八重桜が見頃です。そして4/27現在の藤の状況

いよいよGWですね。北方文化博物館の藤は5月3日からライトアップを行います。その前に、「いい時にきたわ~」とクルーズ船のお客様方を喜ばしているのが、八重桜です。このあたりはベンチもあり、また古民家など里山の風景になっています。藤の前の今も、おすすめシーズンです。なお、最後の画像に、今日27日現在の藤も紹介しています。


e0135219_11380435.jpg
e0135219_11381824.jpg
e0135219_11393627.jpg
e0135219_11382744.jpg
e0135219_11411272.jpg
e0135219_11422454.jpg



[PR]

# by hoppo_bunka | 2017-04-27 11:46 | 本館の自然・植物 | Comments(0)

~ 清水園の新緑 ~

陽射しが心地よいなか、若葉がぐんぐん生長して

新緑がますます美しくなってきました。
e0135219_16355163.jpg
e0135219_16361718.jpg

e0135219_16370195.jpg


池の水音に耳を傾けながら…

ゆっくりと… 散策にいかがでしょうか☆

e0135219_16364470.jpg


清水園/さっちゃん



[PR]

# by hoppo_bunka | 2017-04-24 16:39 | 清水園 | Comments(0)

4月がスタート!

4月に入り清水園の庭園でも春を感じるようになりました。

一つの木から紅白の花が咲く梅「おもいのまま」
e0135219_09274345.jpg
こちらは、4月4日頃の夕佳亭近くの桜の様子。
まだ、まだでしょうか・・・。
e0135219_09313291.jpg
それが、4月9日には・・・。
こんなに咲いていました!
e0135219_09325255.jpg
鯉もそろそろお腹がすいてきたかな。
e0135219_09343732.jpg
皆様の御来園をお待ちしております。

e0135219_09365255.jpg
※今回の写真撮影はさっちゃんです!ステキな写真、ありがとう!!

清水園/わっか





[PR]

# by hoppo_bunka | 2017-04-09 09:42 | 清水園 | Comments(0)

新潟分館

冬期休館しておりました新潟分館は三月より開館しております。
まだ肌寒い日が続いておりますが、お庭や玄関前の梅が咲き一歩ずつ春の歩みを感じます。
お庭の梅は老木で、かつて主屋二階の窓まで届いていたという枝はすっかりその背を縮めてしまっていますが、毎年しっかりと瑞々しい花を咲かせます。

さて新潟市會津八一記念館さんへ貸し出ししておりました作品が展示室に戻って参りました。
「坐忘」(ざぼう)の木額も、坐忘土縁に再び掲げられました。

沢海の伊藤家が別邸として取得し、のち分家の伊藤家が住まいとした新潟分館。
會津八一が晩年の十年間を過ごしたことでも知られています。
坐忘という名前は會津八一の命名。また刻者の田中泰阿弥は沢海伊藤邸の作庭を行った庭匠です。
茶の湯に深い造詣を持った泰阿弥によって、坐忘は土縁のにじりをくぐって庭の茶室「清行庵」へと通じるなど機能性と趣向を併せ持ったユニークな茶室となりました。

新潟分館ではもう三日間、座敷に南浜伊藤家の雛人形が飾られております。
また四月九日までは「写真展 1950年代の古町芸妓」も開催しております。
(新潟市中央区みなとまち文化推進事業「新潟・古町・花街 かつてと今とこれからと」展示6)

皆様のご来館をお待ちしております。

e0135219_1712519.jpg

e0135219_1713544.jpg

e0135219_1731821.jpg

e0135219_172347.jpg

e0135219_1721344.jpg

e0135219_1734193.jpg

[PR]

# by hoppo_bunka | 2017-03-28 17:08 | 新潟分館 | Comments(0)

清水園より御案内

すっかり雪もとけ、暖かくなってきました。

さて、清水園では3月25日にイベント開催がございます。
園内の「米蔵ココロ」を使用いたしますので、大変申し訳ございませんが、
当日は一般の方の「米蔵ココロ」の御利用は出来ません。

★清水園・足軽長屋の御見学は通常通り出来ますので、皆様の御来園を
お待ちしております。
宜しくお願いいたします。
e0135219_16015596.jpg

[PR]

# by hoppo_bunka | 2017-03-22 16:03 | 清水園 | Comments(0)

光越窯・秋葉硝子・アトリエ三春の器展 3/17-21

はじまっています。まずはご覧あれ。
e0135219_19304021.jpg

e0135219_19304863.jpg
e0135219_1930564.jpg
e0135219_1931495.jpg
e0135219_1931994.jpg
e0135219_19311965.jpg
e0135219_19312883.jpg
e0135219_19314594.jpg
e0135219_19315187.jpg
e0135219_19315977.jpg


奥の部屋のランプシェードはカルチャー教室生徒さんの作品。縄文土器のような雰囲気を醸し出しています。
光越窯・羽田先生の作品は、ごはん茶碗、すり鉢、ビアカップ・・・まだまだ並びます。大半は津川の土を使用しているとのこと。今回は沖縄壺屋焼修行時代の体験談にはじまり、恩師や同僚(職人仲間)から受けた刺激、学んだ窯や焼成についてのまとめなどなど陶芸家・羽田光範に蓄積された歴史が、本人自らの文章としておよそ30枚ものレポートにまとめられています。会場で気になるレポートをお読みいただき、ぜひ羽田さんと感想をお話ししてみて下さい。作品を買って使うのがより楽しくなると思います。
また三人展として参加されている秋葉硝子さん、アトリエ三春さんの作品は同じガラスとはいえ、吹きガラス、キルンワークという異なる技法で形作られ、またそれぞれのお人柄が一瞬心をよぎるような楽しい作品です。
日に日に春が近づきどことなくウキウキする今日この頃。屋根裏ギャラリーで新しい器との出会いをどうぞ。

本日17金~21火まで。9:30~16:30。
場所は正門受付向かいの屋根裏ギャラリーです。
皆様のご来場お待ちしております。
[PR]

# by hoppo_bunka | 2017-03-17 19:53 | 本館のイベント | Comments(0)

「陶芸講座」「園芸講座」参加者募集中☆

北方e0135219_1151055.jpg文化博物館カルチャー教室 参加者募集中~☆
e0135219_1152828.jpg

29年度も「園芸講座」「陶芸講座」の2講座を開講いたします。
当カルチャー教室で、何気ない視点や手作業を通し「日々の暮らしを豊かにするきっかけ」を見つけませんか。先生や生徒の皆さんとの時間の共有も楽しいひとときです(^_-)-☆
詳しくは資料をお送りします。お気軽にお電話下さい。
℡025-385-2001(担当:田中)

■園芸講座■
植物の育成技術だけでなく、季節に応じた衣・食・住との関わりも織り込んだ内容です。
○講師:石井たき(北方文化博物館樹医、県立植物園講師、新潟市食育花育センター講師)
○日時:4月~翌3月(全12回) 第2木曜日 10:00~12:00
○料金:11,000円/年

■陶芸講座■
手捻りを指導します。初心者コースでは基本的な技法を使って日常食器を中心に制作し、自由コースでは絵付けや釉薬掛け、焼成まで個人の希望に沿って指導します。
○講師:「光越窯」羽田光範(NHKカルチャー金曜陶芸講師)
------------------------------------------------------------
初心者コース
○日時:4月~12月(全18回)
    第1・3木曜日 10:00~12:00
    第1・3金曜日 同
○料金:5,500円/月々
------------------------------------------------------------
自由製作コース
○日時:4月~翌3月(全24回)
    第1・3木曜日 14:00~16:00
    ※自由製作コースは木曜日のみ
○料金:9,000円/3か月(前納)
[PR]

# by hoppo_bunka | 2017-03-14 11:06 | 本館のイベント | Comments(0)

~ 藤のお手入れ ~

樹齢150年、一本の藤の木から広がる藤棚。

作事(お庭の管理をしている部署)の小池さんが、

今年も良い花を咲かせてくれるよう、お手入れ中です☆

e0135219_14113089.jpg

枝の剪定チョキンチョキン、

腰にぶら下げた袋からシュルシュルと紐を出しては枝を縛り…

手際よく作業していました。
e0135219_14122540.jpg
e0135219_14130259.jpg

熟練さんの手でお手入れされた〝藤〟は、

今年もきっと素晴らしい花をさかせてくれますね♪

e0135219_14142446.jpg

本館/さっちゃん




[PR]

# by hoppo_bunka | 2017-03-11 14:14 | 本館の自然・植物 | Comments(0)