人気ブログランキング | 話題のタグを見る

プラス 人

プラス 人_e0135219_09325979.jpg
 本館の藤のライトアップが4月29日から始まっています。初日は冷たい雨が降り続き、外に立っていると凍えるような寒さでした。
昼過ぎに降り出した雨は、一時激しく降り、足元には水たまりができ、靴がびしょびしょになるほどでした。
 体が濡れるのは、まだ我慢できるけれど、靴下までぐっしょり濡れてしまうと、みじめで悲しい気持ちになります。お客様がいらっしゃる頃には、なんとか小降りになってくれないかなぁと、祈るような気持ちで受付をしていました。

 その時、ライトアップのライトの設置をして下さる方が、光の当たり具合の確認をしにいらっしゃいました。園内のライトを点検されて戻っていらした時には、全身ずぶぬれ状態で、靴は水浸しでした。職員が、「大変でしたね。濡れましたね。」と声をかけると、「濡れましたね。」と、淡々とおっしゃって帰っていかれました。仕事とはいえ、すごいことだなぁとびしょ濡れのお姿を見送りました。
 
 夜になり、せっかく咲いているのに、雨の藤は残念だな、と思いながら見に行ってみると、春雨に煙るように見える藤に明るいライトの灯があたり、昼よりも趣深くしっとりした美しさが漂っていました。静かにひっそりとした夜の闇の中を藤の香が漂い、昼ずぶぬれになって帰られた方の姿を思い起こしました。

 その夜、勤務を終えて、ちょっと遠い駐車場まで歩いていく際中に、誰もいない夜更けの暗い道を一人で通るのは心細いな、と思っていたのですが、お寺のお堂が明るく照らされていて、ああ、嬉しい、とほっとしました。おかげで怖い思いをすることなく夜道を歩くことができました。
 後日、そのお堂の周りに何十個ものLEDライトを並べていらっしゃる方のお姿を見て、「ああ、あの時の明るい光は、この方がしてくださったものだったのだ。」とわかりました。
 
プラス 人_e0135219_10235219.jpg
 大勢の皆さまが美しい藤の花を見に、昼も夜も連日本館にいらっしゃいます。
藤の花自体が美しいのはもちろんですが、それを見る時に、この花を咲かせるための作事さんや樹医さんの懸命な技術や思い、ライトを設置して下さった方々のお姿、凍えるような寒さや雨の中、誘導してくださる駐車場の警備の方々などのお姿を併せて見ると、花の美しさにプラスされた人の美しい姿がより一層花を美しく輝かせていると思います。

 自然を見る時に、その中に込められた人の思いも見ようとすることは、清水園の庭園セミナーでも学びました。5月11日に第2回のセミナーが行われます。まだ定員に空きがありますので、お時間がありましたら、ぜひ参加されてみてください。初夏のお庭の美しさが一層深まる体験をきっと味わわれることと思います。
 
 本館の藤のライトアップは今日、5月7日と明日8日で最後です。たくさんのお客様に見ていただきたい、素晴らしい方がたに守り支えられている藤の花です。

清水園/ひろ


by hoppo_bunka | 2022-05-07 11:06 | 清水園 | Comments(0)

つながっている >>