“はさがけ”も間もなく終了です。

今日、亀田東小学校5年生の皆さんが、はさがけしていた稲を脱穀するためやってきました。
e0135219_18173281.jpg

いっぱい天日を浴びた稲穂からは、芳しい香りが。
農家の方たちが“はさ木”から下ろしてくれた稲を抱えて、コンバインへ運びました。
e0135219_18145013.jpg

e0135219_18151772.jpg

農家の方が稲穂をコンバインへ通すと、脱穀されて“藁”となって出てきます。
子ども達でその藁を順々に取り除き、また、稲穂を抱えてコンバインへと並びました。
e0135219_18154479.jpg

みんなでせっせと動いて、作業は1時間ほどで終了。
“はさ並木”がちょっと寂しくなりましたが、実りの秋を感じられる脱穀作業でした☆

まだまだ見応えある“はさ並木”となっています!
ライトアップは終了しましたが、夕日に映える“はさ並木”も一見の価値あり!
ぜひ見にいらしてください☆

本館/さっちゃん
[PR]

by hoppo_bunka | 2008-10-07 18:28 | 本館・その他 | Comments(2)

Commented by 越野 克博 at 2012-01-27 21:43 x
初めまして、石川県金沢市でしめ飾りを製作しています。
はさがけ藁を購入させて頂きたいのですが、ご検討の程よろしくお願いします。
Commented by hoppo_bunka at 2012-01-28 15:12
お問い合わせありがとうございます。
残念ながら現在、藁は有りません。
詳細に関しては博物館担当 馬場までご連絡をお願いいたします。
宜しくお願い致します。

<< 花香る☆ 沢海でんでん秋祭り >>