「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:本館の展示案内( 68 )

茶の間の扁額

ブログで発信する内容はどんなものがよいかしらと、年明けから一か月うんうんと悩んでしまいました。
博物館での日々のできごとや風景において、お!とアンテナにひっかかったものをテーマに短い文章と写真でお伝えしてみようと思います。何か、少しでも北方文化博物館に魅力を感じていただければ幸いです。
どうぞお付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます。
(探り探りですのでこの形式にとらわれない場合もあります。)

さてフェイスブックやツイッターでご紹介のとおり茶の間に戸が入ったことで、多くのお客様の室内の見え方が変わって来ると思います。
この部屋は当主への来客や番頭らへの相談の場といった「応接室」のような空間として使用されていたようです。三間続きとなっていて一番上の部屋に、日下部鳴鶴(くさかべめいかく)書の扁額が掲げられています。

「楽事以不盡為有趣(楽事は尽くさざるを以て趣き有りと為す)」
(らくじは つくさざるをもって おもむきありとなす)
・・・恐れ多くもかなり噛み砕くと「腹八分目がちょうどよい。」と言ったところでしょうか。

明治の三筆の一人として名高い日下部鳴鶴。近隣の新津ゆかりの漢詩人・坂口五峰(さかぐちごほう)等と交友があり彼らとともに伊藤家を訪問した際の揮毫ではないかと考えられています。

この言葉は伊藤家の三訓(家訓)のひとつとされています。
e0135219_1738275.jpg

[PR]

by hoppo_bunka | 2017-02-01 18:46 | 本館の展示案内 | Comments(0)

巻菱湖書展

集古館1階企画展示室では、新春所蔵品展「巻菱湖書展」をはじめました。

梅花詩。巻菱湖(まきりょうこ)自作の漢詩です。大意は、ねらっていくとはずれてしまうよね…せっかく梅を見に行ったのにまだ見頃は先でした。ああー目の前を玉のように美しい花が散り広がる様を見たいなぁ…といったところでしょうか。
写真ではわかりにくいかもしれませんが書かれた絹本の色も美しいんですよ。まるで梅の花のつぼみのような清々しい緑色なんです。

1/4書道体験後の鑑賞会では参加者のみなさんと巻菱湖の書の世界を楽しみたいと思います。ご参加お待ちしております。
e0135219_19491231.jpg

[PR]

by hoppo_bunka | 2016-12-22 20:02 | 本館の展示案内 | Comments(0)

豪邸の床の間を飾る中林梧竹展が終了

実際に床の間に飾って鑑賞したいという梧竹の会さんの熱意により実現したこのたびの展示。
作品を目当てにきたお客様もそうでないお客様も、作品から漂う存在感に魅力を感じたようでした。
佐賀出身でありながら、新潟滞在中に揮毫した作品が数多く残っている中林梧竹(1827-1913)。
皆さんもまたどこかでお目にかかることがあるかと思います。
ご来場の皆様、梧竹の会の皆様、誠にありがとうございました。
e0135219_18225386.jpg

[PR]

by hoppo_bunka | 2016-11-16 18:30 | 本館の展示案内 | Comments(0)

高彩会水彩画展10/22~30

屋根裏ギャラリーでは高彩会(こうさいかい)のみなさんによる水彩画展がはじまりました。
北方文化博物館カルチャー教室を前身とする「高彩会」の「高」の字は、11年間お世話になった高井茂先生の「高」の字です。新潟の名所や日常の風景を描いた作品など約50点が並びます。

e0135219_15511222.jpg

確かにわりと好きな眺めです。博物館の自動販売機コーナーですね。カラフルな缶の並びが楽しいですね。
e0135219_15512296.jpg

清水園の鐘つき堂ですね。
e0135219_15513247.jpg


e0135219_15514132.jpg

e0135219_15515143.jpg

e0135219_1552262.jpg


奥の部屋には大作が。絵の世界に引き込まれそうです。
e0135219_15521338.jpg


描いた人のひとことを読むと、見ていてさらに楽しいです。
e0135219_15522482.jpg

e0135219_15523958.jpg

e0135219_15525384.jpg

e0135219_155355.jpg

e0135219_15533147.jpg

e0135219_15535316.jpg


高彩会水彩画展は30日の午後3時まで!入場無料です。お気軽にお立ち寄りください。

さて、ギャラリー(門土蔵)一階の戸は、明かり取りのためガラス戸になっています。
e0135219_16205413.jpg

e0135219_15541879.jpg

[PR]

by hoppo_bunka | 2016-10-22 15:57 | 本館の展示案内 | Comments(0)

屋根裏ギャラリー 那須髙明展

本日よりはじまりました!那須先生も毎日会場にいらっしゃる予定です。
予定の50点を超えて会場の屋根裏ギャラリーを埋め尽くす作品の数々。
教え子のみなさんの、「先生の絵を見てもらいたい!」想いがカタチとなった個展です。来週20(木)までとなります!ぜひご来場下さい!
e0135219_1529424.jpg

e0135219_15295363.jpg

e0135219_15302836.jpg

e0135219_1530586.jpg

e0135219_1530161.jpg

[PR]

by hoppo_bunka | 2016-10-15 15:37 | 本館の展示案内 | Comments(0)

涼しいものあります

喫茶井戸小屋ではメニューにところてんが登場しています
器も涼しげ、さっぱりつるると召し上がってください、夏季限定メニューです
e0135219_14372354.jpg


集古館での所蔵品展「日本画と工芸」8/31(水)正午まで
e0135219_14375676.jpg


ガラス工芸作家の岩田藤七作 泡入平鉢 銘”雪”
e0135219_1438108.jpg


低く飾ってしまいました。
高台部分もきれいです。関心のあるか方はちょっとしゃがんでご覧ください。
e0135219_14411455.jpg

[PR]

by hoppo_bunka | 2016-08-19 14:35 | 本館の展示案内 | Comments(0)

九風会書展

屋根裏ギャラリーにて開催中です
新津で活動する九風会さんのメンバー8名による展覧会です
e0135219_15403841.jpg


印象的な看板
e0135219_15405882.jpg


「暮らしの中の書」をテーマのひとつにされている皆さんの作品は
親しみやすく、気取らずに見ることができます
e0135219_15411128.jpg

e0135219_1541249.jpg


ギャラリー内に飾られた草花も、会場の雰囲気を和ませています
e0135219_15414168.jpg


e0135219_15415275.jpg

e0135219_1542381.jpg


静かな印象ですが、連日大勢のお客様で賑わっています。
お近くにお越しの際はぜひお立ちより下さい。
[PR]

by hoppo_bunka | 2016-06-06 15:52 | 本館の展示案内 | Comments(0)

ニイガタMEETSハワイアンキルト

本日より 『ニイガタMEETSハワイアンキルトIN北方文化博物館』 と題して
ハワイアンキルトデザイナー伊藤真里子さんと、教室の生徒さんの作品が大広間に展示されています

キルトとはこんなにエネルギーのあるものか、と圧倒されます
藤をテーマに制作されたタペストリーです
e0135219_14564285.jpg


キルトの中にハワイの海や動植物が表れます
e0135219_1457039.jpg

e0135219_14572683.jpg

e0135219_14574072.jpg


じっくり見ていると夢心地になります
e0135219_14575366.jpg


明日、5月8日(日)午前10時より、15分程度の作品解説がございます。
興味のある方は、ぜひご来場下さい。

キルト展の開催は5月22日(日)まで。最終日は午後3時までとなりますのでご注意を!
ご来場お待ちしております。大玄関の外から見たところ。
e0135219_1458956.jpg

[PR]

by hoppo_bunka | 2016-05-07 15:12 | 本館の展示案内 | Comments(0)

享保雛です❀

立春も過ぎ、春一番が吹くことろなってきました。

大広間には桃と菜の花を従えて、堂々たる享保雛が登場しました。
毎年この季節だけしか会えません。ぜひ目と目を合わせてじっくりご覧下さい。
e0135219_16171713.jpg


隣りの展示ケースには小さな小さな豆人形。128体います。
e0135219_1620854.jpg


集古館では花嫁・真砂(まさご)の煎茶道具展と題し、六代目伊藤文吉の夫人の煎茶茶碗、茶瓶(急須)などを展示しています。
e0135219_16211320.jpg

e0135219_16213749.jpg

e0135219_16221156.jpg


この茶托は、蓮の葉の上で遊ぶ蛙がなんとも愛らしいです。青磁の茶碗とあわせてみました。
e0135219_16215879.jpg


享保雛の展示、煎茶道具展はともに4月4日(月)まで。ぜひご覧下さい❀❀

本館/こでまり
[PR]

by hoppo_bunka | 2016-02-14 16:36 | 本館の展示案内 | Comments(0)

写真パネル展 阿賀野川・光と影の近代ものがたり

阿賀野川流域にまつわる写真の数々を「イザベラ・バード」「舟運」「鉄道」「河川工事」「近代産業」など阿賀野川を紐解く様々な視点から整理した写真パネル展。
e0135219_10101424.jpg


懐かしく貴重な写真に、わかりやすい解説がつけられ、楽しく眺められます。
e0135219_10102831.jpg

e0135219_1010373.jpg

e0135219_10104716.jpg


阿賀野川え~とこだよりバックナンバーも勢揃い。見逃した方はここでぜひ手に取ってください。
e0135219_10105912.jpg


e0135219_10111787.jpg

この写真パネル展は阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業6年間の集大成でもあるとのこと。
巡回展ですが年末年始、ご来館の際はぜひ会場の屋根裏ギャラリーへ足をお運び下さい。
入場無料です! 本日12月17日(木)~1月3日(日)まで、時間は9:00~16:30です☆

本館/こでまり
[PR]

by hoppo_bunka | 2015-12-17 10:12 | 本館の展示案内 | Comments(0)