田中屋本店プレゼンツ北方文化博物館で笹だんご作り体験

e0135219_17311531.jpg
「ART MIX JAPAN 」2017年の関連イベントとして、
田中屋本店みなと工房様の運営で「笹だんご作り体験」が4月15日(土)に北方文化博物館で開かれます。

昨今は手作りで笹だんごを作る機会が減ってきました。昔の我が家の風景に重なるような古い建物、北方文化博物館・古民家食堂「みそ蔵」で、笹だんご作り体験の場を開きます。
初めての方も、懐かしいと思われる方も、子供や孫に教えたいという方も、どうぞご一緒に笹だんご作り体験をしてみませんか。
参加者のための特別ガイドもご用意したプレミアムなきかです。お申し込みは、ART MIX JAPAN事務局になります。ご参加お待ちしています。

名 称:「田中屋本店プレゼンツ北方文化博物館で笹だんご作り体験」
日 時:4月15日(土)15時~17時
料 金:3,200円(材料・入館料込「特別ガイド付」)
※小学生は無料
※当日券のお取り扱いはございません。
会 場:北方文化博物館
運 営:田中屋本店みなと工房
お電話でのチケット申込み:
025-255-1332(AMJ専用電話)受付:9:00~18:00(土日祝は休業)
ネットお申込み: artmixjapan.com
※上記ページから「関連イベント」→35へ
[PR]

# by hoppo_bunka | 2017-03-10 17:32 | 本館のイベント | Comments(0)

笹だんご作りを北方文化博物館で体験しませんか

4月から始まる「ART MIX JAPAN 」2017年の関連イベントとして、田中屋本店みなと工房様の運営で「笹だんご作り体験」が4月15日(土)に北方文化博物館で開かれます。後日そのフライヤーを公開しますので、どうぞご検討いただきたいと思います(小学生までは無料です)。
e0135219_12182549.jpg
そもそも、私たちが口にする「笹だんご」。いったいどんな背景をたどって県民のソウルフードとなっていったのでしょうか。早速、田中屋本店の社長とみなと工房支配人にインタビューをしてきました。

e0135219_12203218.jpg—笹だんごは新潟の郷土食としてどんな経緯があるのでしょう?

「笹でだんごを包む食べ方は五百年前からあるといわれています。甘いだんごよりも惣菜などを生地に包んだ食べ方の方が早いようです。昭和30年代の新潟では、笹だんごは家で作るものでした。よもぎ取りや生地を丸めるのは子供の役割、笹巻はお母さんの役割、などと数日かけて家族じゅうで作ったものなんです。蒸し立ての匂いをかいだりすると、あの頃を思い出す人が新潟では多いんです。笹だんごは、ただ郷土の土産というより「昔の我が家の風景」なんですね」

ーなるほど。。では、笹だんご作りを実際に体験した子供たちからはどんな反応がありますか?

「今回は、生地をこねるところまでは私たちで行いますが、お父さんやお母さんといっしょに、丸めたり笹を包んだり、蒸したりする楽しさや、アツアツのものをその場で食べると、目を輝かせて『今まででいちばん美味しい笹だんごだ』と言ってくれます。自分たちが時間をかけて作った満足感があるんですね。また上手に作ると親からほめてもらえて嬉しい記憶が残ります。」

ー大人の方はどんな楽しみ方ができますか?

「中高年の方々には、初めて作った手作りの味を思い出していただけると思います。よもぎや笹についての知識を楽しめるところも、子供時代と違う楽しさですね。昔、おばあちゃんが作ってくれた味や、よもぎを集めた記憶を思い出して『よっぱらしたがね〜♪』と仰っていただいています。」

ーすると、北方文化博物館の「みそ蔵」で笹だんご作り体験を行うということはどんな意味合いがあるでしょう。

「昔の雰囲気が残る場所で笹だんご作りを行えるというのは、まさに昔の実家のイメージが重なるわけです。思い出がストレートに新潟人の記憶につながっていく場所なんですよ。そして子供にまたその思い出を伝えることができると思います。」

笹だんご作りという郷土の文化を、親から子へ、子から孫へつないでゆくこと、田中屋本店さんは日頃からこのような活動を通して、新潟の文化をまもり、「かつておばあちゃんが作ってくれたあの味」を追求されています。
このたびのART MIX JAPAN 関連イベントとして、田中屋本店さんの活動とコラボレーションさせていただくことは大変光栄に感じています。文化を次の世代に受け継いで行く同じ思いで、北方文化博物館も協力させていただきます。
e0135219_12211926.jpg

e0135219_12221393.jpge0135219_12224014.jpg
[PR]

# by hoppo_bunka | 2017-03-09 12:22 | 本館のイベント | Comments(0)

~ 凛とした美しさ ~

蝋梅が木いっぱいに咲いています。

澄んだ香りにふと足をとめ、顔を近づけたくなるこの頃です。

e0135219_16331399.jpg


白梅も静かに花開いていました❀

e0135219_16332137.jpg
春はゆっくり、きているんですね☆


本館/さっちゃん

[PR]

# by hoppo_bunka | 2017-02-19 16:39 | 本館の自然・植物 | Comments(0)

もうすぐ3月

もうすぐ3月。まだ寒い日があるようですが・・・。
清水園でも、雛人形を飾りました。

昭和9年に東京の三越百貨店より送られてきた雛人形。
寄贈して頂いた方の御姉さまの物だそうですが、大事に保管されていて
とても状態が良いものです。
e0135219_13061773.jpg
清水園書院のいろりの間が、華やかになります。
e0135219_13080529.jpg
偶然ですが、蕗谷虹児の「花嫁人形」のポスターが隣に見えます。
御来園の際には、書院へお上がりいただき、是非ご覧くださいませ。
4月3日の旧暦の雛祭りまで飾ります。

清水園/わっか

[PR]

# by hoppo_bunka | 2017-02-19 13:14 | 清水園 | Comments(0)

三人づきの餅つき

明日2/12は北方文化博物館の設立記念日です。
それを祝して、伊藤家伝来の三人づきによる餅つきが本日行われました。
現在はお客様に見ていただくため、また体験していただくために行っていますが
もともとは年の瀬に親戚や関係者へ配るためについていた餅つきです。
早くたくさんつかなければらならず、そのためにこね手を置かず、杵をもったつき手三人のみで行います。

いよいよはじまりますというやや緊張感のただよう時間。
e0135219_19131571.jpg


様々な見せ場があります。のびた餅を次の付き手が切るようにつく場面。片面をついてあともう片面をつくために持ち上げて突き落すようにひっくり返す場面。
e0135219_1914733.jpg

e0135219_1926695.jpg


できあがったお餅はあんこで食べていただきました。お味の方はいかがでしたでしょうか。
そのまま食べてみたい、お汁の中に入れたい。きなこはありませんか?など楽しいリクエストもありがとうございます!
e0135219_19145954.jpg

e0135219_19151853.jpg


経験の浅いつき手を見守る小池さん。数え十五で伊藤家に奉公に上がった人。
つくときは真剣に。お客様にはにこやかに。私たちの見本です。
e0135219_19155112.jpg


付き終わったあと餅を食う男たち。お客様のにぎやかな声をききながらほっとした様子。
e0135219_19163860.jpg


これは、杵についた餅をこすりとるように落とす時に使う道具です。
e0135219_19174627.jpg


本日はテーマの定まらぬざっくばらんとしたブログとなってしまいました。
さて明日で設立71周年。
北方文化博物館を支えて下さる全ての皆様に感謝申し上げます。
[PR]

# by hoppo_bunka | 2017-02-11 19:28 | 本館のイベント | Comments(0)

茶の間の扁額

ブログで発信する内容はどんなものがよいかしらと、年明けから一か月うんうんと悩んでしまいました。
博物館での日々のできごとや風景において、お!とアンテナにひっかかったものをテーマに短い文章と写真でお伝えしてみようと思います。何か、少しでも北方文化博物館に魅力を感じていただければ幸いです。
どうぞお付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます。
(探り探りですのでこの形式にとらわれない場合もあります。)

さてフェイスブックやツイッターでご紹介のとおり茶の間に戸が入ったことで、多くのお客様の室内の見え方が変わって来ると思います。
この部屋は当主への来客や番頭らへの相談の場といった「応接室」のような空間として使用されていたようです。三間続きとなっていて一番上の部屋に、日下部鳴鶴(くさかべめいかく)書の扁額が掲げられています。

「楽事以不盡為有趣(楽事は尽くさざるを以て趣き有りと為す)」
(らくじは つくさざるをもって おもむきありとなす)
・・・恐れ多くもかなり噛み砕くと「腹八分目がちょうどよい。」と言ったところでしょうか。

明治の三筆の一人として名高い日下部鳴鶴。近隣の新津ゆかりの漢詩人・坂口五峰(さかぐちごほう)等と交友があり彼らとともに伊藤家を訪問した際の揮毫ではないかと考えられています。

この言葉は伊藤家の三訓(家訓)のひとつとされています。
e0135219_1738275.jpg

[PR]

# by hoppo_bunka | 2017-02-01 18:46 | 本館の展示案内 | Comments(0)

清水園より 御案内

清水園内にある大きな蔵。その昔、伊藤家の米蔵として活躍しておりました。

この度その蔵の一室に「米蔵ココロ」がオープンいたします。
e0135219_14155748.jpg
★オープン H29. 1月17日(火)
★昼の営業時間  11:30~14:30(LO.14:00)

        清水園受付で、米蔵ココロの御利用と御申し出ください。
        米蔵ココロのみの御利用は入園無料となります。但し、
        庭園の見学は出来ません。米蔵ココロと庭園見学の場合
        は、入園料の割引がございます。

★夜の営業   17:30~22:00(LO.21:30)

        夜の場合は、清水園庭園の御見学はできません。
        清水園駐車場に面した「家老門」よりの出入りと
       なります。
 

★定休日    水曜日と 第一木曜日
★ご予約・お問い合わせ先   米蔵ココロ 0254-28-7378

宜しくお願いいたします。
e0135219_14285916.jpg
清水園/わっか




[PR]

# by hoppo_bunka | 2017-01-15 14:38 | 清水園 | Comments(0)

~ やわらかな白 ~

今朝から降り続いている雪。

雪かきしても、すぐに積もってしまうほど…

みるみる樹木に〝やわらかな白〟が、まとわれていきます。


休憩室のストーブで暖をとりながら、ぜひゆっくりと

雪をうけとめる庭園を眺めてみてくださいませ☆

e0135219_13520667.jpg


[PR]

# by hoppo_bunka | 2017-01-13 13:53 | 本館の自然・植物 | Comments(0)