カテゴリ:新潟分館( 22 )

いま、新潟分館が奇麗です。

白とピンクのツツジが庭の左右で静かな華やぎをもたらしてくれています。

それは写真にうつしませんでした。直接お越しなった方だけの風景にします。

正面からぜひご覧ください。

園内は奇麗に掃き清められ、枯山水も、見事なまでに整然としています。

新潟分館へ行くのは、いまです。

e0135219_224765.jpg
e0135219_22454477.jpg

e0135219_22412494.jpg

e0135219_22422316.jpg

e0135219_22425781.jpg

e0135219_22433094.jpg

[PR]

by hoppo_bunka | 2013-05-22 22:48 | 新潟分館 | Comments(0)

新潟分館の開館時間が拡大します!

4月27日(土)より北方文化博物館新潟分館(中央区・南浜通りe0135219_17233716.jpg)の営業時間が以下のように変わります。従来より開館時間が大きく延びました。

開館 : 午前9時30分
閉館 : 午後5時

また、4月より観光循環バス「犬夜叉号」「ドカベン号」のバス停として「北方文化博物館新潟分館前」が設置されました。新潟分館の目の前にバス亭があり、いままで以上に新潟分館および南浜界隈を散策するのが便利になりました。どうぞご利用ください。

北方文化博物館新潟分館
http://hoppou-bunka.com/branch.html

新潟交通 観光循環バス
http://www.city.niigata.lg.jp/kanko/kanko/kankobus/kankobusnitsuite.html
[PR]

by hoppo_bunka | 2013-04-23 17:23 | 新潟分館 | Comments(0)

3月1日新潟分館 開館

冬期休館中だった新潟分館(中央区南浜通)は、明日3月1日(金)より開館いたします。
會津八一や良寛の墨蹟のほか、3月中はお雛様も飾ります。沢海の伊藤家から分家した伊藤九郎太が娘誕生の折りに買い求めたものです。
e0135219_14473027.jpg


雪ですっぽりおおわれていた庭もようやく春のきざしが感じられるようになりました。
e0135219_1453166.jpg

e0135219_156468.jpg


新潟分館やその周辺地域のおひなさま展示施設をまとめた『湊新潟 雛人形・町めぐり』 http://www.niigata.mints.ne.jp/ も参考に、春のまち歩きはいかがですか。
e0135219_153996.jpg


皆様のご来館おまちしております✿

開 館 3月1日(金)より 10:00~16:00
休館日 毎週月曜(祝日の場合は開館、翌日休館)
入館料 大人450円 小人200円 ※小中学生は日曜・祝日は入館無料
電 話 025-222-2262

本館/こでまり
[PR]

by hoppo_bunka | 2013-02-28 15:16 | 新潟分館 | Comments(0)

水と土の芸術祭!新潟分館で華雪さんのワークショップが開催されました!

「日」の字。普段私達新潟人が親しんでいる新潟日報の「日」の字。會津八一による題字ですね。
このシンプルな漢字を、書家の「華雪(かせつ)」さんは水と土の芸術祭での作品としています。

さる7/22、そんな華雪さんと一緒に「日」の字を書く水と土の芸術祭ワークショップが行われました!

ただ書くだけ?いえいえ。こちら色んな「日」の字を書いてみて、繰り返してみるところにご注目ください。
e0135219_2154723.jpg


「日」の字は、とてもシンプルな字です。でも何度も書いていると、同じように書いているつもりでも微妙に表情を変えますよね。華雪さんも優しく、それぞれの書体の趣や、取り組みの面白さを伝えてゆきます。
e0135219_2165137.jpg


みなさん、のめり込んでいらっしゃいますよ~。そして、それを朗らかに見つめる華雪さん♪
とても穏やかで素敵な時間が流れます。
e0135219_21175831.jpg


十人いれば十色の「日」になります。さあ今度は、お隣さんが書いた「日」の字をまねるように書きましょう。
はい、次は私のを書いて!次はお隣さんの!皆が紙を回してゆき、全員分の「日」をまねてゆきます。
e0135219_2124303.jpg

自分とは違う字をまねて書くことで、なにか色々感じてきたようですぞ。。

それでは、皆さんがどんな思いで自分の「日」の字をつくったのか、聞いてゆきましょう。私が感じたことと、本人が思っていたこと。
e0135219_2140128.jpg


終わったあと皆さんに感想を聞いてみると、とっても面白かったですと仰られていました。他者の意外な書き方や癖を知り、それをまねることに新鮮さがあったようです。

人と人のギャップはそれ自体が面白いし、他者を知るというのは、それぞれ違う個性を知ること、或いは親しむこと、そんな体験になったのではないでしょうか。
ワークショップは11月にも予定しております!

新潟絵屋さんでは30日まで華雪さんと、展示作家の中島佳秀さんとの「二人展」を行っています。
http://niigata-eya.jp/

華雪さんHP
http://www.kasetsu.info/index.html

本館/ドム
[PR]

by hoppo_bunka | 2012-07-26 21:34 | 新潟分館 | Comments(0)

酒サロンサーキット

去る6月23日土曜日、閉館後の新潟分館にて
新潟のお屋敷で 新潟の酒を味わい 新潟を語り合う
「酒サロンサーキット」が開催されました。
e0135219_1727952.jpg


前半トーク1のテーマは「新潟町と酒蔵の歴史」
今代司酒造の山本吉太郎氏によるお酒のお話。
試飲のお酒もふるまわれました。
e0135219_1728238.jpg


新潟分館の庭も少しだけライトアップ。
e0135219_17284560.jpg


後半トーク2のテーマは「會津八一と新潟」
八一が暮らした新潟分館で生まれ育った伊藤勝也氏をはじめ、新潟市會津八一記念館学芸員の湯浅健次郎氏、旧斎藤家別邸アートディレクターの横木剛氏、3名によるお話。
e0135219_17355878.jpg

e0135219_17361667.jpg

e0135219_17371639.jpg


夕暮れとともにお客様もほろよい気分になったでしょうか。
質問や思い出話などが行きかう和やかな会となり、心地よい夕闇のなかで散会となりました。
e0135219_17385069.jpg

e0135219_17391548.jpg



・・・さて、現在新潟分館では水と土の芸術祭の作品、書家の華雪さんによる「日/記」が展示されています。
e0135219_17404862.jpg


私たちの多くがふだん何気なく目にしている新潟日報の「日」の字。この會津八一の「日」の字を華雪さんが重ねていった屏風です。
じっと見ていると、八一と華雪さんとそして見ている自分に何かつながりを感じるような・・・
こちらもぜひ足をお運びください!!
e0135219_1741049.jpg


本館/こでまり
[PR]

by hoppo_bunka | 2012-07-23 17:55 | 新潟分館 | Comments(0)

~ 新潟分館のお雛様 ~

冬期間、休館しておりました『新潟分館』(新潟市中央区南浜通)が
3/1(火)より開館し、今年も可愛らしいお雛様が飾られています。

お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください☆


◇◇◇ 北方文化博物館新潟分館 ◇◇◇

 開館時間 10:00 ~ 16:00

 休館日  月曜日
      (祝祭日の場合は開館、翌日休館)

 入館料  大人450円  小中学生200円
      
      ※小中学生は日曜・祝日は入館無料

e0135219_16395643.jpg


本館/さっちゃん
[PR]

by hoppo_bunka | 2011-03-02 16:40 | 新潟分館 | Comments(0)

お屋敷カフェ

月刊キャレルでおなじみのお屋敷カフェ。このたび第4弾の「霜見月カフェ」が、新潟分館で開催中です。
その様子をちょっとご紹介します。

お膳が並んでいる様子になんだかうっとり。
e0135219_17325471.jpg


センスのよいしつらえでいつもと違う雰囲気にしてくださいました。
古い道具や籠を使った飾り付けは落ち着いた感じがします。
e0135219_17505212.jpg
e0135219_17513030.jpg


カフェですが、ごはんも食べられます。
こちらは、旬香茶寮 和花 特製お弁当「霜見月弁当」。ボリューム満点のようですね。
e0135219_17333477.jpg


せっかくなのでメニューのひとつ、「ふるまち藪蕎麦の蕎麦白玉ぜんざい」をいただきました。
e0135219_17334122.jpg


白玉はとってもやわらか。甘すぎない餡も美味しかったです!
e0135219_17334742.jpg



霜見月カフェは28日(日)まで!
木枯らしの季節、お屋敷カフェのあったかメニューでゆったりとしたひとときが過ごせそうです・・・
皆様のご来場をお待ちしております。

※詳しくはこちら→ http://www.pressepresse.jp/event/hoppou



本館/こでまり
[PR]

by hoppo_bunka | 2010-11-24 17:57 | 新潟分館 | Comments(0)

「にいがた空艸舎〜その3〜空艸観光」が開催されました。

去る10月10日(日)11日(祝・月)の2日間、今年で3回目となる「にいがた空艸舎」が開催されました。雨にも関わらず多くのお客様にいらしていただきました。イベントの詳しい内容はこちらの記事をご覧ください。

にいがた空艸舎は毎年この時期に、年1回開催する予定です。また来年もお楽しみに。

KamegaiArtDesign
[PR]

by hoppo_bunka | 2010-10-22 23:14 | 新潟分館 | Comments(0)

會津八一と南浜分館10年間の記憶展

ただいま分館では、企画展『會津八一と南浜分館10年間の記憶展』が開催されています。
写真などを中心に、終の棲家である南浜での八一の暮らしぶりを伝える展覧会です。

今日は関連企画として卓話イベントが行われました。お話をされた伊藤勝也氏は、南浜で父・辰治と八一の交流をまじかで見て過ごした方です。
イベントでは、八一が分館(洋館部分)で暮らす事になるいきさつや、勝也氏が見聞きした八一の日常の様子をお聞きする事ができました。
e0135219_2142429.jpg


またお話のあとは、勝也氏による案内で館内を見学してまわりました。
e0135219_2144428.jpg

参加された皆さんは、時折メモをとりながら熱心に耳を傾けていました。
卓話イベントは、6月6日(日)にも開催予定です。興味のある方はどうぞご参加ください!

また企画展は、6月20日(日)まで。どうぞ、足をお運びください。
※企画展・卓話についての問合せは北方文化博物館本館まで(℡ 025-385-2001)

本館/こでまり
[PR]

by hoppo_bunka | 2010-04-25 21:11 | 新潟分館 | Comments(0)

にいがた空艸舎〜その2〜

新潟市中央南浜通の新潟分館において、去る10月11日(日)・12日(祝・月)の2日間、『にいがた空艸舎(くうそうしゃ)』というイベントが行われました。
(レポートが大変に遅くなり申し訳ございません)

にいがた空艸舎公式サイト

クリックして続きを読む
[PR]

by hoppo_bunka | 2009-11-09 22:55 | 新潟分館 | Comments(0)