人気ブログランキング | 話題のタグを見る

いつからでも

いつからでも_e0135219_16194122.jpg
 新潟分館にお雛様を見に行きました。本館の享保雛と比べると、とても小さなお雛様ですが、お部屋の雰囲気にしっくり馴染み、良い物は何年経っても良いと実感させられるお雛様です。そこに込められている職人さんの真心が伝わってくるのだと思います。
 仕事というのは、何年か後であっても、携わった人となりが現れるものだと思います。すぐに良さが現れるものと、時間を経て現れるものとの違いはあるけれど。
 真心のこもったものは、受け取る人にちゃんと伝わっていく。大切にしていきたいと思いました。それと同時に、自分も心のこもった仕事をしていきたいと思いました。

 二階には、歌碑についての会津八一と田中泰阿弥のやりとりも展示されていました。八一の「文字行間のあきは絶対に原稿の通りにすること」という朱書きを見て、作品の中の文字、行間、余白などをもっと気を付けて見なければいけないのだと気づかされました。
 そうした目で清水園のお庭にある田中泰阿弥の歌碑を見に行きました。観点を与えられて見るのと、何も考えずに見るのとでは、見方が変わってくることを実感しました。もっと、もっと、多くのことを学びたい、書も、石も、木も、お茶も、建物も、そして歴史も。

 人がお金を払って見に来て下さる価値のあるものに囲まれて働いているこの幸せに対して、今の自分はあまりに知識が乏し過ぎます。勉強しなくてはいけないな、もったいなさすぎる、こんなにたくさんの価値あるものに接する機会に恵まれているのだから、と思いました。ぐんぐん吸収できる年齢からは遠のいてしまったけれど、少しずつ学んでお客様に素晴らしさをお伝えできるようになりたいと思います。

 私が趣味で入っているサークルで出会う年輩の方には、こんな風に生きていきたいと思わせられる意欲的な生き方をなさっている方が、たくさんいらっしゃいます。まさに人生のエキスパートです。見ていると、やりたいと思ったら、もう遅いなんてことはないんだって勇気づけられます。
 毎日見ているNHKの朝ドラの影響で、中学1年生の時に挫折した中学生の基礎英語を毎朝聞くようになりました。学歴を返上しなければならないと感じるくらい、今の私には難しい単語ばかりで、これは本当に中学生の基礎なのかと疑ってしまうのですが、幸せなことに挫折せず30分聞くことが続いています。
 どうして、あの頃、英語を真剣に学ぼうと思わなかったのか、と思ったけれど、その頃はその頃で他の事で精一杯だったはずです。
 書道もまた習いたいなぁ、お茶も、ピアノも、、、。でも、まずは石と木から始めたい。

 これから人生をしまっていく方に向かっていくのに、清水園にいると、心惹きつけるものが、どんどん世界を拡げていきます。建物もお庭も静かにそこに在るだけなのに、触れてしまったら、中を覗かずにはいられない秘密の扉があって、不意に開くと全く違った世界が見えてくる。
いつからでも_e0135219_16253814.jpg
 ここにも扉がひとつ。先に来て寛いでいらっしゃるお客様がいらしたので、回り道をしました。宝物いっぱいのお庭は、生き物と人の手によって作られたものの美しさで満ち溢れています。

いつからでも_e0135219_16332849.jpg
 地震の翌朝、「案ずるな、ここは大丈夫」とお声がけをいただきました。
皆さまにお伝えしたいことが、今日も起こるお庭です。

清水園/ひろ
 

 


# by hoppo_bunka | 2022-03-17 17:09 | 清水園 | Comments(0)

清水園 書院のお雛様

今日は曇り空で時々雨が降り、庭園の静けさが際立つように感じられます。

ひっそりとした書院では、飾られているお雛様たちの話し声が聞こえてきそうな…

清水園 書院のお雛様_e0135219_13511603.jpg

華やかな雛段飾りの展示は、4/2(土)までとなっています。

清水園 書院のお雛様_e0135219_13510232.jpg

まだまだ風が冷たく感じられます。
ご来園の際はどうか暖かな装いで。足元もしっかり防寒!をおすすめいたします。
清水園 書院のお雛様_e0135219_13504841.jpg

清水園/さっちゃん



# by hoppo_bunka | 2022-03-15 13:52 | 清水園 | Comments(0)

清水園 セミナー・ワークショップのご案内

「日本庭園・茶室のみかたセミナー」ならびに「茶室鑑賞ワークショップ」を以下の日程で行います。
 人数制限がございますので、ご都合と合わせて清水園(℡0254-22-2659)まで事前にお申込みください。

「日本庭園・茶室のみかたセミナー」
 全国の伝統様式をふまえた日本庭園の鑑賞のツボと茶室を味わう
 手順や着眼点を学びます。清水園の非公開茶室5ヶ所も入室しま
 す。

 開催日 4/23(土)5/11(水)6/12(日)7/6(水)
 時間  13:10受付開始 13:30開始 15:45終了 
 定員  各回10名まで(最少開催人数3名)
 参加費 2,500円(入園料を含む)

「茶室鑑賞ワークショップ」(新規開設の講座です)
 清水園の非公開茶室5ヶ所に入室し、各茶室の見どころや使い方
 について参加者各自の感性・経験・知識から意見をシェアしあい
 深く味わいます。※庭園の見方はほとんど扱いませんのでご了承
 ください。

 開催日 4/23(土)5/11(水)6/12(日)7/6(水)
 時間  9:15受付開始 9:30開始 11:30終了 
 定員  各回4名まで(最少開催人数2名)
 参加費 3,000円(入園料を含む)

★両講座に参加する場合の参加費 4,800円
 ※同じ日に開催される両講座を受講する場合のみ可能

清水園 セミナー・ワークショップのご案内_e0135219_14383803.jpg
清水園 セミナー・ワークショップのご案内_e0135219_14473056.jpg


# by hoppo_bunka | 2022-03-09 14:48 | 清水園 | Comments(0)

同じ星の中で

同じ星の中で_e0135219_15513066.jpg
静かな春の昼下がり。
同じ星の中で_e0135219_15530113.jpg
守っているかのように広がるお庭。
同じ星の中で_e0135219_15565064.jpg
お道具一つ一つに作り手の思いが込められているのが伝わってきます。

 美しいものを創り出すのも人。

 北京パラリンピックが始まりました。心震え、胸を熱くさせてくれるのも人。

 同じ地球という星の中で、かたや戦禍に苦しむ人がいます。命を脅かされる今。私たちはつながって生きている。

 昭和20年から今日まで、全て失っていても諦めずに生き抜いた人たちが創り上げた平和な暮らし。

 守り抜かなければならないと思う。私の住んでいる場所が、この美しい清水園が攻撃を受けている。そんな思いで。

 美しいお雛様とお庭を見て、今日は心が苦しくなりました。

写真提供 M様

清水園/ひろ




 

# by hoppo_bunka | 2022-03-05 17:10 | 清水園 | Comments(0)

抱えて生きていく

抱えて生きていく_e0135219_12533138.jpg
 春の日差しが降り注いでいます。
抱えて生きていく_e0135219_12553308.jpg
抱えて生きていく_e0135219_12582830.jpg
 書院にも明日からの「しばた ひなびらき」に備えて六組のお雛様が展示されました。
抱えて生きていく_e0135219_13013349.jpg
 たくさんのお雛様をお迎えして、お庭も明るく春の息吹に満ち溢れています。
美しいお雛様やお庭を眺めていると、心も明るく晴れわたっていきます。今日はこの春の日差しとお雛様に励まされました。

 2日前に三回目のワクチン接種を行いました。覚悟はしていましたが、やはり体の節々が痛み、発熱し、腕も痛くて思う様に動かすことができませんでした。痛み止めを飲んで何とかしのぎました。体を思うように動かせないもどかしさ。髪を結ぶことも着物を着ることもできません。早く良くなりますように、と横たわりながら祈りました。
 ようやく治りかけて思ったのは、このような痛みや不自由さを毎日抱えて生きているお年寄りの偉大さです。誰もがそうなると言われるかもしれないけれど、やはり、すごいことだ、自分は耐えていけるだろうか、と思ってしまいました。

 以前父が膝を痛めたおばあちゃんに注射を打つのを見たことがあります。「痛いかね。」と問いかける父に、そのおばあちゃんは、「痛いことしなさるのぉ。」と静かに答えていました。これくらいの年になると、何もかも受け入れていくしかないんだなぁと、その時思いました。年を取るのは、とっても怖いことに感じました。でも今は、尊敬の気持ちに変わっています。

 痛いことも、うまく動けないもどかしさも、みんな受け入れて生きていくことは、ガタガタの砂利道を走っていく車のタイヤと似ています。障害をバンバン跳ね飛ばし押しのけて進むのではなく、抱え込んで進んで行く。こちらの方が、パンクをせずに、ずっと遠くまで長く走り続けることができます。人生も同じだなぁと思います。

抱えて生きていく_e0135219_14154643.jpg
 清水園のお庭の入り口にある横倒しになりそうなこの木も、樹医さんから、「大丈夫。しっかり生きている。」と言われました。支えてもらい倒れそうに見えながらも、強風や大雪に耐え、今年もまた春を迎えます。
 命ある生き続けるものは、みんな貴い。そう思いました。枝が無かろうと、若木のように瑞々しさが無かろうと。

 困難を受け入れて、失ったものではなく、在るものに目を向けて生きていく。
「ああいう風にはなりたくない」と思っていた姿は、学ぶべき姿でした。

清水園/ひろ
 

# by hoppo_bunka | 2022-02-26 16:47 | 清水園 | Comments(0)