~ 清水園 悠々と… ~

清水園の池のわきで、涼しげに咲いていた“金糸梅”

庭園に小さな彩りをそえてくれています❀
e0135219_16315538.jpg

e0135219_16340414.jpg

そして見つけた、黄色い花の遠くで何やら動く姿…

カメさんが悠々と泳いでいました☆

e0135219_16343984.jpg
自然豊かなんだなぁと感じる『清水園』でした♪
e0135219_16350939.jpg


清水園/さっちゃん

[PR]

# by hoppo_bunka | 2017-06-27 16:38 | 清水園 | Comments(0)

6月25日(日)10時「沢海まちあるき」開催!館内ではトラフズクが見れるかも…。

開催日がもうじきに迫った内容ですが、来る6月25日(日)10時スタートで「沢海まちあるき」が開催されます(主催:みるみる沢海まちあるきガイド)。
これに参加すると、まちあるき前後に博物館をご見学したい方は入館料が800円→500円になるというお得なサービスがついています。

e0135219_11541133.jpg

現在の北方文化博物館ですが、まだハスの花は咲いておらず、蕾が出てきた状態です。昨年は既に多くの花が咲いていたんですが・・。

e0135219_11562983.jpg

e0135219_11562530.jpg

代わりに、花菖蒲がたいへん見頃です。写真のように博物館の作事さんたち(写真は小池さん)が萎んだ花を取り除いていますので、綺麗な写真をお撮りいただけると思います。

e0135219_11543298.jpg

そして・・・運がよければ・・このハス池の周りでトラフズクの一家6羽が枝にとまってのんびりしている様子をご覧いただけるかもしれません。。

e0135219_11535038.jpg
e0135219_11544808.jpg
e0135219_11565939.jpg

沢海まちあるき
6月25日(日)10時開催(12時帰還)
参加費:500円
お申し込みは、北方文化博物館までご連絡下さい!
TEL 025-385-2001


[PR]

# by hoppo_bunka | 2017-06-22 12:07 | 本館・その他 | Comments(0)

~ 清水園 特別公開お茶室 ~

普段は非公開の3つのお茶室を、下記の日程で公開しています。

6/17㈯-18㈰  6/24㈯-25㈰  7/1㈯-2㈰

公開時間も 9:30~15:30 と限定されています。

e0135219_13403232.jpg

ボランティアガイドさんの説明を聞きながら…
どうぞ、ゆっくりとご覧くださいませ☆


   〈 翠濤庵 すいとうあん〉 
    ※内部に入ることはできませんが、外からご覧になれます

e0135219_14000027.jpg
       〈 同仁斎 どうじんさい 〉
e0135219_14001742.jpg

    〈 松月亭 しょうげつてい 〉
     ※内部に入ることはできませんが、外からご覧になれます 

e0135219_14003965.jpg
掛け軸も、御茶室の趣きをさらに深めてくれています。


緑の美しい季節、皆様のご来園お待ちしております☆

e0135219_14010943.jpg


清水園/さっちゃん



[PR]

# by hoppo_bunka | 2017-06-18 14:14 | 清水園 | Comments(0)

本日のお客様

e0135219_15214193.jpg
カメラを向けたらポーズしてくださいました!

[PR]

# by hoppo_bunka | 2017-06-16 15:26 | 本館の自然・植物 | Comments(0)

古き良き日本の風景

e0135219_15141052.jpg
北方文化博物館の本館(横越)ではアヤメ科の「イチハツ」が見頃をむかえてます

[PR]

# by hoppo_bunka | 2017-06-16 15:19 | 本館の自然・植物 | Comments(0)

~ 清水園 蔵の資料館にて ~

6月1日より新たに歩み始めた『蔵の資料館』
e0135219_16443751.jpg

今までも3つの展示スペースがあり、皆様にご覧頂いておりました。
かつて米蔵だった風情を残しつつ…入口にはそれぞれ看板が掲げられています。

e0135219_16435320.jpg

e0135219_16440722.jpg

見事な字ですよね☆
ぜひお気に入りの看板の入口から入ってみるのも、おすすめです!
e0135219_16442406.jpg


なかの展示で最近お気に入りなのが…

なめらかな筆の動き
背筋が伸びるようなピシッとした線質
e0135219_16452594.jpg
自分に厳しい人だったのかなぁと思わせる筆者は
“細井廣澤(ほそいこうたく)”です。

御来園の際はぜひ『蔵の資料館』も、じっくり御鑑賞くださいませ❀
e0135219_16460249.jpg


清水園/さっちゃん

[PR]

# by hoppo_bunka | 2017-06-09 17:07 | 清水園 | Comments(0)

北方文化博物館 藤とその後

豪農の館伊藤邸―北方文化博物館の五月は「藤」。
今年も本当に大勢のお客様に樹齢約150年の大藤棚をご覧いただきました。
花の色や大きさも年によってわずかずつ異なるようです。今年は少し小ぶりかなという声も聞かれました。また見頃はおおよそ十日間前後ですが期間後半の気温がやや低かったため「花がよく持った」という印象を持ちました。毎年ご覧下さっている方も、今年初めてお越し下さった方も、ご来館誠にありがとうございました。

大藤棚は年が明けてひと段落すると、庭園を世話する(だけではありませんが)部署「作事(さくじ)」による棚の修繕や枝詰め作業などが進められます。約八十畳にも広がる藤棚からひとつひとつの房先が一面平行に下がるよう調整されます。見事揃った房先を眺めると、さながら女性の切り揃った髪の美しさのように感じます(私だけでしょうか)。
一年間の手入れを経て満を持して開花する藤を毎年のことながら職員は固唾(かたず)をのんで見守ります。

さてこの大藤棚のある場所は伊藤邸にとっては少し気を許す中庭のような空間です。今年のライトアップでは伊藤邸正面の「大門」から皆様をお迎えさせていただきました。お越しいただいた方の中には大門から藤棚エリアへ入る前にもうひとつ小さな門をくぐったのを覚えていらっしゃる方もいるのではないでしょうか。ざっくりと区別するとこの門までが少し緊張する表(公)の空間。門をくぐるとふっと気のおける裏(私)の空間です。この門についてだけなく、今年の藤シーズンは「伊藤家とは伊藤邸とはその魅力とは」についてのご案内に力を入れました。幸いにもお客様からのお声掛けやアンケートでの回答などには「藤を見に来たけれど藤以外の見どころにも関心を持った」という反応が見受けられました。皆様の中に新しい発見による楽しさ・嬉しさがあったのなら幸いです。

今後も、お客様が心地よく、興味深く過ごしていただける場所を目指して参ります。

e0135219_20493231.jpg

e0135219_20494625.jpg
e0135219_20502288.jpg
e0135219_20503614.jpg
e0135219_20504448.jpg

e0135219_21213273.jpg

e0135219_21214369.jpg

e0135219_2051161.jpg
e0135219_20512687.jpg
e0135219_20514919.jpg

[PR]

# by hoppo_bunka | 2017-05-31 21:22 | 本館のイベント | Comments(0)

~ 清水園でかくれんぼ ~

まあるい穴が特徴の木のそばで…

こちらを見つめているの、わかるでしょうか?
e0135219_15490305.jpg


小さなフクロウさん
じっとこちらを見つめていました☆
e0135219_15491443.jpg

自然豊かな清水園のお庭で、かくれんぼしているので
御来園の際は、どうか静かに見守ってあげてくださいませ☆


清水園/さっちゃん

[PR]

# by hoppo_bunka | 2017-05-27 15:52 | 清水園 | Comments(0)