人気ブログランキング | 話題のタグを見る

命輝く

命輝く_e0135219_10415642.jpg
 新緑の命輝く季節になりました。お庭の木々を眺めていますと、心の中にも命の輝きが映り込むようで、すぅっと清められていくような気がいたします。お日様の光を浴びて、伸びよう、生きようとする姿は、旬の食べ物をいただいたかのように、見ているだけで幸せで、力を与えられます。
 先日、採りたてのタラの芽をいただきました。鮮やかな色、香、そして旨味。命に触れる喜び。旬のものの力は大きいです。その時の感動が、木々を見ていると、ふっと蘇りました。

 命溢れるものに触れると、人は幸せになり、生きる力が湧いてきます。
 甥の結婚式に招待され、90になる母を連れて横浜に行ってきました。コロナへの感染を気にして、できるだけ人に会おうとしなかった母は、この3年間で急速に気力、体力が落ちていました。私たち子どもに会うことすら、避けていたのですから、横浜まで遠出するなどもっての外、と最初は式への出席ですら、渋っていました。招待状が届いて、ようやく出席を決心したものの、3年ぶりで、しかも遠出でしたから、きっと疲れが出ていたと思います。そんな母でしたが、ホテルの部屋で3歳のひ孫に会ったとたんに、表情が変わっていきました。
 幼子の命の塊のような存在が、眠るように細々と動いていた母の命をぱっと活性化させたようでした。
 「子どもって、いいね。」と、ひ孫の相手を楽しむ母を見て、姉妹口を揃えて言いました。自分たちができなかった、母を元気づけることを、彼は、存在そのもので行ってくれたのでした。

久しぶりのホテルも、ショップに飾られている物や部屋からの眺めが素晴らしく、「久しぶりに美しいものを見たわ。美しいものはいいねぇ。」と母を喜ばせ、元気を与えてくれました。

 今回の上京は、私はとっても楽しみにしていた待ちに待った時間でした。自分の子どもに会えることと、母と姉妹の家族に久しぶりに会えること、それが本当にたまにしかないことなので、直前まで、会えるかどうかを不安に思い、待ちわびていました。
 会えて本当に嬉しかった。でも、時間はまたたく間に過ぎました。そして家に帰ると、もう一つの家族が待っていて、ここも私の大切な幸せを与えてもらえる場所、と感じました。

 清水園は今、命の輝きに満ち溢れています。もしお時間がございましたら、どうぞお出でくださいませ。
皆さまのお気持ちにきっとお応えできるお庭です。

清水園/ひろ

 
 






























 

by hoppo_bunka | 2023-04-22 17:08 | 清水園 | Comments(0)

<< もう一度  清水園 セミナーとワークショッ... >>