
[PR]

by hoppo_bunka | 2009-01-16 15:07 | 清水園 | Comments(0)

清水園の雪景色に見る

12日夜から降り出した雪は、県内でもこの冬一番の降雪量となりました。
庭園にも雪が積もり、墨絵の様な風景をつくりだしています。
e0135219_11552756.jpg

洲浜の岬灯篭も、雪の帽子を被っているようですね。
e0135219_10563312.jpg

近江八景の中で、唯一冬の雪景色を愛でた「比良の暮雪」を取り入れたといわれる庭園。
e0135219_11425039.jpg

園内の南方に「樹々の間から雪の二王子岳を望み、冬の静寂さを際立たせる。」という
縣宋知(あがたそうち)の借景は、残念ながら現在同じ風景を見ることはできませんが、
寒い冬の間にも、美しい雪景色に心惹かれた宋知の気持ちが伝わる様ですね。
            
e0135219_1244961.jpg

              清水園/わっか
[PR]

by hoppo_bunka | 2009-01-14 12:16 | 清水園 | Comments(0)