人気ブログランキング |

<   2019年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

清水園の鯉

9月も半ばを過ぎて、徐々に秋の気配を感じるようになりました。
日没の早くなったこと!
清水園の池の鯉達も涼しくなってきたことを感じているのでしょうか?

M様からの、貴重な鯉の写真を頂きました。
e0135219_14212904.jpg


e0135219_14121653.jpg



e0135219_14130488.jpg


e0135219_14144410.jpg


e0135219_14155318.jpg
動いているものを撮るのは、なかなか難しいです。
鯉もタイミング良く、良い場所に居たのか? M様に撮ってもらいたっかたのか?
う~ん、じっと待ってシャッターチャンス!!だったのでは、と思います。
M様、有難うございました。

清水園/わっか

by hoppo_bunka | 2019-09-21 14:32 | 清水園 | Comments(0)

竹あかり花あかり 新潟分館庭園ライトアップ

【新潟 竹あかり花あかり(夜間特別開館)】

新潟のお屋敷町を代表する2つの庭園にて今年も2日間の夜間特別開館を行います。今年は9月開催です!近隣施設でも関連企画がございます。ぜひあわせてお立ち寄り下さい。


◆夜間特別開館
日時 令和元年 9月14日(土)、15(日)18時30分~21時
会場 北方文化博物館新潟分館、旧齋藤家別邸、ほか
料金 2館共通入館券1,000円(小・中学生300円)

※入館券は両施設受付にて当日販売 ※蝋燭協力金含む ※当日限り有効
e0135219_17221696.jpg

◆新潟分館の催し

□光の庭園Art by アナログ
 今年は新潟のクラブシーンでプレイするDJ選曲の音楽とともに。
□book bar 鹿鳴(ろくめい) Bar Book Box
 會津八一「鹿鳴集」の歌を季節のカクテルとともに。
□竹花茶席(9/14…18:30~20:30、9/15…19:30~20:30)
 茶室「清行庵」にて本格的なお茶体験。丸屋本店の限定茶菓子にて。
□郷土芸能live(9/14のみ 20:00~)
十五夜の室礼 お話―ススキのお福分け―(9/15のみ 19:00~)
e0135219_17221020.jpg

◆お問い合わせ・注意事項

〇北方文化博物館新潟分館 新潟市中央区南浜通2番町562 ℡025-222-2262
〇旧齋藤家別邸 新潟市中央区西大畑町576番地 ℡025-210-8350
・旧斎藤家では13(金)もプレイベントを開催!

※園内は大変暗いため、懐中電灯をご持参下さい。
※館内、園内の段差には十分お気を付けください。
※公演中や悪天候の場合、園内散策をご遠慮いただく場合がございます。
※公共交通機関でお越し下さい。


☆関連イベント開催施設☆
砂丘館、NSG美術館、新潟大学旭町学術資料展示館、ゆいぽーと、ホテルイタリア軒 割烹蛍

by hoppo_bunka | 2019-09-11 17:24 | 新潟分館 | Comments(0)

第11回横越でんでん祭り まもなく

【第11回横越でんでん祭り】

9月8日(日)11:45スタート 西門広場特設ステージにて開催!

地域に伝わる神楽の舞い比べ

稲作文化から生まれた「でんでん祭り」

越後随一の大地主 伊藤邸 「北方文化博物館」で開催

e0135219_18172880.jpg

子どもたちに伝えたい、地域に根ざした郷土芸能。

 古いものは約250年前から、横越地区(新潟市江南区)では五穀豊穣などを祈る「神楽」が、それぞれの集落で受け継がれてきました。

 米王国・新潟らしいこの貴重な伝統芸能を、地域の子どもたちや若い担い手に伝え、その背景にある物語とともに未来へ残していきたい。そんな想いから横越でんでん祭り実行委員会がスタートした「でんでん祭り」を、米文化の象徴でもある豪農の館・北方文化博物館で2019年9月8日(日)に開催します。

獅子頭をかぶった神楽衆のほか、佐渡島の鬼太鼓も登場。

 「でんでん」という名前の由来は、「田」から生まれた文化と食を「伝」えたいという想いから。横越地区の神楽舞が奉納されるのは、春と秋に各集落で行われる祭礼のみですが、当イベントは年に1度だけ、実りの秋を迎え、各集落に伝わる神楽が集結して競演する珍しい催しです。

 今年は、5つの神楽が登場。獅子頭をかぶったその出で立ち、舞い手の人数、歌などはすべて異なり、お囃子に合わせた躍動的な演舞は迫力満点。神事としてはもちろん、芸能としての面白みにも溢れています。

また今回はゲスト出演枠を設定。初めてのゲストは佐渡島の鬼太鼓 春日鬼組が出演します。民俗芸能が多彩な佐渡島の暮らしと芸能の世界観や舞い手たちのパワーとともに、新潟の田んぼから生まれたユニークで豊かな文化を、この機会にご家族でご鑑賞ください。


■ 「第11回 横越でんでん祭り」

日時 2019年9月8日(日) 11:45〜

場所 北方文化博物館 西門広場特設ステージ

内容 横越5地区に伝わる個性豊かな神楽舞を順次披露(12:00〜)

神楽衆と触れ合える写真撮影会もあります

地元特産品など「食文化」も楽しめる「よこごし旬物語」開催ほか

観覧料 無料(北方文化博物館の施設見学には入館料がかかります)

※当日は亀田駅東口、荻川駅前〜北方文化博物館を結ぶ無料送迎バスを運行

〈 バス時刻については、博物館へお問合せ下さい。☎025-385-2001 〉

■ 横越に伝わる五つの神楽と佐渡の鬼太鼓の紹介

五穀豊穣祈願や厄災除けのために行われる神楽舞。今回は雄と雌が舞う横越東町の神楽、茄子や南瓜やヒエなどの食材で毎年獅子頭を手づくりする木津の神楽、神楽に噛んでもらうことで子どもたちの健康を願う小杉の神楽、豊作の喜びを全身で表現する横越上町の神楽、神楽と天狗の闘いを演じる横越新田の神楽という五つの保存会が登場します。

佐度の春日鬼組は舞が荒々しく、様々なリズムの太鼓を力強く鳴らし鬼太鼓の神秘性に触れることができます。

■ 上記に関するお問い合わせ

北方文化博物館

 担当:馬場 TEL:025-385-2001 

e0135219_18172880.jpg
e0135219_18171632.jpg


by hoppo_bunka | 2019-09-05 18:23 | 本館のイベント | Comments(0)