人気ブログランキング |

北方文化博物館 紅葉ライトアップのご案内

【紅葉ライトアップ】

紅葉の見頃に合わせ、開館時間を延長して庭園のライトアップを行います。大広間から望む庭園の、樹々の色合いや奥行きをお楽しみ下さい。
※庭園をご覧いただくために雨戸を開け放ちますので、温かい服装でお越し下さい。


◆ライトアップ日時

2019年11月23日(土)、24(日) 2日間 17:00~19:00

・通常の入館料が必要です。大人800円 小・中学生400円(日曜は小・中学生無料)
・ただし、三楽亭、古民家の見学は17:00までとなります。
・そば処、喫茶の夜間営業はありません。

・ライトアップ時間に合わせた無料シャトルバスの運行はございません。ご了承願います。

◆関連企画「午後四時の庭園案内」11/23、24のみ

普段ご覧いただけない庭園の一角「積翠庵」の周辺へ入れる20分間の「庭園案内」を行います。料金はかかりません(入館料だけで結構です)。

開催日:11月23日(土)、24日(日)の二日間
時間帯:午後4時スタート~午後4時20分終了(日没予定16:28)
費 用:入館料のみ
案内人:職員
コース:銅門~積翠庵付近まで
募集形式:当日館内放送しますので大門付近にお集まりください。
備  考:カメラ撮影OK


◆同時開催「曲輪の球体展~大藤の息吹~」11/18(月)~24(日)

長岡市無形文化財「寺泊山田の曲物(まげもの)」の技術を継承する足立照久が作る「曲輪の球体」を、樹齢150年の大藤棚に展示致します。大藤と曲輪の球体のインスタレーション作品を通し、歴史と新たな文化の息吹を感じていただくとともに、曲物の魅力を再発見して下さい!(空間演出 小畑智之、BGM 関利朗)
主催:山田篩業組合 後援:長岡市、寺泊町商工会、寺泊観光協会
・期間 2019年11月18日(月)~24(日)
・時間 9:00~17:00 ※23(土)24(日)はライトアップ時間帯もご覧いただけます。
・料金 通常の入館料が必要です。


問合せ 北方文化博物館 ℡025-385-2001

e0135219_16200630.jpg
写真上 6月深緑のころ
写真下 11月紅葉のころ(2018.11.22)
e0135219_16195365.jpg
e0135219_16194706.jpg
e0135219_16200734.jpg
e0135219_16200612.jpg



# by hoppo_bunka | 2019-11-13 16:22 | 本館のイベント | Comments(1)

清水園 ~庭園ライトアップ最終日~

清水園の庭園ライトアップは、本日が最終日となります。
ご来園お待ちしております。
16:30に一度閉園し、その後17:00~庭園ライトアップ開園、
19:00閉園です。

e0135219_15464821.jpg

e0135219_15471071.jpg
写真/M氏より

# by hoppo_bunka | 2019-11-10 15:49 | 清水園 | Comments(0)

清水園 庭園ライトアップの御案内

清水園では、下記の日程で今年も庭園のライトアップをいたします。


e0135219_11235076.jpg

~清水園 庭園ライトアップ~
11月8日・9日・10日の3日間
PM5:00~PM7:00まで
清水園 書院より見学
大人500円 小中学生300円(PM5:00以降の入園料)


ライトアップにお越しの方は、駐車場に面した「家老門」よりお入り下さい。
 通常の入口は閉園時間(16:30)以降は入れません。


施設内は庭園内も含め御見学出来ない所がございます。


清水園では11月1日より閉園時間が16:30となります。
  (開園時間は9時からと変更ございません。)

皆様のご来園を、お待ちしております。
e0135219_11542010.jpg
e0135219_11540902.jpg
(写真はM氏より)
清水園/さっちゃん


# by hoppo_bunka | 2019-10-18 11:33 | 清水園 | Comments(0)

明日13日の「市民茶会」について

~お知らせいたします~
明日13日に開催される予定でした「市民茶会」は台風の影響が心配されるため、
大変残念ながら中止となりました。
尚、茶席券の払い戻し等のお問合せは、新発田市中央公民館までお願いいたします。

新発田市中央公民館 TEL 0254-22-8516

宜しくお願いいたします。
台風の影響による被害が無い事を祈るばかりです。
皆様もどうぞお気をつけて、お過ごしください。


# by hoppo_bunka | 2019-10-12 12:32 | 清水園 | Comments(0)

清水園よりご案内

清水園では、10月13日(日)に「市民茶会」が開催されます。

★10月13日(日) 午前10時より午後3時30分(最終入席は午後3時)
★茶席券  2席 大人1300円(当日1400円)
      2席 こども 800円(当日900円)
      ※当日のみ1席券の販売があります。

★当日は園内・駐車場ともに大変混雑が予想されますので、
皆様のご理解・ご協力をお願いいたします。

お問合せ 新発田市中央公民館 0254-22-8516

皆様のご参加をお待ちしております。


   M様からの写真 2枚ご紹介
e0135219_15011240.jpg



e0135219_15022562.jpg

清水園/わっか

# by hoppo_bunka | 2019-10-06 15:09 | 清水園 | Comments(0)

土・日・祝 秋限定無料シャトルバス運行

【期間限定 無料シャトルバス運行】

新潟駅南口と北方文化博物館を直行で結ぶ無料シャトルバスを期間限定で運行致します。所要時間は約30分です。市内からお越しのお客様、新潟駅を起点に観光をご予定のお客様はぜひご利用下さい。

《運行日》10/5~12/8までの土・日・祝

■新潟駅南口発
1便 10:00発 2便 11:30発 3便 13:45発
■北方文化博物館発
1便 10:45発 2便 13:00発 3便 14:30発 4便 16:00発

《のりば》 新潟駅南口 ”貸し切りバス乗り場”

※東側連絡通路を降りてすぐです。


《注意事項》
※乗車定員は25名(先着順)です。※道路状況によって時刻表通りに運行できない場合がございます。
=問合せ先= 北方文化博物館 ℡025-385-2001
e0135219_10275728.jpg


# by hoppo_bunka | 2019-10-05 10:28 | 本館のイベント | Comments(0)

秋の所蔵品展 ご案内

所蔵品展
~よみがえる豪農伊藤家の婚礼料理~によせて

新潟で初開催となる第34回国民文化祭および第19回全国障害者芸術・文化祭における「新潟・阿賀エリア事業」として、伊藤家にのこる婚礼献立の一部復元が試みられ、10月16日に行われる【日本料理の饗宴 ~よみがえる豪農伊藤家の婚礼料理~】として参加者に発表されます。(参加募集は終了致しました。)

この事業に関連した秋の所蔵品展として、集古館では、伊藤家が招待客用に所蔵してきた膳椀類などの調度品を展示、また中の間では、旧高柳町(現柏崎市)の庄屋村山家から嫁いだ六代夫人真砂について紹介しています。
伊藤邸の主屋に掲げられた長さ5メートルにも及ぶ婚礼料理献立表と合わせ、明治25年の豪農伊藤家の婚礼の華やかさとともにその重みにも想いを馳せていただければと思います。
所蔵品展 ~よみがえる豪農伊藤家の婚礼料理~によせて
◆伊藤家の慶事を彩る御膳展 集古館(別棟一階企画展示室)
◆六代夫人真砂の紹介 中の間(主屋一階)
9月7日(土)~12月8日(日) 9:00~17:00(12月は~16:30)
いずれも入館料のみでご覧いただけます。
e0135219_11505411.jpg

e0135219_11505393.jpg

e0135219_11505440.jpg

e0135219_11505359.jpg

e0135219_11505774.jpg


# by hoppo_bunka | 2019-10-02 11:53 | 本館の展示案内 | Comments(0)

国民文化祭 新潟で初開催中!

ブログ担当よりご案内 新潟で国民文化祭スタート!

今秋、新潟で初開催となる「第34回国民文化祭&第19回全国障害者芸術・文化祭」が、いよいよ始まっております。国民文化祭は昭和61年の東京開催を第一回目に、毎年、文化庁と各都道府県が共催する国内最大の文化イベントです。2017年の奈良開催より全国障害者芸術祭・文化祭と一体開催されています。

9月16日(祝・月)に朱鷺メッセで開かれた開会式には天皇・皇后両陛下もご臨席され、新潟開催の文化祭が盛会となることに期待を寄せられていました。開会式のダイジェストが9月29日全国放送されたばかりですが、新潟県内では10月4日(金)19:30~NHK新潟でアンコール放送が決定したそうです!

さて新潟開催のテーマは、”文化の丁字路~西と東が出会う新潟~”です。西からは海路(北前船)によって上方文化が北上、東からは佐渡の金を運ぶために整えられた陸路(街道)を通じて江戸文化がもたらされました。その二つが交わる新潟で育まれた様々な生活文化、伝統芸能をテーマとした企画が、11月30日の閉会まで県内各地で実施されます。(海路と陸路を結ぶと、新潟を中心に「人」の文字に見える!ということで、「人の文化」を発信!というのもテーマとなっています。)

開会式のオープニングフェスティバルでもこのテーマが反映され、西と東が出会う「新潟」を代表する3人の偉人「世阿弥・上杉謙信・良寛」の三役を越乃リュウさんが演じ、時空を超えて各地の芸能舞台をつないでいきました。新潟開催でこだわった”地元・新潟の人が立つ舞台”では、佐渡おけさなど各地のお祭りなどで活躍する伝統芸能の担い手の方々を代表し6つの団体が出演され、普段とは異なる美しい照明のなか、埋め尽くされた会場の参加者へ向けて活き活きとご披露下さいました。最後のご挨拶ではみなさんが、他の芸能団体さんと共演したことで刺激を受けたこと、ぜひとも自分たちのふるさとのお祭り本番を見に来てほしいことなどを話しており、文化祭を機に多くの方が新潟の多様な伝統芸能と、その背景となる歴史や風土に関心を寄せていただければと願いました。
開会式の総合プロデューサーを務めた作家の藤沢周さんが、自ら新潟の歴史の語り部として登場されるなど、関係者・出演者皆さんが「新潟」を楽しんだ素敵な舞台でした。藤沢周さんは閉会式の総合プロデューサーも担当されます。

さて、アンコール放送は10月4日(金)ですよ!お見逃しなく。

そして11月30日まで続くこの文化祭では、毎年恒例の発表会から、今回限りの企画まで、新潟県内各地の音楽ホールや博物館などを会場に、西と東が交わる新潟の多様な文化が発信されます。合言葉は「文化ふっとつ!新潟」です!国民文化祭の公式ホームページはこちら!県外からの旅行型プランもご紹介されています。ぜひチェックしてみてください。https://niigata-futtotsu.jp/

北方文化博物館での事業はすでに参加募集が終わっておりますが、関連展示のご案内や、周辺地域での企画などをご案内してまいります。ぜひ国民文化祭を通して「新潟」に新しい関心をお寄せ下さい。

本館/こでまり
e0135219_18331548.jpg







# by hoppo_bunka | 2019-10-01 18:36 | 本館・その他 | Comments(0)