カテゴリ:本館のイベント( 315 )

今年も新潟ジャズストリートプレイベント

今年も新潟ジャズストリートプレイベントをやります。

78 2公演 ①1200-1300 ②1400-1500

◎北方文化博物館屋根裏ギャラリー(500円 館内見学も可)

新潟ふるさと村アピール館(入場無料)

本公演は古町エリアを中心に7/1415㈰に開催。

本公演チケットは当館でも販売します。各日¥1,000-

e0135219_12424169.jpg
出演者は近日お知らせ!もしくは市内各所で配布中のパンフレットをチェック!!
皆様の御来場をお待ちしております。


[PR]

by hoppo_bunka | 2018-06-13 12:45 | 本館のイベント | Comments(0)

大藤ライトアップスタート


大藤ライトアップが本日よりスタートしました!
4/29~5/10 17:30-20:00
入場料大人100円 中学生以下無料
明日からもお待ちしております!!!
(夜はおみやげ処と職員手作り屋台が営業中)
e0135219_20080409.jpg
e0135219_20080497.jpg

[PR]

by hoppo_bunka | 2018-04-29 20:13 | 本館のイベント | Comments(0)

大藤棚ライトアップが始まります!5/10まで

e0135219_18260704.jpg
e0135219_18273706.jpg

藤が見頃を迎えました。平成30年の大藤棚ライトアップを下記の日程で行います。また藤開花期間中のイベントを下記に記しましたので、どうぞご覧ください。


期 間 4月29日(日)~5月10日(木)※開花状況によって終了日を早める場合があります。
時 間 午後5:30~午後8:00
料 金 ライトアップ入場料 大人100円(※中学生以下無料)


【ご注意】
・博物館は午後5時に閉館(閉門)致します。そのまま居残ってライトアップを待つことはできません。一旦外に出ていただきます。ライトアップ入場料100円がいります。ライトアップの時間帯は館内見学はできません。またライトアップの時間帯は再入場はできません。

・入場は正門側の「大門」からのみとなります。前庭など伊藤家が来賓をお迎えする時の道筋をお通りいただきます。
・上記の理由から、西門大駐車場からは入れません。門が閉じられておりますのでご注意ください。


「テーマ」
今年のテーマは、「北方文化博物館へ大門から入る魅力」を知っていただくということです。明治時代に伊藤邸へやってきた客人たちの目を楽しませたであろう前庭の苔や木々、現れる門土蔵の巨きさ。大門を潜ると足元からのびる石畳など、邸内へのアプローチには130年前からの空気が今も佇んでいます。重厚な伊藤邸の時間の重みや、県内唯一無比のこの建物の雰囲気をお楽しみただきたい、というのが従業員一同の想いです。

このため今年もライトアップ入退場口は正門にある「大門」のみとしました。西門大駐車場へ車をお停めになったお客様が、伊藤邸南側(大榮寺側)の遊歩道から歩いていただく雰囲気もなかなかのものです。黒塀と日枝神社を今年も照らし出します。

ご不便をおかけしますが、そのぶん、伊藤邸の絵になる姿を多くご覧いただこうと考えています。裏側からの“そぞろ歩き”も楽しみの一つと捉えていただき、今年もライトアップをお楽しみください。(駐車場は正門駐車場・西門大駐車場どちらもご利用いただけます。)
お客様のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

なお、空が暗くなる時間は6時40分頃から7時頃です。



「藤の開花時期の催し」


■見 る
=タクミクラフト古民家展2018=
「受継がれた技術と新発想が結びつき、楽しい商品が生まれています。」
期 間 5/3㈭~6㈰
時 間 午前9:00~午後5:00(注:5/3は午後1:00~、5/6は~午後4:00)
会 場 常盤荘(伊藤家旧宅)
内 容 心と暮らしを彩る新しい工芸品を紹介致します。工芸士によるワークショップもあります!
主 催 タクミクラフトwww.takumicraft.com


■聞 く
=箏 ウィステリアコンサート=
「藤の香りに包まれて、しっとりとした箏の音色が毎年大好評です。」
日 時 5/3㈭ ①午後6:00~②午後7:00~(各回30分ほど)
会 場 みそ蔵縁側
出 演 高橋理香箏三絃門下生
曲 目 元禄花見踊り、ハウルの動く城より、ほか
問合せ 高橋理香 rikaansanble@ybb.ne.jp 090-9425-8824


■食べる/買う
「大工小屋はみやげ処に―、井戸小屋は喫茶店に―。形を変えて伊藤家の暮らしを受け継ぐ空間。」
=おみやげ処三楽=
・藤饅頭(童心菓匠丸屋本店による北方文化博物館の藤をイメージした当館限定商品。)
・天領杯試飲販売(佐渡の美しい自然の中で酒造りを続ける天領杯による試飲販売。)
・亀とうさぎ(亀田縞の魅力と可能性を広げるファッションブランドより”現代のもんぺ”が登場。)
=喫茶井戸小屋=
・藤色ドーナツ(雪国ドーナツより藤色ドーナツをご用意。コーヒーとご一緒に。)


■歩く
◆5/6(日)沢海まちあるき〜伊藤家菩提寺の光圓寺花祭り
参加者には入館割引特典あり!(要事前申し込み)
日時:平成30年5月6日(日)1時〜3時
集合:西門広場(北方文化博物館の裏)
コース:沢海の上区2キロ
料金:500円
特典①:マップ、飲み物、資料付き
特典②:北方文化博物館入館料特別割引料金(500円)適用サービス付き
主催:みるみる沢海まちあるきガイド
申込:TEL 025-385-2001(北方文化博物館)


[PR]

by hoppo_bunka | 2018-04-28 18:28 | 本館のイベント | Comments(0)

北方文化博物館 ~書き初め~

続いて1/5(金)は北方文化博物館にて 書道体験ー書き初めーが行われました。
小学1年生から社会人まで10名の方が参加して下さいました。

師範資格を持った職員(清水園からやってまいりました)のお手伝いのもと、それぞれの課題を真剣にそして充実した様子で仕上げていました。今年のお手本は「子犬」!この字に含まれる基本的な筆遣いをまず練習してから課題に取り組みます。

今年の手本は「子犬」
e0135219_15460499.jpg


運営サポートをしながら一人ひとり様子を見ていると、字に個性が出るなあという感想はもちろんのことその書き方(姿勢といいますか)もユニークで思わずくすっと笑いながら見てしまいました。ひたすらに書き続ける人、書いては止め書いては止めと慎重な人、墨がはねたり書き損じた箇所を気にする人、重心をひざにかかとをあげて書くというバランス感覚の持ち主も・・・! 書いた作品を新聞にはさむ所作一つとっても十人十色。一人で書くのもいいけれどこうやって集まってそれとなく刺激を受け合いながら書くのもよい機会になったのではないでしょうか。

真剣
e0135219_15470483.jpg

先生のアドバイス
e0135219_15463491.jpg

後ろから失礼します とても丁寧に書いています
e0135219_15473404.jpg


できあがった10作品はどれも力作となりました!ご参加ありがとうございます。


集合写真!
e0135219_15480408.jpg

その後、集古館「新春展」にて展示中の阪口五峰の漢詩についてみんなで意見を出しながらどんなことが書いてあるかイメージしながら鑑賞し、伊藤邸大広間の正月のしつらいなどもご覧いただきました。

ご参加下さった皆様の作品は屋根裏ギャラリーにて1/31まで飾っております。
さらに今年で10回目の開催を迎えた北方文化博物館の書き初め。10年分の参加者作品も一同に飾っていますのでぜひ併せてご覧下さい。
計87点がずらりと並びました!
作品は屋根裏ギャラリーで
e0135219_15483575.jpg
今年参加の皆さまの作品 すばらしい
e0135219_15490570.jpg
10年分 87点 
e0135219_15493436.jpg


あらためましてご参加いただいた皆様ありがとうございます。寒い日が続きますが元気にお過ごしくださいますよう!

本館/こでまり








[PR]

by hoppo_bunka | 2018-01-06 16:00 | 本館のイベント | Comments(0)

手仕事の魅力「ENZAの屋根裏縁日」がやってきた!

今日は11/23~26の展示期間4日間のうち2日目を迎えています。

私たち日本人の生活文化が当たり前に行ってきた「手仕事」の魅力を紹介し、その魅力発信を行っているBricole(ブリコール)さんによる催しが、北方文化博物館「屋根裏ギャラリー(無料)」(正門受付向い)で開催中です。

e0135219_15032807.jpg

これまでBricoleさんが行ってきた様々な活動のほか、ご縁のある方々の手から生み出された品々を集め、展示・販売しています。(藁・竹細工、やきもの、木工など15組)

e0135219_15174121.jpg
また4つの関連ワークショップと、2つの関連イベントを開催します。
e0135219_15181389.jpg
e0135219_15255662.jpg
e0135219_15195950.jpg
詳細は ギャラリー室礼(しつらい)ホームページにてご確認下さい。http://shitsurai.bricole.jp/5162/

【ENZAの屋根裏縁日】
期間 平成29年11月23日(祝木)~26(日)
時間 午前10時~午後7時
会場 屋根裏ギャラリー(正門よりお越しください。)※入場無料
問合せ info@bricole.jp 080-4051-1211(桾沢)
後援 一般財団法人北方文化博物館

e0135219_15314590.jpg
e0135219_15320098.jpg
e0135219_15204468.jpg
e0135219_15210532.jpg
e0135219_15212537.jpg
e0135219_15231422.jpg
e0135219_15233511.jpg
e0135219_15242181.jpg
北方文化博物館に努めて71年、小池勝榮さん(85)の冬仕事もご注目!
e0135219_15264365.jpg
e0135219_15274525.jpg

[PR]

by hoppo_bunka | 2017-11-24 15:24 | 本館のイベント | Comments(0)

Negicco(本館ブログ10月号)

本日と明日の2日間、西門広場ではFCコレクションーGosen Knit 五泉ニット新作展示販売会を開催中です。(主催:五泉ニット工業協同組合様)ニットニットニット!で盛り上がっているこの場所の一カ月前は・・・そう!NEGi FES2017in 新潟 北方文化博物館 が開催されていました!最新の本館ブログはNegiccoについてです。最後までお付き合いいただければ幸いです。

-------------------------------------------------------------------------------
10月7日(土)・8日(日)は、新潟を代表するアイドルNegiccoによる『NEGi FES 2017 in新潟 北方文化博物館』が当館敷地内の西門広場で開催されました。

Negicco(ねぎっこ)は、JA全農にいがたの「やわ肌ねぎ」PRのために期間限定で結成されたアイドルグループです。2003年結成当時のグループ名は今のようなカッコいい表記ではなく「ねぎっ娘」。現在メンバーは、Nao☆、Megu、Kaedeの3人の女の子(女性といった方がいいのかな)です。期間限定どころか結成14年を迎えました。2010年、地方アイドルの祭典「U.M.U AWARD 全国大会」でグランプリを受賞。地方アイドルの全国一位に選ばれたことで、それほど関心の高くなかった新潟県民の間でも”新潟を代表する存在”として認識されはじめ、3年後の2013年には新潟県の「にいがた観光特使」にも任命されました。また同年、結成10年目にして1stアルバム『Melody Palette』がリリースされ、新潟を代表するアイドルとしての様々なPR活動とともに、多様なミュージシャンとの共演や楽曲提供を通して、その音楽活動でも幅を広げていきました。

このたび、Negicco主催『NEGi FES 2017』を新潟らしい場所でやりたい、とお声がけいただいたことを大変嬉しく思っています。当日までは不慣れな準備にとまどうこともありましたが、地域の皆様のご協力もあり、無事に当日の2日間を終えることができました。

音楽が鳴り始めるとステージはキラキラと輝き、スポットライトのせいだけではないまぶしさに「アイドルとはこういうものか」と、その存在感に胸が高鳴ります。そして会場を通るたびにステージの方からエネルギーが降ってくるように感じられ、お腹の底に力が湧いてきます。言い方に差こそあれ、多くの方は「やめることは簡単、始めることはもっと簡単。続けることが一番難しい。」と言われたことがあるのではないでしょうか。雑誌のインタビューでも語られるように、活動を続けることに不安や迷いを抱えても、それを超えてきたことで備わった魅力が、Negiccoが持つ魅力のひとつではないでしょうか。そしてほかでもない”新潟”で続けることがNegiccoを続けていくために必要なことと信じ、自分たちの仕事をする姿勢には学ぶべきところがあります。どこかのんびりしながらも、明るくて楽しいプロフェッショナルなステージの姿と、等身大の人間として、また女性として共感できる姿の両方がステージの上で重なって見え、きっとこの姿がファンの皆さんを魅了するんだなぁと、そんなことを考えさせられました。

日々、思い返すほどに強くなる思いがあります。それは『NEGi FES 2017』は、北方文化博物館にとって”ネクストステージ”へのはじまりになるだろう、という予感。このたび来場者の皆様の多くはステージの合間、合間に博物館内へも足をお運びいただき、新潟を代表する大地主伊藤家の邸宅と庭園、展示物をまじまじと見学されていました。おみやげ処や喫茶店では、買い物や休憩の合間に私たち博物館スタッフへの気さくなお声がけも多々いただきました。そんな様子からは、”新潟”にこだわって活動を続けてきた彼女たちNegiccoを応援する皆さんもまた、”新潟”に対して何かしら深いまなざしをもっているのだということが伝わってきました。Negiccoとそのファンの皆さまをお迎えできたことは、同じく”新潟”に思い入れを持って仕事に取り組み続ける私たちにとって、大きな自信につながりました。まだまだ北方文化博物館を知らない人たちへ、新潟を代表する豪農の館としてその魅力を探求、発信し続けます。

北方文化博物館は、これからもNegiccoとファンの皆さんを応援しています!
貴重な機会をいただき、主催Negiccoの皆様はじめ関係者の皆様へあらためて御礼申し上げます。

参考文献
Interview File cast (月刊にいがた別冊2016.vol.54)発行/株式会社ジョイフルタウン

本館ブログ担当:こでまり

e0135219_18282556.jpg
(会場の様子。※北方文化博物館が主催者より許可を得て撮影しています。)




[PR]

by hoppo_bunka | 2017-11-04 18:55 | 本館のイベント | Comments(0)

パッチワークキルト展(屋根裏ギャラリー)

北方文化博物館の屋根裏ギャラリーでは、キルトアトリエ糸まき(代表 大山節子)さんによるパッチワークキルト展がはじまりました。
10/22(日)の夕方4時まで。毎日開催中です!
ハロウィンからクリスマスまで・・・にぎやかな会場へぜひぜひご来場下さい。

e0135219_10490163.jpg
e0135219_10490324.jpg
e0135219_10490473.jpg
e0135219_10485946.jpg
e0135219_10490060.jpg






[PR]

by hoppo_bunka | 2017-10-14 10:52 | 本館のイベント | Comments(0)

先週のジャズストリートプレイベント、ありがとうございました

先週日曜日(7/9)北方文化博物館の屋根裏ギャラリーで第30回新潟ジャズストリートプレイベントがありました。
猛暑に引けを取らない、熱い演奏とお客様の情熱でシビレ上がった2公演。
いよいよ明日明後日(7/15.16)は本公演。古町を中心としたジャズ喫茶などの多数の会場にて繰り広げられます。
また7/15には市民プラザにて30回記念<ジャズ100年の変遷>と題した特別ステージも。
ぜひ、ぜひ、お出かけください。

新潟ジャズストリートHP→http://www.niigata-jazzstreet.com/eventinfo/schedule_txt.php


屋根裏ギャラリーのプレイベントへご来場のお客様、誠にありがとうございました。

①12:00~13:00 Flower Pop Muffins meets渡辺直子(ギター、オルガン/ピアノ、ヴォーカル)

e0135219_17353474.jpg
e0135219_17370901.jpg


②14:00~15:00 長沢好宏とStormy Weather(ピアノ、ベース、ドラム、サックス)
e0135219_17381795.jpg
e0135219_17410865.jpg


[PR]

by hoppo_bunka | 2017-07-14 17:59 | 本館のイベント | Comments(0)

ピアノ「アポロ」登場 7/9ジャズストリート・プレ公演

みなさんこんにちは~
北方文化博物館のブログ担当こでまりです。
いよいよ日曜(7/9)に迫った新潟ジャズストリートプレイベントで使用するピアノ「アポロ」についてご紹介します。

>>>

新潟ジャズストリートプレイベント
<北方文化博物館 屋根裏ギャラリー>
ピアノのご紹介

このたび新潟ジャズストリートプレイベントで使用するピアノは、東洋ピアノのアップライトピアノ「Apollo」です。ブランド名のアポロは「音楽の神」の意味です。東洋ピアノが開発した独自の技術により、グランドピアノに近いタッチや響きのピアノです。
***
北方文化博物館屋根裏ギャラリーのアポロは、栃尾市出身の画家富川潤一氏から寄贈していただいたものです。声楽家であった彼の妻が生前使用していたものを、彼女が亡くなった後、富川氏の友人であった故八代伊藤文吉が譲り受けました。
屋根裏ギャラリーは、豪農伊藤家の蔵のひとつ門土蔵(もんどぞう)を改修し、若い芸術家の作品発表の場として昭和62年(1987)年にオープンしました。入口に掲げられたギャラリーの看板は、書家でもあった富川氏が書いたものです。
オープンして間もない頃にいただいたアポロは、時々、催しもので使われることはありましたが、目立って活躍の機会はありませんでした。
***
大変古く、はっきりとした製造年は特定できませんが、昭和30年代のピアノと思われ、優雅なカーブの猫足や、象牙の鍵盤など、かなり高価なピアノだったと考えられます。
象牙は汗を吸い取りやすく、鍵盤の表面が黄色くなりやすいのですが、現在一般的な樹脂鍵盤の表面に比べ、大変滑らかな手触りが特徴です。
また、ピアノ内部の使用木材をはじめ、音を止めるためのフェルトも古くなっており、新しいピアノのみずみずしくすっきりとした音とは対照的に、老熟した味わい深い音を響かせます。ジャズの響きにのせて、アポロのもつ独特な音色をぜひお楽しみ下さい。

>>>

本日~今年も弦が切れることなく無事に調律を終えました。
新潟ジャズストリートプレイベントは今週日曜日。ぜひご来場下さいませ。
期日 7/9(日)
①12:00~13:00 Flower Pop Muffins meets渡辺直子(ギター、オルガン/ピアノ、ヴォーカル)
②14:00~15:00 長沢好宏とStormy Weather(ピアノ、ベース、ドラム、サックス)
料金 入場料500円(館内見学可)小・中学生は無料

e0135219_16283526.jpg

e0135219_16284627.jpg

e0135219_1629182.jpg

[PR]

by hoppo_bunka | 2017-07-03 16:46 | 本館のイベント | Comments(0)

北方文化博物館 藤とその後

豪農の館伊藤邸―北方文化博物館の五月は「藤」。
今年も本当に大勢のお客様に樹齢約150年の大藤棚をご覧いただきました。
花の色や大きさも年によってわずかずつ異なるようです。今年は少し小ぶりかなという声も聞かれました。また見頃はおおよそ十日間前後ですが期間後半の気温がやや低かったため「花がよく持った」という印象を持ちました。毎年ご覧下さっている方も、今年初めてお越し下さった方も、ご来館誠にありがとうございました。

大藤棚は年が明けてひと段落すると、庭園を世話する(だけではありませんが)部署「作事(さくじ)」による棚の修繕や枝詰め作業などが進められます。約八十畳にも広がる藤棚からひとつひとつの房先が一面平行に下がるよう調整されます。見事揃った房先を眺めると、さながら女性の切り揃った髪の美しさのように感じます(私だけでしょうか)。
一年間の手入れを経て満を持して開花する藤を毎年のことながら職員は固唾(かたず)をのんで見守ります。

さてこの大藤棚のある場所は伊藤邸にとっては少し気を許す中庭のような空間です。今年のライトアップでは伊藤邸正面の「大門」から皆様をお迎えさせていただきました。お越しいただいた方の中には大門から藤棚エリアへ入る前にもうひとつ小さな門をくぐったのを覚えていらっしゃる方もいるのではないでしょうか。ざっくりと区別するとこの門までが少し緊張する表(公)の空間。門をくぐるとふっと気のおける裏(私)の空間です。この門についてだけなく、今年の藤シーズンは「伊藤家とは伊藤邸とはその魅力とは」についてのご案内に力を入れました。幸いにもお客様からのお声掛けやアンケートでの回答などには「藤を見に来たけれど藤以外の見どころにも関心を持った」という反応が見受けられました。皆様の中に新しい発見による楽しさ・嬉しさがあったのなら幸いです。

今後も、お客様が心地よく、興味深く過ごしていただける場所を目指して参ります。

e0135219_20493231.jpg

e0135219_20494625.jpg
e0135219_20502288.jpg
e0135219_20503614.jpg
e0135219_20504448.jpg

e0135219_21213273.jpg

e0135219_21214369.jpg

e0135219_2051161.jpg
e0135219_20512687.jpg
e0135219_20514919.jpg

[PR]

by hoppo_bunka | 2017-05-31 21:22 | 本館のイベント | Comments(0)