人気ブログランキング |

あの日

あの日_e0135219_15083274.jpg
 昨日、今日と続けて、晴れわたる気持ちのよい1日でした。
 多くの人の暮らしを変えた東日本大震災から10年が経ちました。今なお深い悲しみや苦しみに襲われる方がたのことを想うと、言葉は見つかりません。人は自分に合った方法でしか、苦しみを乗り越えていくことはできないでしょうから。
 考えてみれば、一瞬でも機能が動くこと止めてしまえば、あっけなく死んでしまう私たちの体は、四六時中闘い続けているといえます。誰もがみんな今を必死に生きている。命あるものはきっと、どんなものでも。どんな時でも。

 年々にわが悲しみは深くして いよよ華やぐいのちなりけり     岡本かの子
 
 10年生きることができました。

清水園/ひろ


 
 

 

 


# by hoppo_bunka | 2021-03-12 16:42 | 清水園 | Comments(0)

令和3年度カルチャー教室生徒募集

北方文化博物館では、毎年4月から一年間開講するカルチャー教室を開催しております。個性豊かな講師と好奇心あふれる生徒さんが和気あいあいと活動しています。ただいま新年度の生徒募集中です。資料をお送りしますのでお気軽にお問合せ下さい。


◆「園芸講座」植物の育成技術を学ぶ◆ ※変更あり

 毎月第2木曜日 10:00~12:00

※新規募集は行わない予定でしたが、定員に若干の余裕が出たためお問合せ下さい。


◆「陶芸講座」手びねりで日用食器を作りながら基本を学ぶ◆

◎初心者コース◎ 全18回(4月~12月)月2回

第1・3木曜日 または 第1・3金曜日 / 時間 10:00~12:00 / 月謝 5,800円

◎自由コース◎ 全24回 (4月~3月)月2回

第1・3木曜日のみ / 時間 14:00~16:00 / 月謝 3,200円


※活動時はマスクの着用をお願い致します。

=問い合わせ・申し込み=

℡025-385-2001 北方文化博物館 (カルチャー教室係)

令和3年度カルチャー教室生徒募集_e0135219_10210420.jpg
令和3年度カルチャー教室生徒募集_e0135219_10201310.jpg
令和3年度カルチャー教室生徒募集_e0135219_10201845.jpg
令和3年度カルチャー教室生徒募集_e0135219_10203357.jpg


# by hoppo_bunka | 2021-03-11 10:23 | 本館・その他 | Comments(0)

お帰りなさいませ

お帰りなさいませ_e0135219_11011261.jpg
 今書院では春の日差しの中お雛様がお客様をお迎えしています。 
もしお時間が許されるのであれば、お雛様とひとときをお過ごしになりませんか。
 広々と開け放たれた書院でお雛様を見つめていますと、時間を遡って、お客様が大切になさっていらっしゃるさまざまな思い出が、きっとよみがえってこられると思います。
 懐かしさと愛おしさで胸がいっぱいになられたら、縁側におかけになって静かに目の前に広がる空や、お池や、木々を眺め、風景の中にゆったりとお心を溶け込ませてくださいませ。

 十二単の美しさに心奪われ、雛人形が飾ってあるお店の前に立ちつくした日。大きくなったらあんな風に綺麗になれるかしらと見つめていたあの頃。欲しくても買ってもらえず姉や妹と折り紙や紙粘土でささやかな雛飾りを作ったこと。ずっと飲んでみたくて、念願叶って初めて飲んだ白酒のとろりとした濃厚な味わいと強さへの驚き。孫のお祝いと買ってきてくれた優しかった祖父。桃の花の側に置かれた、こぼれるような笑顔の赤ちゃんだった頃の長女の写真。賑やかに桃の節句のお祝いをした夜、子どもたちが寝静まった後に、ぼんぼりの灯りにほの見えたお雛様にずっと見入ってしまったこと等々。私も書院に行っては、それらの思い出に袖をつかまれて、ふっと違う世界にいざなわれます。
お帰りなさいませ_e0135219_14402651.jpg

 慈しみ、あるいは愛おしまれた日々は二度と戻らないことによって、懐かしく温かな思いも、反対に心しめつけられるような淋しさや哀惜も呼び起こします。
 そのどちらにも静かに寄り添いながら、今生きている自分の道へ再び進む力をそっと添えてくれるお庭が、今度は皆さまをお迎えします。

 お帰りなさいませ。

写真提供 S様
清水園/ひろ





# by hoppo_bunka | 2021-02-28 16:44 | 清水園 | Comments(0)

享保雛の展示がはじまりました

今年も享保雛の展示がはじまりました。
展示期間 令和3年2月20日(土)~3月21日(日)
今年も大広間にて、北方文化博物館の代表的な所蔵品の一つ「享保雛(きょうほうびな)」を展示します。この享保雛は七代目伊藤文吉によって昭和19年ごろに京都から購入されたお雛様です。終戦後に伊藤家を博物館として残す構想を温めていた七代文吉によって、陳列用に迎えられました。
江戸時代の享保年間(1716~1736)ごろに盛んに作られたものを享保雛と呼ぶことが多いですが、その特徴は面長で大型、華やかな衣裳などが挙げられます。当館の享保雛は約60㎝の大きさに加え、衣裳にあしらわれたビロード生地なども見どころです。
同時に、京の豆人形コレクション、江戸後期の五人囃子 なども展示しています。この機会にぜひご覧下さい。

※展示は全て展示ケースにて行います。


享保雛の展示がはじまりました_e0135219_11073634.jpg

# by hoppo_bunka | 2021-02-22 11:10 | 本館の展示案内 | Comments(0)

清水園の池は・・・。

清水園の池は・・・。_e0135219_15250006.jpg
清水園も今年は大雪にみまわれ、いつもなら見えるはずの大きな池も・・・。
夕佳亭の手前が池なのですが・・・。
清水園の池は・・・。_e0135219_15181747.jpg
こんな景色は何年ぶりでしょう。
初めて来園される方は、池があることにも気づかないかも・・・。

池の鯉達はどうしているかしら?
明日20日、明後日21日と暖かくなりそうです。
鯉達の元気な姿も、もう暫くお預けですね!

清水園の池は・・・。_e0135219_15290201.jpg
米蔵ココロでは「オイスターバー」も開催中です。
どうぞ暖かくしてご来園、ご来店くださいませ。
本日の画像はM様より頂きました。

清水園/わっか


# by hoppo_bunka | 2021-02-19 15:33 | 清水園 | Comments(0)