すっきり!!

暑い日が続いております。セミの鳴き声もますます元気です!

清水園には沢山の看板がありますが、日々の雨・風・雪・紫外線などにさらされ
随分傷んでおりました。昨年よりその看板を少しずつ綺麗にしております。
なんと言っても メインはこの入口の看板。
e0135219_13514164.jpg

駐車場の看板は新しく作られました。趣きのある木に手書きです。

e0135219_13554874.jpg


e0135219_13543861.jpg
バス駐車場も新たに作ってもらいました。

e0135219_13584755.jpg
薄かった文字もハッキリと

e0135219_14003868.jpg
昨年から園内の順路の看板含め、数多くの看板を直し すっきり!!しました。
一人で書いたさっちゃん、お疲れ様でした。

これは・・・? ミニトマトではありませんよ~。

e0135219_14032467.jpg
はまなすの白い花が咲いていました。赤いのは、はまなすの実です。

e0135219_14055355.jpg
そう言えば、諏訪前通りも電柱が地中化され いつの間にか すっきり!

e0135219_14080765.jpg
清水園へご来園頂いた際には、どうぞご覧くださいませ。

清水園/わっか






[PR]

# by hoppo_bunka | 2018-07-16 14:13 | 清水園 | Comments(0)

御礼 新潟ジャズストリートプレイベント

新潟ジャズストリートプレイベント
ご来場、ご出演の皆様、誠にありがとうございました。
楽しいひとときをお過ごしいただけましたか?
本日プレ公演の様子、こちらをぜひご覧ください。
https://www.instagram.com/p/Bk9tfcahcta/?taken-by=hoppo_bunka

[PR]

# by hoppo_bunka | 2018-07-08 17:56 | Comments(0)

カルベ アキシロ展

6月23日から28日まで開催されました「カルベ アキシロ展」へ
大勢のお客様に来ていただきまして、有難うございました。

書院入口の看板もカルベさんの手作りで、雰囲気ありますよね。
e0135219_15485393.jpg
期間中 ギャラリートークもあり、カルベさんの今回のテーマ「積層」に
対する熱い思いや、絵を描くきっかけや、これからの展望など沢山のお話
をお聞きする事が出来ました。また、技法やテーマについての質問など
いただき、そのつど熱心にお話されていらっしゃいました。
e0135219_15545109.jpg
展示方法なども苦心され、来園された方に「清水園にしっくり合っていますね」と
言われたそうです!支柱も全て手作りです。

e0135219_15590792.jpg

e0135219_16001982.jpg
抽象と言うと、少し取っつき難いテーマと思われがちですが、皆様の観たまま感じたままを楽しんでいただいたら良いと思います。
 カルベさんも今回の展で大勢の方と出会い、あっと言う間の一週間でしたと
おっしゃっていらっしゃいました。清水園 書院での初めての試みでしたが、色々と参考になる事が多く また書院での展示の可能性を感じた時間でした。

ご来園の皆様に御礼申しあげます。
カルベさんは、また次へと進んでいらっしゃいますよ~!!

清水園/わっか





[PR]

# by hoppo_bunka | 2018-06-30 16:14 | 清水園 | Comments(0)

水と土の芸術祭2018へ向けて 新潟分館

南浜通にある新潟分館です。
水と土の芸術祭2018アートプロジェクト作品展示会場となります。
一階座敷(松風)
二階座敷(潮音堂)
日本画家・荒井経(あらい けい)さんと韓国の画家・柳根澤(ユ・グンテク)さんの絵が、「対話」をテーマに配置されます。

新潟分館は、新潟を代表する書家で歌人、また東洋美術史家でもあった會津八一が晩年を過ごしたことでも知られています。松風(しょうふう)、潮音堂(ちょうおんどう)などの部屋の名前は八一が名付けたものです。

芸術祭期間中は、アート作品だけでなく會津八一が起居した洋館の常設展示室で八一の墨蹟もご覧いただけます。さらに季節の良い時期ですので、ぜひ庭園にも出て枯山水の庭をぐるりと巡ってみてください。建物の外観も庭からだとよく見えます。今は、ちょうど潮音堂を見上げる位置に梅の老木が実をつけていました。足元にはねじ花。

さて。みなさんはもう手に入れましたか!水と土の芸術祭公式ガイドブック。作品や会場の解説の合間に「にいがた風土コラム」という新潟市の歴史や地形、伝統文化のへぇ~と思うようなコラムページが差し込まれており、ページをめくるほどに芸術祭と新潟への関心が高まります。マップもあり、新潟ビギナーさんへのプレゼントにもいいかもしれません。展示エリアを、万代島⇒万、鳥屋野潟⇒鳥、砂丘⇒砂、と端的に表しているなど、編集にもこだわりが見られます。ぜひお手元にご用意を!

水と土の芸術祭2018、スタートは7/14です!


e0135219_17521138.jpg
e0135219_17521119.jpg
e0135219_17521051.jpg
e0135219_17521191.jpg
e0135219_17541086.jpg
e0135219_17541076.jpg



[PR]

# by hoppo_bunka | 2018-06-29 18:00 | 新潟分館 | Comments(0)

清水園 書院にて~

梅雨入りしたものの本格的な雨の無い日が続いておりますが。

清水園では初の「油絵」の展覧会の開催がございます。

~カルベ アキシロ展~
★期間 6月23日から28日まで(最終日は15時まで)
★場所 清水園 書院
★料金 清水園の入園料が必要です。(展の案内状などで料金の割引あり)

※23日と24日には書院でギャラリートーク有り。どなたでもご参加できます。
※会期中26日以外は本人在園です。

e0135219_10322387.jpg
皆さまのご来園をお待ちしております。
書院でのカルベワールドを是非お楽しみくださいませ。

清水園/わっか


[PR]

# by hoppo_bunka | 2018-06-21 10:35 | 清水園 | Comments(0)

今年も新潟ジャズストリートプレイベント

今年も新潟ジャズストリートプレイベントをやります。

78 2公演 ①1200-1300 ②1400-1500

◎北方文化博物館屋根裏ギャラリー(500円 館内見学も可)

新潟ふるさと村アピール館(入場無料)

本公演は古町エリアを中心に7/1415㈰に開催。

本公演チケットは当館でも販売します。各日¥1,000-

e0135219_12424169.jpg
出演者は近日お知らせ!もしくは市内各所で配布中のパンフレットをチェック!!
皆様の御来場をお待ちしております。


[PR]

# by hoppo_bunka | 2018-06-13 12:45 | 本館のイベント | Comments(0)

6/9(土)博物館庭師、小池さん解説による「沢海まちあるき」開催!

6/9(土)博物館庭師、小池さん解説による「沢海まちあるき」開催!

e0135219_11371969.jpg

先日、北方文化博物館(伊藤邸)の大庭で「越後三楽山茶会」がありました。伊藤家が戦後からずっとその庭園でお客様をおもてなししてきた茶会です。
この庭をデザインした庭匠・田中泰阿弥の弟子であり、北方文化博物館作事頭の小池勝榮さん(86)が、同庭園や、小池さんが手掛けた光圓寺(伊藤家菩提寺)の庭園などを自ら解説する「沢海まちあるき」が、以下の日程で開催されます。
茶会における庭園の構想や、小池さんが庭をつくるうえで考えたことなど、滅多に聞けるものではありませんので、奮ってお申し込みをお待ちしています。


沢海まちあるき~
北方文化博物館の庭匠、小池勝榮さん解説による沢海名庭巡り

開催日:平成30年6月9日(土)
時 間:12時40分集合~13時開始~15時終了予定
料 金:1,000円(参加費、博物館入館料込)
申 込:北方文化博物館(担当:イサト)
    TEL 025-385-2001
備 考:普段のまち歩きコースとは異なり、複数の庭園のみを巡る内容です)

※現在、みるみる沢海まちあるきガイドでは、ガイドとして私たちと共に沢海をご案内してくださる方を募集しています!ご興味ある方は、上記電話番号までおしらせください!

e0135219_11373506.jpg

[PR]

# by hoppo_bunka | 2018-06-03 11:39 | 本館・その他 | Comments(0)

6/10、水郷の花嫁さんやってきます。

今年も横越コミュニティ協議会さん主催による、「水郷の花嫁さん」がやってきます。
ぜひ皆さん、お祝いにいらしてください!お待ちしております。

花嫁・花婿さんは、阿賀野川と信濃川を結ぶ「小阿賀野川(こあがのがわ)」を船で渡り、陸路にて移動後、人力車にて北方文化博物館へ入場致します。

期 日 6月10日㈰ ※雨天の場合、6月17日㈰に順延
時 間 
10:00 乗船(満願寺水門付近)
11:00 下船(木津渡し広場)
~陸路にて移動~
11:50 人力車運行(北方文化博物館周辺)
12:20 北方文化博物館へ入場

※撮影者の北方文化博物館への入場は入館料が必要です。
☆写真コンテストについての詳細は、博物館に設置してある下記チラシ、お問合せ先090-3641-1792(本間)にてご確認下さい。



e0135219_16072565.jpg

e0135219_16073567.jpg


[PR]

# by hoppo_bunka | 2018-05-26 16:15 | Comments(0)