<   2017年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

古代ハスを見に来ませんか

北方文化博物館の、古民家が囲むハス池。まもなく開花を迎えようとしています。

・・・この池の蓮は「大賀ハス」という蓮。遥か彼方の縄文時代の遺跡から発見された3粒の蓮の実。そのうちの一つが発芽・開花に成功し、発見者であり発芽・開花を成功させた大賀一郎(おおがいちろう)博士の名にちなんで「大賀ハス」と命名されたものです。昭和26年(1951)のことです・・・

北方文化博物館では平成21年(2009)に縁あってこの大賀ハスの根を5つ譲り受けました。
当初はプランターと古民家前の田んぼの一角で栽培を始めました。
開花記録を見てみると
H22 記録なし
H23 26個
H24 16個
H25 15個
さびしい数です。ところが田んぼを全面に蓮池に変えてから、蓮は持ち前の生命力を発揮しその根を増やし開花数も爆発。
H26 184個
H27 (不明)あれっ?
H28 389個
H29 ・・・
・・・もはや数えられるか不安ですが、すっかり夏の来館者を楽しませてくれる頼もしい蓮池となりました。さらにカエルやメダカ、ハチやトンボなど様々な生き物も集まりいっそう賑やかになります。
もっとも開花が多いのは7月。花は早朝開き、お昼ごろにはやや閉じてしまいます。一つの花が開いて閉じてを繰り返し、4日目に散ってしまいます。花は濃いピンク色で花弁の形はやや切れ長です。開花一日目が最も色鮮やかです。

さてこれまでの蓮の様子を振り返りながら、もうしばらく最初の一輪を待ちたいと思います。
今年は西門広場にも蓮のプランターを並べてみました。こちらも楽しみです。
(広場は入場無料エリアですのでぜひお気軽に咲き具合を見に来て下さいね。)

e0135219_2152074.jpg

e0135219_2024891.jpg

e0135219_2032728.jpg

e0135219_2031361.jpg

e0135219_204258.jpg

e0135219_2041720.jpg

e0135219_2044144.jpg
e0135219_205129.jpg

e0135219_205244.jpg

e0135219_2055079.jpg

e0135219_206523.jpg

e0135219_2062525.jpg

e0135219_204485.jpg

[PR]

by hoppo_bunka | 2017-06-30 21:00 | Comments(0)

~ 清水園 悠々と… ~

清水園の池のわきで、涼しげに咲いていた“金糸梅”

庭園に小さな彩りをそえてくれています❀
e0135219_16315538.jpg

e0135219_16340414.jpg

そして見つけた、黄色い花の遠くで何やら動く姿…

カメさんが悠々と泳いでいました☆

e0135219_16343984.jpg
自然豊かなんだなぁと感じる『清水園』でした♪
e0135219_16350939.jpg


清水園/さっちゃん

[PR]

by hoppo_bunka | 2017-06-27 16:38 | 清水園 | Comments(0)

6月25日(日)10時「沢海まちあるき」開催!館内ではトラフズクが見れるかも…。

開催日がもうじきに迫った内容ですが、来る6月25日(日)10時スタートで「沢海まちあるき」が開催されます(主催:みるみる沢海まちあるきガイド)。
これに参加すると、まちあるき前後に博物館をご見学したい方は入館料が800円→500円になるというお得なサービスがついています。

e0135219_11541133.jpg

現在の北方文化博物館ですが、まだハスの花は咲いておらず、蕾が出てきた状態です。昨年は既に多くの花が咲いていたんですが・・。

e0135219_11562983.jpg

e0135219_11562530.jpg

代わりに、花菖蒲がたいへん見頃です。写真のように博物館の作事さんたち(写真は小池さん)が萎んだ花を取り除いていますので、綺麗な写真をお撮りいただけると思います。

e0135219_11543298.jpg

そして・・・運がよければ・・このハス池の周りでトラフズクの一家6羽が枝にとまってのんびりしている様子をご覧いただけるかもしれません。。

e0135219_11535038.jpg
e0135219_11544808.jpg
e0135219_11565939.jpg

沢海まちあるき
6月25日(日)10時開催(12時帰還)
参加費:500円
お申し込みは、北方文化博物館までご連絡下さい!
TEL 025-385-2001


[PR]

by hoppo_bunka | 2017-06-22 12:07 | 本館・その他 | Comments(0)

~ 清水園 特別公開お茶室 ~

普段は非公開の3つのお茶室を、下記の日程で公開しています。

6/17㈯-18㈰  6/24㈯-25㈰  7/1㈯-2㈰

公開時間も 9:30~15:30 と限定されています。

e0135219_13403232.jpg

ボランティアガイドさんの説明を聞きながら…
どうぞ、ゆっくりとご覧くださいませ☆


   〈 翠濤庵 すいとうあん〉 
    ※内部に入ることはできませんが、外からご覧になれます

e0135219_14000027.jpg
       〈 同仁斎 どうじんさい 〉
e0135219_14001742.jpg

    〈 松月亭 しょうげつてい 〉
     ※内部に入ることはできませんが、外からご覧になれます 

e0135219_14003965.jpg
掛け軸も、御茶室の趣きをさらに深めてくれています。


緑の美しい季節、皆様のご来園お待ちしております☆

e0135219_14010943.jpg


清水園/さっちゃん



[PR]

by hoppo_bunka | 2017-06-18 14:14 | 清水園 | Comments(0)

本日のお客様

e0135219_15214193.jpg
カメラを向けたらポーズしてくださいました!

[PR]

by hoppo_bunka | 2017-06-16 15:26 | 本館の自然・植物 | Comments(0)

古き良き日本の風景

e0135219_15141052.jpg
北方文化博物館の本館(横越)ではアヤメ科の「イチハツ」が見頃をむかえてます

[PR]

by hoppo_bunka | 2017-06-16 15:19 | 本館の自然・植物 | Comments(0)

~ 清水園 蔵の資料館にて ~

6月1日より新たに歩み始めた『蔵の資料館』
e0135219_16443751.jpg

今までも3つの展示スペースがあり、皆様にご覧頂いておりました。
かつて米蔵だった風情を残しつつ…入口にはそれぞれ看板が掲げられています。

e0135219_16435320.jpg

e0135219_16440722.jpg

見事な字ですよね☆
ぜひお気に入りの看板の入口から入ってみるのも、おすすめです!
e0135219_16442406.jpg


なかの展示で最近お気に入りなのが…

なめらかな筆の動き
背筋が伸びるようなピシッとした線質
e0135219_16452594.jpg
自分に厳しい人だったのかなぁと思わせる筆者は
“細井廣澤(ほそいこうたく)”です。

御来園の際はぜひ『蔵の資料館』も、じっくり御鑑賞くださいませ❀
e0135219_16460249.jpg


清水園/さっちゃん

[PR]

by hoppo_bunka | 2017-06-09 17:07 | 清水園 | Comments(0)