人気ブログランキング | 話題のタグを見る

真似から見えてくるもの

真似から見えてくるもの_e0135219_14444152.jpg
 猛暑で今年は来て下さらないのかな、と思っていたシルバー人材センターの庭木の剪定をして下さる方が、「やっとできそうな天候になったので。」と先日連絡を下さり、剪定していただけることになりました。
 5月に頼んでから5か月近く経ち、その間仕方なく自分で刈り取ったりしていましたので、最後はもう来られないと思って、仕方ない、これくらいなら、さほど見苦しくもないだろう、と思っていました。
 いらした日は勤務日だったので、出かけ間際に「よろしくお願いします。」と言って出たのですが、帰ってきて庭を見たら、見通しが良くなり、すっきりとして、たいへん美しく整って見えました。全く違う。さすがプロ、と思うと同時に、自分には見えない粗がたくさんあって、それを取り除いてくださったのだと思いました。

 生け花でもそうです。先生が直して下さると、抜群に良くなることはわかるのですが、直される前に美しくないところに気付かない。どうしてわからなかったのだろうと、美しさにたどり着けない自分の目が、とっても残念です。

 木も、花も、プロの方は、その形をじっくりと見て、周りとの間も考慮しながら、そのものが一番美しく見える形状に仕上げることができます。私はまだまだよく見ていないんだなあ、だからそのものの美しさを引き出すことができないんだ、と感じました。

 ものを見る、気付く、ということで特化した方々がいらっしゃいます。「ミミックメーカー」と呼ばれる、バイオミミクリーという科学分野で働く発明家の方々です。
 バイオミミクリーは、生き物の優れた体の構造やしくみを解き明かし、まねをして問題を解決する方法や工程のことです。自然が私たちの先生になるのです。
 絵本『すごい!ミミックメーカー』には生き物をヒントに世界を変えた発明家が10人登場します。彼らはそれぞれ生き物を観察することによって、それをヒントに、例えばヤモリの足から、しっかりとくっつき、剥がしたい時は簡単にはがせるテープを発明し、サメの肌から、抗菌フィルムを、葉脈から光を集積するペラペラの、どこでもつけられる太陽電池を生み出しました。
 この太陽電池を私は以前テレビで見たことがありますが、ソーラーパネルと違ってどこでも設置でき、しかも室内の明かりでも発電可能というたいへん優れたものでした。窓に貼っておけば発電できるのであれば、クリーンエネルギーがどんどん生み出されていくことになり、環境破壊も減少させることができます。

 生き物の世界は太陽の光からエネルギーをもらい、ゴミや有害な化学物質を出さない。だから私たちは自然を観察することで、今の地球温暖化や環境汚染の解決策を探す必要がある、そして、その解決策を生み出す努力を続けている人たちがいる、ということをこの絵本は教えてくれます。

 戦争で都市や自然は破壊され、温暖化による気候変動で、さまざまな場所や生物が危機にさらされている。どんどんおかしくなっていく世の中でも、生き物の一員として、しっかりと自然を見つめている人たちは確かにいて、失敗を恐れず、あきらめず、よりよい世界を創っている。何度も何度も試し、失敗し、でもやり続けた。そこに、これからの世の中を照らし出す、一筋の光が見えた。それを教えてくれる絵本でした。

 清水園もこの夏、たくさんの木々を整えていただきました。私には気付かない、粗を整えてくださる作事の皆さまは、みんな神様の執事のような気がします。その手から生み出される草木の形状は、訪れる方々から喜んでいただける空間を構成しています。
 よく見て、話しかけ、愛おしんで、この美しい環境から私も何かを真似ていきたいと思います。

清水園/ひろ

# by hoppo_bunka | 2023-10-08 17:06 | 清水園 | Comments(0)

旬のものを

旬のものを_e0135219_15315397.jpg
「100-1はゼロ」 先日それをやってしまいました。本館でお客様をご案内していた時のことです。
今までに何度か来館されたことのあるお客様のようでした。ですから私の話は、みんな知っていらっしゃることばかりだったようです。だから、ご自分が知りたいと思われたことを3つ質問されました。
そのどれも私はわからず、お答えすることができませんでした。たぶん、これもわからないの、とがっかりされたと思います。建物のつくりや木や石の種類など、私は勉強不足で十分にお答えすることができませんでした。

 「サービスというのは、100-1が99ではない。100-1はゼロになる。それだけ気が抜けない。」帝国ホテルの元社長である犬丸一郎氏の言葉が浮かんできました。
 勤めてからまだ日が浅いから。マニアックなことまで全て知っているわけではないから。など、グタグタ言い訳も心の中に湧いてきて、愚痴をこぼしたりしてしまいましたが、自分の至らなさは自分が一番身に染みてわかっています。そして、お客様から見れば、勤務年数に関係なく、従業員からは、同質のサービスを受けられるはずですから。

 清水園に来て、木や石に興味が湧いたはずなのに、一通りのことを覚えたら、そこで止まっていました。そして自分の拙い応対のせいで、それまで先輩の方々が築き上げてきたお客様との関係を、ゼロにしてしまったとしたら、お詫びのしようがないと切なくなりました。

 八代文吉館長は、旬のもの、季節の趣や味わいを大切にされました。その心を受け継いだ対応をお客様にしていただろうかと、今回の失敗で反省しました。
 本館も、清水園もリピーターのお客様は大勢いらっしゃいます。一度見たから、もう行かなくてもよい、ではなく、また今年も行ってみようと思い来てくださる方々です。それは、自然というものが、その時々、一瞬にしか味わえない趣をもっているから、今日の命の顔で、お客様をお迎えしているからです。それならば自分も、今日の命の顔で、心で、お迎えしなくては。

 わからないことはお時間をいただいたり、逆にお客様から手がかりを教えていただいて、ゼロにしない努力をしなければならないと思いました。美しいものの宝庫に勤めていながら、上辺だけでわかったつもりになっていたことを思い知らされた今回の出来事でした。
 愛の反対は無関心。関心をもっと、もっと、拡げ深めなくては。

清水園/ひろ

# by hoppo_bunka | 2023-09-18 17:03 | 清水園 | Comments(0)

ピンチはチャンス

ピンチはチャンス_e0135219_11191759.jpg
 
 昨日、ラポルテ五泉に笛田博昭さんのテノールコンサートを聴きに行ってきました。それまで、声楽のコンサートといえば、わざわざお金を出して行くというほどは興味がなく、叔母の島田祐子のコンサートしか行ったことがありませんでした。会場のラポルテ五泉も今回初めて行きました。

 笛田博昭さんは、新潟県出身の声楽家であることは知っていましたが、コンサートに行こうと思ったことはありませんでした。ミスチルやバンプだったら、絶対行きたいと思うけれど、クラシックのコンサートは、そう思えなかったからです。それなのに何故、今回聴きに行こうと思ったのか。それは、「カルチャーにいがた」の彼のインタビュー記事を読んだからです。

ピンチはチャンス_e0135219_11325209.jpg
 清水園の書院や本館のギャラリーには、美術、音楽、講演、イベントなど、様々な催しのポスターやパンフレットがあります。「カルチャーにいがた」もその中にありました。インタビュー記事の中で、笛田さんは、「初めてレオナルド・ダヴィンチの「最後の晩餐」を観た時の感動は忘れられないです。」とおっしゃっていました。私も観たことはありますが、忘れられないほどの感動は覚えなかった。自分が感じ取れないものを感じ取られる方なら、その方が表現し求めていらっしゃるものも、きっと優れているに違いないと思いました。
 主催の五泉市生涯学習課にチケットを問い合わせると、まだ残数があるということでした。偶然何も用が入っていない休日で、3,000円と値段も高くなかったので、聴きに行くことにしました。

 美しく声量のある歌声は素晴らしかったです。でも、ご本人は、何か抑えこらえていらっしゃるようでした。そしてすぐに、1ヶ月前にコロナウィルスに感染し、回復には向かっているが、どうも胸の辺りのゴロゴロした音が出てきてよくない、申し訳ないとおっしゃいました。1部は予定通り全曲歌われましたが、休憩後の2部はプログラムを変更し、アンコールに歌うつもりだった曲を3曲と、プログラム掲載の1曲を歌い上げた後、申し訳ないと何度も頭を下げられて、必ずリベンジさせて下さいとおっしゃって終了とされました。

 「本当にごめんなさい。皆さんお一人お一人に謝ります。」とおっしゃった言葉通りに、会場の出口に立ち、お客さん一人一人に声をかけ、握手をして詫びていられました。それを受けたお客さんは、「むしろ嬉しい、ありがとう。」「身体を大事にしてね。」「回復を祈っています。」と怒るどころか感激している方ばかりでした。
 出口で400名近い人に直接声を掛けられた時はステージの彼と同じ様に堂々と感じました。でもそれが終わり、今度はCDにサインをするために椅子に腰かけられた時には、苦しさを堪えているように疲れがどっと襲っているように見えました。体調が思わしくない中、何とかステージを務めあげたい、と頑張っていらしたのだと感じました。
 
 声楽家は、身体が楽器です。それを鍛え上げて他の人を感動させるものを生み出していきます。インタビュー記事の中で、彼は歌う時、いつも神様に届くようにと思って歌っていると言っていました。そして芸術は心の栄養であると。
 今回のコンサートは演目を変更し短く切り上げるというアクシデントがありましたが、彼の誠意ある対応は、むしろファンを増やしたと思います。私もベストコンディションなら、更に素晴らしい歌声なんだろうと、初めてクラシックのCDを買いました。

 ピンチに陥った時、人は何とかして切り抜けようと全力で取り組みます。そこに本当のその人が現れます。それは時には思いがけない力を発揮させたり、思いがけない出来事を呼び起こしたりする。

 帰り道、買ったCDを車の中で聴きました。車内は一気に以前旅行したイタリアの空気に包まれました。また行きたいな、ローマ、ベネチア、ナポリ。そしてもう一度、「最後の晩餐」を観たいと思いました。

 書院や本館のギャラリーに置かれている何かの中に、皆さまを豊かで美しい世界にお連れするきっかけがあるかもしれません。たとえその場に行くことができなくても、届けられたパンフレットに載っているものに、心を奪われ、癒されることもあります。

 もし、お時間に余裕がございましたら、心の栄養の宝庫を、お立ち寄りの際に合わせてご覧くださいませ。

清水園/ひろ


 
 

# by hoppo_bunka | 2023-09-03 17:09 | 清水園 | Comments(0)

特効薬

特効薬_e0135219_15184389.jpg
 大門の周りの木々もすっきりと整えられました。門も誇らしくお客様をお迎えしております。私も、今日の始まりを、もう一度ここで迎え、気持ちを門に寄り添えるように整えます。美しい日のスタートです。
 
 私は猪年生まれ。声や話し方で、おっとりしているとよく誤解されますが、性格は激昂する感情起伏が激しい、猪突猛進型で頑固です。始末が悪いですね。自分でも、怒りが湧いて来た時は、喚き散らしたいという衝動に駆られ、抑えるのに苦労します。というより、逆に大事にしたくなる。

 先日もそうでした。朝から些細なイライラが、急いでいる余裕のない心に降り積もり、これは何か、一つ大きな事をしでかして、自分の気持ちを訴えたい、という寸前までいきました。出勤前に最悪の状態が襲ってきました。でも、仕事には行かなくては。

 今日仕事が終わったら、そのまま、家に帰らないで好きなことをするんだ。一人で好きなものを食べて、行きたいところに行って、家族が心配したって構わない。そうやって発散して㏚しないと気が済まない。そんな風に思いながら着物を着ていくと、不思議なことが起こりました。

 着物は作り手の心がこもった、美しい生地でできています。それを高ぶった体に少しずつ重ねていくと、こんなに美しいものを纏いながら、まだ、そのドロドロした醜い心を抱えているのか、と自省する気持ちが湧いてきました。というより、美しい布が汚い心を消し去ってくれたという感じでした。帯を締める頃には、クールダウンし、すっかり落ち着いていました。びっくりしました。手に負えなかったイライラが、すっかり収まっていました。

 単純といえば単純。でも、美しいものに触れた時に、ずっと醜い気持ちを持ち続けたいとは、心は願いませんでした。そして醜い心から解放された喜びが体中に溢れました。怒りに支配された自分は、私自身も大嫌いな自分です。でも、時々それが顔を出します。対処に困っていただけに、この特効薬はとっても嬉しいものでした。

 身に付けるものに、私はよく影響されます。先日、とうとう老眼鏡を使わなければならないと決心しました。もう抗えない、と身に染みたからです。ものすごく抵抗があって嫌な老眼鏡だったけれど、どうせかけるなら、かけたいと思えるものにしようと、ネットで調べて注文をしました。
 届いた時、とっても気に入りました。作家さんの温かなお気持ちが伝わってくる商品だったからです。パッケージの可愛いシール、眼鏡ケースの素敵な質感、眼鏡ふきも、挟んであったしおりも、可愛らしく、物作りを愛おしんでなさっているのが、すぐ伝わってくる商品でした。眼鏡は似合わないかもしれないけれど、私はとっても嬉しくて、これで頑張っていけると確信しました。

 作り手の思いが伝わるものは、必ず受け取った人に力を与える。

 清水園の門も、葺き替え工事を炎天下の中、こつこつと続けていらした職人さんたちのお姿を見て、その心が伝わってくるから、私には本当に美しく貴く見えます。

 美しいものを創り届けて下さる方々のおかげで、美しい日を迎えることができる。その方がたの物を纏ったり、側で働いているならばこそ、美しさに染まる生き方をしなくてはいけないね、そう思いました。
特効薬_e0135219_17022049.jpg
 お庭は晴れやか。心も晴れやかです。

清水園/ひろ

 

 

# by hoppo_bunka | 2023-08-29 17:06 | 清水園 | Comments(0)

夏は夜

夏は夜_e0135219_14205051.jpg
  大池を見に歩いて行くと、見られているように感じました。真夏の昼下がり。時が止まったかのような、気だるさの中で。
 遠目に見た鎧兜が、肉体は無くて、魂だけが残っている、そんな風に見えました。
 
夏は夜_e0135219_14253320.jpg
 書院の前に出ると、眩い光が差し込んで、先程はっと絞められた心が、ぱっと拡がりました。陰と陽。明と暗。
 夏の日盛りの中、ひと気のない清水園では、異空間を行ったり来たりできます。むわっとした熱気を時折風が掃き出すかのように吹き亘っています。
 でも実は、清水園ばかりでなく、夏という季節そのものが、異空間を併せ持ち、人の心を捉えるのかもしれません。

 夏といえば、真昼。青い空。白い雲。海、川の水遊び、そして山。日焼けした褐色の肌と白いシャツ、、とにかくエネルギッシュで若さが弾けている。
そう思っていたのですが、最近は、あまりの暑さにへとへとになっていることもあるせいか、清少納言の言う「夜」に軍配を上げます。

 日が落ちて、灼熱の太陽からようやく解放され、辺りが暗くなると、辺り一帯を覆うように聞こえてくる虫の音。それに呼応するかのように、天上には瞬く星。家の前に出て少しの間だけ夜更かしをしても許されて行う手花火。お風呂の後のアイス、かき氷。お盆にいっぱいのスイカ。この時季にしか会えない従弟たちと食べるごちそう。遅くまで騒いでいて叱られながらも狭い部屋の中で一緒に寝たこと、、、など、今でも鮮明に思い出すのは、ずっとずっと、夏の夜の思い出の方です。
 お祭りも、昼ではなく、宵宮。裸電球の明かりに照らされたおもちゃやお菓子など、今は買おうと思えば買える値段のものですが、本当にほしいものやしてみたいことは、言えないし、できなかった。親戚から夕食の食卓でいただくお盆小遣いは、本当に嬉しいものでした。

 きっと清少納言が推している趣とは違うところもたくさんあるでしょうけれど、夜の時間帯が一番楽しいのは、何と言っても夏です。

夏は夜_e0135219_16193857.jpg
 
 このような夕佳亭から、星空を見上げ、水の流れる音と虫の音に包まれ暗闇に浸るとしたら、清少納言の思いに近づけるかもしれません。
奥の滝の辺りに「蛍の多く飛び違いたる」様子が見られたら、うっとりいつまでもそこに居続けたいと思うことでしょう。

 清水園の夜は、真っ暗で少し怖いかもしれません。または、夜のしじまに、もしかしたら、お心を捉える異空間が開いているかもしれません。
 ぎらぎらした一日がもうすぐ終わります。主役の夜がひっそりと待ち構えております。まだまだ奥深い魅力を持つ清水園です。

清水園/ひろ

 

# by hoppo_bunka | 2023-08-21 16:45 | 清水園 | Comments(0)