人気ブログランキング | 話題のタグを見る

友がみな我より偉く見ゆる日は

友がみな我より偉く見ゆる日は_e0135219_15210223.jpg
 
 友がみな我より偉く見ゆる日は花を買ひ来て妻と親しむ   石川啄木

 本館の入館入口に、毎年ツバメが巣を作ります。親鳥が一生懸命餌を運ぶようすや、巣から顔を出してそれを待つヒナのようすが可愛らしく、成長の過程を見るのも毎日の楽しみになっていました。
 ところが今年は一羽だけ、どうしたことか飛べないツバメが出てしまいました。生まれつきなのか、それとも何かがきっかけで羽を動かせなくなったのか、トントンと跳ね翼を広げようとするのですが、飛び立つことができません。他のツバメたちが飛べるようになって、自由に空をかけ巡るようすを地面から見上げています。
 門の入り口のちょっと先で、動かないでいるのを見ると、何とかしてやりたい気持ちになります。お客様も気にかけて下さり、従業員の間でも、「今日はこのあたりまで跳ねて動いてきた。」とか、「猫やカラス、へびなどに襲われないとよいけれど。」など話題になっていました。
 そのうち旅立ちの日が近づいてきました。親、兄弟と一緒に行けるのか、それとも一人取り残されてしまうのか、とても心配になってきました。なんとか治って飛べるようになってほしいと願いながら、本館勤務の時は様子を尋ねていました。

 みんなと違って一人だけ飛ぶことのできないツバメは、他の方々と比べると、全く仕事ができない自分の姿と重なりました。私は昔から何でも飲み込むまでにとても時間がかかり、人より遅いからです。動作が身に着くまでには、他の人の倍以上時間がかかります。しかも継続して繰り返ししないと覚えることができません。速くしなくちゃと思うと焦り、ますますわからなくなってしまう。年を取った今でもそれは変わらず、他の人がすんなりとできることができない自分が哀しく思える時があります。啄木の歌の気持ちがよくわかります。

 比ぶれば見劣りのする植木鉢小さな哀しみある文化祭

 子どもが小学生の頃、文化祭で玄関に菊の鉢植えが展示されていました。たくさんある中に、見事に大きな花をつけているものもあれば、他のものと比べると、丈が半分しかなくひ弱なものもありました。どうしてもみんなのようになれないものに、目が向いてしまい、その子の気持ちを推し量ってしまいます。
 
『おおはくちょうのそら』(手島圭三郎)という絵本があります。
 病気で空を飛ぶことのできない子どものために、お父さんは北国に帰る時期を遅らせます。もうこれ以上は遅らせることができないと思った日、家族はその子を一人置いて北の空に旅立ちます。悲しい別れをした夜に、病気の子どものところに家族が戻ってきます。
安心した子どもは家族に見守られながらその晩静かに息を引き取ったのでした。
大急ぎで北に向かう家族の飛んでいく空に、死んだ子どもの姿が光輝く星となって夜空に浮かび上がってくるのでした。

 本館からツバメが旅たった日に、飛べない子どもの姿も見かけなくなりました。一緒に行けたのか、それとも何かに襲われて死んでしまったのか、誰にもわかりませんでした。自然界で自由に動けないものが生き延びていくのはとても難しいことです。それは人間も含めて全ての生き物に共通していえることです。だから悪い予想の方が妥当なのかもしれません。その日の夜空にも星が輝いていました。

 一時ではありましたが、情が移ったものとの別れは哀しい。でも、哀しみだけではありませんでした。動けなくても、動けないなりに懸命に生きている姿は、心打つ尊い姿でした。できなくても、だめでも、一生懸命生きることは尊い。
 褒めるべきものは、先天的に備わっている能力ではなく、生きていく中で獲得していく力であると思います。

 君に比べたら、一生懸命さが足りないね。私も無いものに目を向けるのではなくて、得ようとするものに目を向けなくては。

 世界最高峰のサッカー選手であるメッシは、「努力すれば報われる?そうじゃないだろ。報われるまで努力するんだ。」と言っています。
 友がみな我より偉く見ゆる日は、私は空を見よう、そう決めました。

 傷口に星空秘めし石榴かな

清水園/ひろ


by hoppo_bunka | 2022-09-18 17:19 | 清水園 | Comments(0)

<< 美に浸る 映画「峠」最後のサムライ と ... >>