人気ブログランキング | 話題のタグを見る

お返しは?

 駐車場の朝顔が開き始めました。今日も暑くなりそうだ、と憂鬱になりそうだった心を一新して、清々しい気持ちにさせてくれました。この可憐な水色の花が与えてくれた涼やかさを思う時、命の集大成に自分も何か他のものにお返しができたらいいな、と思いました。
 いったい何ができるでしょう。
 何もできない赤ん坊の時でさえ、人はその命の輝きに喜びや生きる力を周りに与えることができます。私たちはそれから今に至るまで実に多くの命を取り込んで成長してきています。それならば、たくさんの命を取り込んだ自分は、それらの命の分も生かす生き方をしなくては、いただいた命に申し訳ないと思うのです。
 畑の作物をついばむ害鳥だと思っていたカラスさえ、先日害虫を食べてお返しをしてくれていることを知りました。それならばヒトは、何をいただいた命に代わって返すことができるのでしょうか。
大いなる自然からたくさんの命をいただかないと生きていけないのに、その命の分何を返していけるのだろう。地球に生きていてほしいと思われる生き方をしなければ、と思いました。
 園内は今、蝉しぐれにあふれています。地上に出て数日しか生きることができない蝉と、その何倍も生きることができる私たち。この世の時間をいとおしんでいるように聞こえる蝉の鳴き声に、命の限り生き抜くことの尊さが身に迫ってきました。

 清水園のお庭のようになりたいなぁと思いました。話すことはなくとも、そこにいるだけで、心を整えてくれるお庭のような存在に。
何故このお庭にはそんな力があるのか。ここには自然のもつ尊い力に加えてもう一つ、一人の人間の命が吹き込まれているからです。

 ここの庭造るためとてわがいのち生き長らふるものにぞあるらし  田中 泰阿弥 
 
 命を使うと書いて「使命」。食材となった全ての命に感謝して、その恩恵を感じながら、自分も何かを生かすことができたら。私の使命は何だろう。
 長崎に原爆が投下されてから75年が経ちました。戦争は一瞬にして多くの命を奪う恐ろしく悲惨なものだけれど、そんな生きる望みを絶たれそうな時ですら、生きることをあきらめなかった人たちがいるおかげで、今私たちは生まれ生きています。自分につながる連綿とした命の重み。これを忘れることなく、自分が返せること、つないでいけることを考えていこうと思います。

 生きんとし獲らえんとする引き合いに竿たわみ命の重み伝わる

清水園/ひろ
お返しは?_e0135219_13135477.jpg

by hoppo_bunka | 2020-08-09 17:12 | 清水園 | Comments(2)

Commented by 初子 at 2020-08-15 20:38 x
「彼を死なしめて何をか応うべき」
ある本を紐解いた時に、そんな言葉が出ていました。
学徒動員の悲しい記憶の時期の事です。
戦友の死を前になすすべもない筆者が、自分に問いかけた言葉です。
記事を読んで、ふとそんな言葉を思い出しました。
(出典;戦艦大和ノ最期)

きょう一日を無事に生き延びたことは、さまざまな善意、助け、励みがあってのこと。
私も食べ物をいただくときには必ず、ひとときでも掌を合わせ、逝ってくれた生命に感謝する刻をもつようにしています。

獣や鳥を殺して生きていて、いったいどうすれば罪作りな人生をそうでないものに変えることができるのだろう?
そう悩んだこともあります。
結論は出ていませんが、
せめてできることは、
己の能力を最大限に発揮して世間様に向けて発信する事だろうと感じています。
ささいなこと、ささやかなことで構わないから。。

それができるとき、できないとき、
休まねばならないとき、蓄積しているとき、
いろんなときがあるけれども、せめて逝ってくれた生命たちにたいするリスペクトは、忘れないようにしたいと感じています。

歳重ね 得しものありたけ 振りかぶり
  今この時ぞ この時に賭く

すこし、男っぽいですが。(^^ゞ
Commented by hoppo_bunka at 2020-08-21 15:01
初子 様
コメントをいただきありがとうございます。生命たちに対するリスペクトというお言葉から、神沢利子さんの絵本『鹿よ、おれの兄弟よ』を思い出しました。
 シベリアの漁師の主人公は見事な鹿を仕留めると、敬意をもって解体し、全て余すところなく暮らしに取り入れていきます。その肉を食べる時は、「鹿はおれの血となり肉となる。だから俺は鹿だ。」と言うのです。
 それまでこのように考えたことがなかったので、命を食べ生きていくことを考えさせてくれた絵本でした。
 お盆や終戦記念日などで、今生きていることの重みを考えさせられていた中でのコメントでした。敬意を忘れることなく生きていきたいです。ありがとうございました。
清水園/ひろ

<< 見えないところにあるもの ギフト >>