人気ブログランキング | 話題のタグを見る

バスストップ

バスストップ_e0135219_12153643.jpg
 久しぶりの清水園。お庭を見に行ったら、日向ぼっこをしながらお庭を眺めている亀さんに遭遇しました。初めてのことです。ボランティアガイドさんにお尋ねしたら、「亀がいるんですよ。お客様が岩だと思っていたら、動いて亀だとわかりびっくりすることがあるんです。」と教えてくださいました。寛いでいるのを邪魔してはいけないので、そこでストップしました。亀さんと一緒に眺めるお庭も素敵です。「一緒にどうぞ。」と声をかけられたような気がしました。「ちょっと一休みしなさい。」とも。

 高校2年生の夏、友達に誘われて男子バレー部のマネージャーをしました。合宿のご飯を用意する、ということで、誘ってくれた友達をあてにしてマネージャーになった私は、彼女が突然忌引きになり、参加できなくなったので、途方にくれました。それまで、家でもご飯づくりなど、ほとんどしたことがなかったのに、ましてや大人数です。とっても切なかったです。
 見かねた監督の先生が、3年生の先輩女子を急遽助っ人に頼んで下さり、合宿を何とか乗り切ることができました。最終日の夜、よほど疲れた顔をしていたのでしょう。やっと家に帰れると乗ったバスで、最後の一人になった時、運転手さんが声をかけてきました。
 「お客さん、どこで降りるの?もうお客さん一人だから、好きな所で停めてあげるよ。」
 ものすごく前の話ですが、その頃だって、停留所以外の場所でバスを停めることはできなかったと思います。思わず、「大丈夫です。バス停のすぐ側ですから。」と言いましたが、「ありがとうございます。」とお礼を言うのが精一杯で家に帰り、そのまま泥のように眠りました。

 こんなことはもう二度とないだろう、と思っていたら、もう一度ありました。今度は父です。
 それは若かった私にとっては、人生最悪の日とも思われた、結婚がダメになってしまった日でした。傷心の娘が夜行列車に乗って一人でアパートに帰って来ることを思うと、余命わずかだった父は、自分が生きているうちに、何とかして元気づけてやりたいと考えたのでしょう。私がアパートに帰ってくるのを迎えることはできないけれど、せめて、暖かい家にしておいてあげたいと思って、早朝電車に乗りアパートに向かおうとしました。
 ところが運悪く猛吹雪で、駅前にはタクシーは1台もなく、バスももちろんありません。駅から私のアパートまでは20分くらいかかります。交通手段が何もない、と思った父は、猛吹雪の中、ひたすらアパートを目指し歩き続けました。どうしても家に入って部屋を暖めておきたかったからです。

 誰もいない吹雪の吹き荒れる街を倒れそうに、雪だるまのようになりながら、よろよろ歩き続ける父を見て、始発のバスステーションに向かうバスの運転手さんが思わず声をかけられたそうです。とても見ていられなかったと。そして、アパートの近くまで乗せて行ってくださったそうです。そんな奇跡のような出来事のおかげで、父はアパートにたどり着き、部屋を暖め、お湯を沸かし、手紙を置くことができました。ガンで亡くなる半年前のことです。

 その日、何もかも失ってしまった。不幸のどん底だ。と自分を憐れんで帰って来た私は、自分が最も切なく苦しいと思っていた瞬間でさえ、限りなく降り注がれていた愛を知ることになりました。そして、この先、どんな不幸だと思われることが起きたとしても、自分は決して不幸ではない、命をかけて自分を愛してくれる人がいるのだからと思えるようになりました。

 夜行列車で駅に着いた時、父は違うホームの家に帰る列車に乗っていて、降りる私の姿を見たいと必死で探したそうです。バス会社には、命を救って下さった運転手さんへのお礼の手紙と品を送ったと聞きました。バスの運転手さんは、父の命を救うと同時に、私の命も救ってくださったのでした。

 誰かが切ない思いをしていたら、何か自分にできることを考えて動ける人になりたい。いろいろな制約はあるかもしれないけれど。
二人の運転手さんからいただいた、温かなお気持ちを、自分も持てるように、父のように生きていきたい。そして、一緒にゆっくりお休みになりませんか、と声をかける亀さんのようにお客様をお迎えできますように。

清水園/ひろ

 

 


# by hoppo_bunka | 2022-06-21 18:30 | 清水園 | Comments(0)

本館 中の間ミニコレクション展「樂展 ―楽焼・大樋焼・永楽焼」

だいぶご無沙汰している本館のブログ更新です。(お詫びのしようもございません。)

開催中のコレクション展をご案内します。


中の間のミニコレクション展は6/26(日)まで「樂展」を開催中。

初代長次郎の黒樂茶碗銘「芦」のほか、九代了入の柚味噌皿、十一代慶入の香合など12点を展示。

さらに四代一入の弟子、長左衛門が金沢東郷の大樋村に開窯した「大樋焼」、千家十職の土風呂・焼物師である永樂家の「永樂焼」も参考展示。

本館 中の間ミニコレクション展「樂展 ―楽焼・大樋焼・永楽焼」_e0135219_10423228.jpg
本館 中の間ミニコレクション展「樂展 ―楽焼・大樋焼・永楽焼」_e0135219_10415123.jpg
本館 中の間ミニコレクション展「樂展 ―楽焼・大樋焼・永楽焼」_e0135219_10420539.jpg
本館 中の間ミニコレクション展「樂展 ―楽焼・大樋焼・永楽焼」_e0135219_10420858.jpg
本館 中の間ミニコレクション展「樂展 ―楽焼・大樋焼・永楽焼」_e0135219_10421579.jpg


映画「峠 最後のサムライ」がいよいよ本日6/17~上映。ロケ地のひとつである北方文化博物館では「集古館」にて河井継之助ほか北越戊辰戦争にゆかりの人物の書展を開催中。「大広間」では撮影時に実際に使用した、星弘道さんの「忠孝」も掛けています。~8/28迄(予定)

本館 中の間ミニコレクション展「樂展 ―楽焼・大樋焼・永楽焼」_e0135219_10434503.jpg
本館 中の間ミニコレクション展「樂展 ―楽焼・大樋焼・永楽焼」_e0135219_10434257.jpg

お庭はハス池まわりのハナショウブはもうまもなく見頃です。この機会にぜひ北方文化博物館へ。

お待ちしております。2022.6.17

(本館こでまり)



# by hoppo_bunka | 2022-06-17 10:46 | 本館の展示案内 | Comments(0)

わたしが拡がる

わたしが拡がる_e0135219_13392960.jpg
 開け放たれた戸。目の前に広がる庭。吹き渡る風。新緑と真っ赤なツツジを映し出す池。ちゃぽんと音がしてゆっくりと広がる波紋。
庭園セミナーの日は、そんなお庭をお茶室の中で体感できます。私も時間を見計らって、ダッシュでお庭に出向きます。一目その景色を味わいたくて。お茶室から眺めるお庭と、その空間は格別なのです。
 心地良く、ずっとここにいたい、と思える時間と場所が身近にある幸せ。次回は7月6日(水)です。ご都合がよろしければ、ぜひお出でください。お庭のもう一つの趣を、お楽しみいただけます。

 風景がもたらしてくれるものは偉大。見た瞬間に、還ってくるあの頃とあの時。普段見えなくても、確実に自分を支えてくれているものが立ち現れます。
 この景色が見たかったんだ、と思った瞬間、涙がこぼれ落ちてくる場所。皆さまもお持ちでしょう。

 私にとって、清水園のお庭は、いつかそのように思い出されるものとなります。私の小さな人生にとって、どんなにそれが喜びと輝きを与えてくれることか。

 先日3年ぶりに母と姉妹旅行をして湯沢温泉に泊まってきました。小学生から社会人になるまで、毎年年末年始に泊まっていた懐かしい思い出いっぱいの湯沢の山並みを見て、会ってから別れるまで、話して、話して、母に触れて、思い出を懐かしんで、あっという間に時が過ぎました。お互いの命が尽きるまで、続けたい家族旅行です。「あの頃」がいくつも、いくつも現れます。若く元気だった父の姿も。

 湯沢の山並みは、私たち親子にとって、特別な景色です。亡くなった父や祖母の元気な姿に出会える。そして、私が子どもにかえることのできる。父の年を追い越してしまった今も。

 風景は人を拡げる。お客さまにとって、清水園もそのひとつとなれますように。

清水園/ひろ

# by hoppo_bunka | 2022-06-14 17:16 | 清水園 | Comments(0)

一期一会

一期一会_e0135219_15354327.jpg
 死者からのハガキが届いたことがあります。
大学時代に習っていたお茶の先生のご主人からのもので、お亡くなりになった後に親族の方に出すように依頼されていたものでした。
文面にはようやく思いが叶ってあの世に行けたこと、喜びでいっぱいであることと、長年の感謝が綴られていました。

 それを受け取った時にこみ上げてきたのは、驚きと共に、怒りのような感情でした。ふざけるな!と思うと同時に涙がこぼれたのを覚えています。ずっと、「死にたい、早く○○のところに(亡くなられた奥様のところです)行きたい。それなのに死ぬことができない。」とお手紙をいただいていたので、お気持ちは十分理解しているつもりではありましたが、なんか悲しくて悔しくて、おめでとうございますとは思えなかったのです。あなたが亡くなって悲しむ人間もいるんです、と訴えたくなりました。
 人が死ぬということは、大きな喪失感を与えることです。やるせない気持ちになりました。

 お茶の先生には3年間習いました。でもお付き合いは卒業後も30年以上、先生が亡くなられた後も、ずっと続きました。
 卒業して新潟に帰ることになり、最後に教室にご挨拶に伺った時に、お茶室で「先生、一期一会とは、本当にそうですね。」とお互いに涙してお別れをしました。お子さんがいらっしゃらない先生は、大変可愛がって下さり、お稽古の前にご飯を御馳走して下さったり、一緒に歌舞伎を見に連れて行って下さったり、本当にお世話になりました。
 新潟に帰ってからは、お中元、お歳暮のご挨拶と年賀状を差し上げ、お手紙をいただく、といったことを続けていましたが、ある時、先生ではなくご主人からお手紙が届きました。
 そこには、先生が認知症になられたこと、この先のことを考えて介護付きマンションに引っ越されたこと、最近はいろいろなことを忘れてしまったこと、先生のお具合があまり良くないことが書かれてありました。

 これはお見舞いに伺わなければならないと上京しました。先生はご主人のことも、もうわかっていらっしゃらないということでしたが、一瞬昔の記憶が蘇られたのでしょうか。「よく来て下さいました。」とお会いするなり涙をこぼされました。それだけで、ほとんどお話はなさいませんでしたが、お別れする時に、涙を流され見送って下さいました。そしてそれが先生にお会いした最後となりました。

 先生が亡くなられてからは、ずっとご主人との文通が続きました。新潟にいらしたこともありました。御案内をしている中で、「自分も年老いてもう間もなくであろうから、いろいろなことを整理していきたい、ご恩返しをしていきたい、あなたにも。」ということをお話なさいました。「何等かの形で、お送りするので、どうか、何も返すことなく受け取って役立ててほしい。」とおっしゃって、その数か月後に郵便為替が届きました。遺産の一部を差し上げたいとお手紙が添えられていました。
 血縁的には全く赤の他人です。驚くと共に戸惑いました。

 ご主人に最後にお会いしたのは、亡くなられる1か月ほど前でした。「手紙の文字ももう書く気力が無くなり、書くこともままならなくなり最後になると思います。」と震える文字でお手紙をいただいたので、急遽上京しました。かろうじて面会できましたが、お会いしている間もかろうじて意識を向けられているご様子で、目を合わせただけで、すぐまたうつらうつらと眠りに入られました。

 そして届いた一枚の挨拶状で、ご主人の死を知りました。

 清水園のお茶室や、見学先のお茶室に入ると、可愛がって下さった先生とご主人のことを思い出します。今は「習っていました。」などとは言えないくらい、お作法も忘れ、お茶の世界からは遠ざかってしまいましたが、思い出すたびに、しみじみとして涙が出そうになります。愛を込めて人をもてなす。その時間や空間の思い出は、何年経っても色褪せることはありません。
 
 残念ながら、今月行われる予定でした新発田市民茶会は、中止となってしまいました。心を込めたおもてなしを享受できる機会が無くなってしまったことが、とても残念です。
 一期一会のおもてなし、それを忘れずに生きていきたいな、とお庭の周りの茶室を見ながら思います。私と同じように、どんな忘れられない出会いやおもてなしが、ここで起きてきたのだろうと想像します。それこそ翠濤公の時代からずっと。

 6月12日は庭園セミナーでお茶室が公開され見学することができます。受講された後で、相手を想い量ることの大切さや、どなたかを大切にしたいというお気持ちが、きっと深まるセミナーです。私はまだお元気で、お昼ご飯を運んで来て下さった優しい先生のお姿を思い出しました。
 一期一会は一生。

清水園/ひろ








# by hoppo_bunka | 2022-06-02 17:08 | 清水園 | Comments(0)

清水園 6/12日本庭園・茶室のみかたセミナー御案内

エゴノキに可愛らしい花が咲いていました。
清水園 6/12日本庭園・茶室のみかたセミナー御案内_e0135219_10482942.jpg
清水園 6/12日本庭園・茶室のみかたセミナー御案内_e0135219_10484030.jpg

天気が良い日の書院の中。
廊下を歩いて進んだ先の、この景色が好きです。
のどかな雰囲気を感じながら、ゆっくりと庭園を見渡して…
おすすめです☆
清水園 6/12日本庭園・茶室のみかたセミナー御案内_e0135219_10484901.jpg


庭園にある5つの御茶室は通常非公開となっていますが、
ご覧になれる機会が来月は6/12(日)にあります。(要申込)
6/12(日)13:30~日本庭園・茶室のみかたセミナー
参加費:2,500円(入園料含む)
必ず、お申込みが必要です。興味のある方はぜひお気軽に♪お申込みください。お待ちしております。清水園0254-22-2659

清水園/さっちゃん

# by hoppo_bunka | 2022-05-26 10:50 | 清水園 | Comments(0)