カテゴリ:本館・その他( 119 )

庭のこと(本館ブログ11月号)

正門前のニシキギ、古民家が囲む八重桜の並木、三楽亭奥のモミジ、藤棚脇の大イチョウ、大玄関前のドウダンツツジ、銅門(あかもん)とそこから続く塀沿いのモミジと、10月中旬から11月下旬にかけて次々と染め上がっていく秋の伊藤邸。そこに生活する人とそこを訪れる人が楽しめるよう、いつも邸内のどこかに盛りの花木がある―伊藤邸に関わらず公開されている邸宅庭園の楽しさの一つだと思います。
さて、話は伊藤邸に戻り、皆さんに最もよく知られている大広間から眺めるあの池泉回遊式庭園は邸内の他の庭とは一線を画すと言わざるを得ません。楽しむというより対峙するという表現がふさわしいのではないでしょうか。
今年の秋も大勢のお客様がご来館下さいました。11月23日~26日の4日間行った紅葉ライトアップでは足元の悪い中にも関わらず、仕事帰りに立ち寄って下さったお客様もいらっしゃいました。ご来場の皆様、誠にありがとうございました。また各日20分ずつというわずかな時間で
すが、庭園の一部と茶室の一部を公開し(建物保護の観点からこのたび入室はご遠慮いただきました)、普段の説明では語れないこの庭の成り立ちや見どころをご紹介致しました。ここではその一部分、少し補足も含めてご紹介したいと思います。

この庭は7代文吉ー北方文化博物館の初代館長になるわけですが―の依頼により、昭和31(1956)年~33(1958)年※1 にかけて、庭匠田中泰阿弥(たなか たいあみ)が作庭しました。(※1すでに昭和28年から新発田市にある同財団で管理する清水園の庭園修復にかかっていたこともあり、伊藤邸の作庭準備を並行して進められていたとも考えられます。)
5代文吉(天保14(1843)年~明治24(1891)年)時代に建てられた大広間ですが、当時の庭は大地主の風格を漂わせるもまだ池のない平庭でした。この邸宅によりふさわしい庭が必要と考えた7代文吉は、昭和7(1932)年~8(1933)年、新潟県柏崎市(旧高柳町)にある庭「貞観園(ていかんえん)」の修復を行っていた庭師田中泰次(たなか たいじ)※2 を紹介され、この人物に新発田清水園の庭園修復と、沢海伊藤邸の庭園作庭を依頼します。(※2 のちの田中泰阿弥。)貞観園は大庄屋村山家の庭園で、村山家は7代文吉によって母・真砂(まさご/まさ)の実家でもありました。一方、田中泰次は新潟県柏崎市(旧刈羽郡中鯖石村)に生まれ、庭師であった兄・米作(よねさく)について仕事を手伝った後、京都へ出て、名だたる庭師に弟子入りし修行を積みました。京都では庭だけでなく、茶、書、謡曲、俳句などをどれも深く学び、特に茶の湯に関しては庭の仕事と並び立つほどに道を極めました。新潟や京都の古い庭に接して得た言わば「庭を読む目」、また茶の湯を通して得た建築(茶室)と庭の関係性への理解などは、泰阿弥の作庭に大きな影響を与えるものだったと考えられます。そして昭和4(1929)年および6(1931)年。まだ30代初めにして、それぞれ「洗月泉」および「相君泉」いずれも銀閣寺庭園の埋もれていた石組みを発見、発掘、修復したことで全国に名を知られ、当時庭園学者として最も権威のあった龍居松之助(たつい まつのすけ)の知遇を得、その後、龍居の紹介で各地の寺院や指定庭園の修復を頼まれるようになった「天才」と呼ばれる庭匠です。昭和26(1951)年、新潟県関川村の渡邉邸の庭園修復を終え、その庭の国指定調査に来た文化財専門保護委員の田山方南(たやま ほうなん)によって、庭の道に生きる姿勢から「泰阿弥」と名乗ることを勧められ、その名は今日に至っています。

沢海伊藤邸の作庭に関しては、経済的な面から伊藤家内部から反対もあったと言われ、また戦争という時勢を背景に、人手や資金も苦しかったとみられ、貞観園での出会いから作庭開始までには約20年を費やしています。その間、揺るぐことのなかった7代文吉の泰阿弥への期待は、いつしか信頼へと変化していったと想像します。銀閣寺での一連の功績をはじめすでに認められている仕事の数々だけでなく、戦争を境にうねるように変化していく日本を舞台に、郷里を同じ新潟に持ち、同じ時代を生き抜いていこうとする者どうしの仲間意識のようなものが互いの中に芽生えていたのではないかと思います。7代伊藤文吉―明治29年生まれ、田中泰阿弥―明治31年生まれ、さらには田山方南ー明治36年生まれ。急速に失われつつある日本の文化を残す舞台で生きる者どうし、同志としての信頼感が築かれていったように思われます。それは泰阿弥が兄・米作に宛てた作庭にふれる書簡(庭石の買い集めや運搬について等)での折々や、庭園完成を目前に急逝した7代文吉に対する泰阿弥の心中を想って田山方南が泰阿弥へ送った書簡からも伺い知ることができます。

初心を曲げず、田中泰阿弥に作庭を託した7代文吉のその判断は、結果として今誰もが胸を張って正しかったと言えるものです。伊藤家の遺構保存活用を担う北方文化博物館にとってなくてはならない究極の財産です。そして作庭の背景を知ることが伊藤家の歴史を知るための手がかりともなる大切な博物館資料です。この庭は田中泰阿弥という庭師の代表的大作のひとつとして現在に残り、全国海外から訪れる人々を前にして今もなおいっそう堂々とした居ずまいを見せ続けています。作庭に関わった人々を想うと、この庭は対峙した者の心の中にこそ日本人が備え持つ美しさを湧き起こさせる、そんな庭であるような気がします。

具体的な庭園の見どころ(築山、滝組、州浜、池といった構成要素、各茶室とその周囲の庭、池泉回遊式の中で据えられた石、灯籠等々…)についてはまたあらためて機会にご紹介したいと思います!

七代伊藤文吉 明治29(1896)~昭和33(1958)年
田中 泰阿弥 明治31(1898)~昭和53(1978)年
田山 方南  明治36(1903)~昭和55(1980)年

参考文献: 豪農の館―地主七代ー 角田夏夫(財団法人北方文化博物館)
      孤高の庭匠 田中泰阿弥 (田中泰阿弥研究会)

e0135219_20461395.jpg

本館ブログ担当/こでまり


[PR]

by hoppo_bunka | 2017-12-19 20:46 | 本館・その他 | Comments(0)

おみやげ処より(本館ブログ9月号)

本館のブログ担当こでまりです。

清水園では蕎麦の会があるんですね。おいしそうです。涼しくなってくるとお腹が減りますね。

さて前回の「阿賀野川」についてから随分間が開いてしまい、秋らしさがちらほら感じられる季節となりました。秋といえば読書。奇しくも今日は北方文化博物館のおみやげ処より本のご紹介です。


北方文化博物館のおみやげ処では、地酒をはじめ新潟ならではの食品や工芸品を取り扱っています。家族や友人へ旅のおみやげを選んでいただけるのはもちろんのこと、県内・市内といったお近くからご来館下さった方が、自分のためにお気に入りを選んでお買い求めいただけるのもうれしいことです。今日はそんなおみやげ処からのお話ですが、一般的なお勧め紹介からは少し離れてしまいますことを予めご了承下さい。少し長くなりますが最後までお付き合いいただければ幸いです。

*************************************************************


先日来館した知人が「これ面白そう」と手に取って購入していった本があります。Bricole(ブリコール)※企画・発行の『MADO+BOOKS 目門(まど)ブックス001 うつろうもの のこるもの』と題された本です。いぶし銀のように黒光りするモノクロ写真の表紙には、古く大きな茅葺屋根を背景に、手書き原稿のようにペン字で書かれた「うつろうもの のこるもの」の題字。新刊なのに古書を手に取ったような質感があります。開くと大小織り込まれたモノクロ写真の数々。川や舟や畑や家屋とそこで生活しているであろう人たちの日常の姿が飛び込んできます。(これはいったいいつのどこの写真だろう?)そんな疑問が湧いてきます。


本の内容は主に二つの柱で構成されています。ひとつはこの本の企画者であるブリコールの桾沢厚子さんが2014年に行った写真家・郷土研究家である斉藤文夫さんへのインタビュー原稿です。斉藤さんは後に師匠となる石山与五栄門(元巻郷土資料館長)さんと出会い、民俗学的な視点で撮影する地域の人々の暮らしや歴史に深く触れ、それらをよく見極めて撮ることの意義や面白さを教わります。本誌にも掲載のある写真は、1974年に廃村となった角海浜(西蒲区)を写した『角海浜物語―消えた村の記憶』(和納の窓叢書)の写真です。これらの写真には、地理的または社会的要因によって廃村へと向かいながら大らかに暮らしを営む老人たちを、敬い見つめる斉藤さんの温かなまなざしが色濃く表れています。新潟市西蒲区(旧巻町)出身の斉藤さんは、現在、西蒲区福井の旧庄屋佐藤家の保存のため”囲炉裏の火焚きじいさん”として、ご自身と出会った人たちそれぞれの生き方を次の世代へ伝える存在です。


もうひとつは、映画『阿賀に生きる』(1992年、監督 佐藤真)の制作スタッフと、斉藤さん、桾沢さんらを交えた”いろり座談会”「角海と阿賀に生きた人々」なるトークイベント(2014年開催)の書き起こし原稿です。知る人も多い映画『阿賀に生きる』は、新潟水俣病という公害の被害者である人々の暮らしを撮影したドキュメンタリーですが、そこに映し出されるのは、公害の運び手となってしまった阿賀野川に寄り添い、新潟水俣病を懐に抱きながら鮮やかに軽やかに生き切る老人たちの姿です。『角海浜物語』と『阿賀に生きる』に現れる人々についてやりとりされるトークからは、撮影を通して向き合った老人たちから引き継いだ生き方が、制作スタッフ一人ひとりの中にそれぞれ反映されているように思いました。


この本に対して得られる好感は、内容の手ごたえからだけではありません。ただでさえ文字数の多くなる話し言葉の書き起こし原稿を少しでも読みやすいようにと工夫されたであろう段組み。思わず苦笑してしまうほど多い丁寧な注の数々。そこには編者の「伝えたい」心の温度が感じられます。私は編者の一人、桾沢厚子さんのあとがきにある言葉が印象に残っています。・・・東京から新潟へ移ったものの心の置き場は東京にあると思っていた自分にとって、目に飛び込んできた『角海浜物語』や『阿賀に生きる』は”「新しかった」のだ。”という一言。そしてインタビューや座談会を行ったのは衝動的な行動だったと述べています。・・・


私たちが今後どのような社会を作り上げていこうか(あるいは作り上げていくべきか)考えたとき、先を生きた人たちの生き様・価値観・あるいは失敗を知り、一体自分がそのどこに心を動かされているのかを探ってみるのもよいと思います。民俗学とは過去を知るためだけのものではなく、むしろこれからどう生きるかのヒントを発掘し、未来へ伝えるための研究ではないかと思います。桾沢さんの感じた、かつての角海や阿賀の中の「新しさ」が形となったこの本には、民俗学の新しい担い手の出現を手助けする役目があるように思います。深く深く過去をさかのぼるほど、ふいに見えてくる進むべき道。それは古いけれども新しくはっきりと見据えることができる道です。それはおそらく「ただ生きるために、どう生きるか」という素朴な疑問への答えではないかと思っています。もしそんな問いを持っている人がいたらぜひこの本を手に取ってもらえたらと思います。きっと先を生きた人たちの積み重ねてきた年月に支えられ、迷うことなく向かう先が見えてくることでしょう。


おみやげ処で一冊、一冊とゆっくり減っていく本の売り棚を眺めるたびに、読んだ感想を携えてまたご来館下さるお客様とお会いできたらいいと思っています。


このたびもつたない文章を最後までお読みいただき誠にありがとうございました。


※Bricole(桾沢和典・桾沢厚子)さんは、地域に残るあたりまえの生活・文化・歴史をあらためて理解し、新しい価値として組みなおすことで、その継承と新たなコミュニティづくりに寄与することを目指し、ワークショップやシンポジウムといった形を中心に積極的に活動されています。


e0135219_18531809.jpg

(本館 ブログ担当:こでまり)



[PR]

by hoppo_bunka | 2017-09-06 19:17 | 本館・その他 | Comments(0)

6月25日(日)10時「沢海まちあるき」開催!館内ではトラフズクが見れるかも…。

開催日がもうじきに迫った内容ですが、来る6月25日(日)10時スタートで「沢海まちあるき」が開催されます(主催:みるみる沢海まちあるきガイド)。
これに参加すると、まちあるき前後に博物館をご見学したい方は入館料が800円→500円になるというお得なサービスがついています。

e0135219_11541133.jpg

現在の北方文化博物館ですが、まだハスの花は咲いておらず、蕾が出てきた状態です。昨年は既に多くの花が咲いていたんですが・・。

e0135219_11562983.jpg

e0135219_11562530.jpg

代わりに、花菖蒲がたいへん見頃です。写真のように博物館の作事さんたち(写真は小池さん)が萎んだ花を取り除いていますので、綺麗な写真をお撮りいただけると思います。

e0135219_11543298.jpg

そして・・・運がよければ・・このハス池の周りでトラフズクの一家6羽が枝にとまってのんびりしている様子をご覧いただけるかもしれません。。

e0135219_11535038.jpg
e0135219_11544808.jpg
e0135219_11565939.jpg

沢海まちあるき
6月25日(日)10時開催(12時帰還)
参加費:500円
お申し込みは、北方文化博物館までご連絡下さい!
TEL 025-385-2001


[PR]

by hoppo_bunka | 2017-06-22 12:07 | 本館・その他 | Comments(0)

楽しい書初め体験!~清水園&北方博物館

【楽しい書道体験~書初め~ 】e0135219_13282274.jpg
日本の伝統文化“書初め体験”をして、新たな気持ちで新年を迎えましょう。
北方文化博物館と清水園の二か所でそれぞれ行います。

内容:博物館職員(師範資格有)がお手伝いしながら作品を完成させます。学校の宿題課題を書いてもOK。2枚完成させて一つはお持ち帰り、一つは、北方文化博物館と清水園にてそれぞれ展示いたします。

北方文化博物館の回では、書初め終了後に学芸員による『巻菱湖 書展』(館内で開催中)の展示解説会があります。
e0135219_13284924.jpg
①北方文化博物館(新潟市江南区)
◇日時 2017年1月4日(水)10:00~12:00(11:30~館内展示解説会)
◇場所 カルチャーホールふくろう
◇参加費 大人(高校生以上)1,000円、小人500円 ※入館料含む
◇持ち物 書道具、新聞紙1日分(書いた作品を並べる用)
◇定員 15名  〆切1月2日
◆要申込み→北方文化博物館 025-385-2001 
e0135219_132981.jpg
②清水園(新発田市)
◇日時 2017年1月5日(木)13:00~14:30
◇場所 清水園(書院)
◇参加費 大人(高校生以上)900円、小人400円 ※入園料含む
◇持ち物 書道具、新聞紙1日分(書いた作品を並べる用)
◇定員 15名  〆切1月2日
◆要申込み→清水園 0254-22-2659 
[PR]

by hoppo_bunka | 2016-12-12 13:52 | 本館・その他 | Comments(0)

9/3 日枝神社秋季祭礼と北方文化博物館と沢海まち歩き

 e0135219_12403418.jpg
北方文化博物館の隣にあります日枝神社の秋季大祭が始まります。
9月3日(土)が「宵宮」、4日(日)が「祭り」の二日間です。
祭りの様子で伊藤家が村の中で重要な位置を占めていたことがよくわかります。

3日午後1時頃には神輿の露払いである沢海若衆連による「神楽」が博物館の中にやってきます(その後、若衆連の神輿も到着)。神楽で舞われる剣の舞「四つ切り舞」の優雅さをどうぞご覧ください。沢海は城下町ゆえか方言が綺麗と言われますが、このときの木遣りも非常に心地よいメロディーです。

同じく3日午後3時30分頃、いよいよ神様を乗せた「御神輿」がやはり伊藤邸内へやってきます。このときは大門をあけてお迎えし、伊藤文吉が悪魔祓いをうける風景が見られます。この御神輿は江戸時代、沢海を治めていた旗本・小浜氏から賜ったものとされ、非常~~に重いんです。夜これを男たちが担いで声を出し練り歩く躍動感は普段みられない沢海地区の雄々しさをみつけられます。

尚、3日(土)は、午前10時から「沢海まちあるき」も開催します!これに参加した方は、
【入館料が500円になる】特別サービスがあります。(まち歩き参加費は別途500円がかかります)
まち歩きに参加していただき、お昼を食べたのち博物館(伊藤邸内)と神楽を楽しむひとときはいかがですか!沢海の文化を1日満喫できます。
まち歩きのお申し込みは博物館までお電話を(025-385-2001)。

下記の日程をご覧いただきどうぞお越しください。

9月3日(土)宵宮 子供みこし  午前9時出発
            若衆連神楽 午後1時頃伊藤邸到着
            若衆連神輿 午後1時30分出発
            神事~    午後3時
            御神輿巡行 午後3時30分出発
            宮登り    午後9時予定

9月4日(日)祭り  宮登り    午後3時
            盆踊り大会 午後7時~10時迄

※時間は当日の状況により変わる場合があります。
e0135219_12413154.jpg

[PR]

by hoppo_bunka | 2016-08-17 12:42 | 本館・その他 | Comments(0)

探険シートはじめました

お盆休み等、子どもさんと一緒にお越しの際は、ぜひやってみて下さい。
e0135219_1345234.jpg


全部記入できたら、ちょっとしたプレゼントもあります。

まだ<たてもの編>しかありませんので、こっそりお知らせします。

夏の北方文化博物館、皆様のご来館をお待ちしております。
[PR]

by hoppo_bunka | 2016-08-12 13:53 | 本館・その他 | Comments(0)

~ 水郷の花嫁さん ~

第3回 「水郷の花嫁さんは船で行く」写真コンテスト
(主催:横越地区コミュニティ協議会)の会場のひとつとして
北方文化博物館へ、人力車でやってきた花嫁さん❀

e0135219_13301787.jpg


カメラマンさんの多さにびっくりです!

e0135219_13365819.jpg



花婿さん花嫁さん、どうぞ末永くお幸せに☆

e0135219_13374814.jpg






本館/さっちゃん
[PR]

by hoppo_bunka | 2016-06-05 13:38 | 本館・その他 | Comments(0)

サンデー毎日5.29号に掲載されました。

ウルトラセブンが印象的な、5月29日号の「サンデー毎日」。その巻末のグラビアページにて、「米王国新潟で味わう豪農のおもてなし料理」が特集されています。特に、当館のお宿、大呂菴でふるまう料理や地主時代からの食器が冒頭にて鮮やかに掲載されておりますので、書店などにてご覧ください。館内の説明文をはじめ、学芸員・佐藤に案内されるような構成もみどころです。
大呂菴の他には、渡邉邸・東桂苑(関川村)、欅苑(南魚沼市)、あるいは新潟市内の各お鮨屋さんで食べられる「新潟すし三昧『極み』」(せかい鮨)や話題のお米・新之助が紹介されています。
e0135219_1451519.jpg

[PR]

by hoppo_bunka | 2016-05-23 14:52 | 本館・その他 | Comments(0)

おすすめ

屋根裏ギャラリーの「ミャンマー展」は 5/22(日)までです

ミャンマー素材を日本デザインでお届けしています
お客様に人気のあるグッズをお聞きしました

かがまなくてもすっと使える長さの靴べら 
黒っぽいのは鉄刀木(たがやさん)、白っぽいのは紫檀(したん)でできています
e0135219_153924.jpg


フェイスマッサージ、手のひら指圧、ツボ押し などに使える 可愛いサイズの健康グッズ
三点セットもあります
e0135219_15391416.jpg


右に飾られているのが、神秘的な女性の体をモチーフにした、実は孫の手
長年、人気の商品だそうです
e0135219_15392683.jpg


e0135219_15394795.jpg

e0135219_15435833.jpg

e0135219_1544128.jpg



さて、博物館の売店では 季節限定の「藤饅頭」が残りわずかとなっています
今日のような暑い日は、冷たいお茶と一緒に食べたら美味しそうです
e0135219_1549547.jpg

e0135219_1550669.jpg

e0135219_15501881.jpg


またこれからの季節にぴったりの爽やかなお菓子「三楽」も登場しています
e0135219_15503679.jpg


砂糖、寒天、卵白でできた淡雪かん
一箱に 柚子、紫蘇、胡麻 の3種類の味が入っています
e0135219_15505545.jpg

ぜひお試しくださいませ!
[PR]

by hoppo_bunka | 2016-05-15 15:57 | 本館・その他 | Comments(0)

4/6 大榮寺の桜、いまが見頃です!

博物館わきの参道をお散歩したことありますか?
そのみちは、曹洞宗の修行寺「大榮寺」さんへと延びています。
ここは老木の桜が、いい味わいなのです。

大榮寺さんは中も見学させてくれるので、博物館の見学とともにどうぞ!
4月10(日)の沢海まちあるきでもここを通ります!

e0135219_14421453.jpg
e0135219_14425192.jpg

e0135219_14441482.jpg
e0135219_14444390.jpg
e0135219_14451938.jpg

[PR]

by hoppo_bunka | 2016-04-06 14:46 | 本館・その他 | Comments(0)